梅に関することわざ

塩梅(あんばい)

料理のほどよい味加減のことです。

えんばいから変化したもので、塩と梅酢で調味したことから生まれた言葉です。

梅はその日の難のがれ

昔、旅人が訪ねた土地ならではの風土病などから身を守るため、梅干しをとして身に付けたことから、朝に梅干しを食べておきさえすれば、その日は災いをまぬがれて気持よく過ごせるという意味です。

梅に鶯(うぐいす)

取り合わせが良い2つのものや、美しく調和するものという意味です。

また、仲が良い関係に当てはまるときに使う言葉です。

梅は蕾(つぼみ)より香(こう)あり

梅の花はつぼみの時から良い香りがすることから、将来成功する人は子供の時からその素質が見られるものだという意味です。

梅の木学問

梅の木は育ちが早いけれども、結局のところ大木にはならないということから、にわか仕込みの不確かな学問という意味です。

梅は食うとも核(さね)くうな中に天神寝てござる

生梅の種には毒があることを戒める言葉です。

天神というのは、種の中にある核(かく)のことをいい、これは学問の神様として知られている菅原道真(俗に天神様といわれる)が、梅を大事にしたという故事からきています。

また、このことより、核を食べると罰があたって字を忘れるという俗言もあります。

生梅の核をたくさん口にすると危険ですが、梅干しにした梅の核は毒性が消え、好きで味わう人もいます。

梅根性に柿根性

梅は、梅干しにしても煮ても焼いても、どんな風にしてもすっぱいという理由から、頑固でどうにも変わらない気質を梅根性と呼んでいます。

柿は焼けばいっぺんに渋がとれ、干せば一夜にして甘くなってしまうことから、いっけん頑固そうに見られても、変わりやすい性質の事を柿根性といって、相互の相反する性質を表したものになります。

いずれに例えたとしても、それほど好まれる言葉だとはいえないです。

スポンサーリンク

梅干しは三毒を断つ

三毒とは、食べ物の毒・血の毒・水の毒ということを意味します。

食べ物の毒は、梅干しの殺菌作用や解毒作用などにより断ち切ることが可能です。

血の毒というのは、血液の代謝が効率良くいかなくなったことが原因でできる毒で、これも梅に含まれているクエン酸のはたらきなどによって断ち切ることができます。

水の毒は梅干しの抗菌作用などで断ち切ることが可能になります。

梅干しには命を守る七つの徳がある

梅干しは体に良いという食べ物であることを強調した教えになります。

殺菌・解毒・解熱・整腸・精神安定・鎮痛、消炎・血液浄化作用などいろいろな薬効があるということです。

梅の花、上向きに咲く年は晩霜あり

桜と梅を愛して大切にすることわざであり、桜は散り際が美しく、梅は香りが優れているということです。

梅干しにカビが生えるとその家に不幸が起こる

梅干しは良い梅選びにはじまり、塩漬け・赤じそ漬け・干すなどいくつもの工程をふみます。

ひとつひとつの段階で中途半端にしたり、細かい心配りをおこたるとカビが生えます。

つまり、カビが生えたということは、これ以外の家事に関しても見落としがあるはずだから注意しなさいと戒めたものになります。

また、カビが生えると、梅干しが無い暮しをしないといけないので、病人が出てきて災いに及ぶとの意味もあります。

梅雨

6月~7月中旬にかけて、北海道を除く日本全国に見られるものです。

梅の実が熟する時期の雨を意味するという説や、熟した梅の実がつぶれる時期であることから、潰ゆ(ついゆ・つゆ)に由来する等ざまざまな説があります。

梅干と友達は古いほど良い

梅干は古いものほど味がいいとされるのと同様に、友人も古いつきあいの人ほど気心がしれ、頼りになるという意味です。

桜伐(き)る馬鹿、梅伐(き)らぬ馬鹿

桜は、枝を切ると木の勢いがなくなり、枯れやすくなるので切らないほうがよく、梅は枝を切ったほうが花がよく咲くようになるという教えです。

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。