トマトの特徴や旬・産地・選び方・食べ方

トマトの特徴

トマトの特徴トマトは、15世紀の新大陸発見の頃メキシコから欧州へ渡り、日本には江戸時代に長崎に伝わりました。
当初は酸味が強く、観賞用として唐柿と呼ばれていました。
食用にされたのは明治時代であり、国内で栽培が始まったのは昭和になってからのことです。

ケチャップ・トマトソース・ピザソース等に用いられるため、年間消費量は1億2000万トン以上と、野菜の中でもダントツで世界一の消費量となっています。

枝について完熟したトマトは、味がよくビタミンCも豊富ですが、店頭に並ぶ多くのものは残念ながら日持ちを考慮して、緑色が残る状態で収穫されたものです。
しかし、トマトには追熟といって収穫後も20℃以上の環境にあれば色づく性質があり、熟した時点で糖度が決まるので、甘みは期待できます。

日本ではサラダやつけ合わせとしての利用が多いトマトですが、欧米では加熱調理用に使われています。
トマトをサラダ用野菜とする日本人は、ピンク系トマトを好んで食べていますが、世界の品種を見渡すと大部分は赤系であり、ピンク系トマトを好むのは日本人と韓国人だそうです。

●ピンク系・・・皮が薄く果肉もやわらかくて、生食には向いていますが薄味です。
●赤系・・・味が濃厚で加熱するとうま味が増します。

日本では120種を超えるトマトが登録されていますが、世界では8000種を超える品種があるとされていて、味・香り・食感・見た目等を楽しませてくれる品種が数多く存在します。

トマトケチャップとは!?

トマトケチャップとは、トマトにスパイスや酢・塩などを加えてつくる栄養豊富な調味料です。
トマトに含まれているリコピンやβ-カロテン・ビタミンE・カリウムなどの栄養分やうま味成分がたっぷりと含まれていますので、料理にコクを与えることができます。

トマトの旬

旬のカレンダー
トマト 旬
トマトの旬ですが、露地栽培されたものは6月~9月が旬になります 。
ハウス栽培のものは、一年中出回っていますが、特に旬はありません。

トマトの成長は、日照時間と生育日数に左右されます。
春や秋のトマトはゆっくりと成長するため、味が凝縮しますが、夏のトマトは早く成長するので、大きめであっさりとした味になります。

トマトの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

熊本県
全国収穫の14.4%の構成比 104,300t
北海道
全国収穫の8.0%の構成比 58,000t
茨城県
全国収穫の6.7%の構成比 48,700t

トマトは、野菜の中では最も生産量が多い品種であり、全国各地で栽培されていますが、ハウスなどの施設を使った栽培が7割以上 になります。

12月~6月に出まわる冬春トマトは熊本・千葉・愛知で、7月~11月の夏秋トマトは北海道・茨城・福島などで主に生産されています。

トマトの上手な選び方

  • 皮にツヤとハリがあるもの。
  • 表面に傷がなく、丸みがありずっしりと重いもの。
  • 全体的に赤く果肉が厚いもの。
  • ヘタの部分が鮮やかな緑色である。
  • ヘタの周辺がひび割れているものは避けたほうがいいです。

トマトの食べ方

トマトの調理法トマトは、加熱すると甘みが引き立ち、健康効果にすぐれた夏野菜になります。

食材としてトマトはよく使われていて、 サルサ・ピザ・カレー・シチュー 等幅広く利用されています。
また、肉や魚のほか野菜・豆・卵など、多くの食材と相性がいいのが特徴であり、欧米では「トマトのあるところに料理下手はいない」といわれるほど、あらゆる料理においてうまみのベースになっています。

トマトとオリーブオイルとチーズというイタリア料理の定番の組み合わせは、カルシウムやリコピンの吸収をアップさせるなど、美味しいだけでなく栄養面でも相性のよい食べ合わせになります。
スープやシチューなどの煮込み料理にトマトを加えると、グルタミン酸の効果で、うま味やコクがアップします。
また、魚介類との相性もよく、グルタミン酸やクエン酸がだしの働きをして素材のうま味を引き出します。

新鮮なトマトはそのまま食べると美味しいので、冷やして切るかサラダ等がいいですが、冷やしすぎると鮮度が落ちるので、食べる1時間位前に冷蔵庫に入れるほうがいいです。
生で食べるときは、ごまドレッシングやスライスしたアーモンドなど、手軽に加えられるビタミンEをプラスすると、栄養分を効率的に摂取することができます。

缶詰やジュース・ピューレといったトマト加工品は、高濃度のリコピンが含まれる完熟加工用トマトを原料にしています。
保存もきき、料理のベースや隠し味に使えて便利です。

トマトの皮のむき方は4通りあります。

①切込みを入れてから沸騰した湯に入れてむく湯むき 
②直火であぶる焼きむき
③冷凍してから流水に当てる冷凍むき
④専用ピーラーを用いる

です。

底に十文字に切れ目を入れ、ヘタを取りサッと熱湯に通してすぐ冷水に入れると皮がむきやすくなります。
加熱すると甘味やうまみが増しますが、皮の近くにうまみが多いので、皮つきのまま加熱するほうがいいです。

水分を出したくない料理ではタネをとるほうがいいですが、タネのゼリー部分にもうま味があるため、捨てずにドレッシングなどに利用するといいです。

トマトの保存法

トマトは冷やしすぎると味が落ちてしまうので、なるべく室温で保存したほうがいいです。
青さが残っているトマトは、低温では追熟しないので、常温でしばらく置く必要があります。
完熟したトマトは傷みやすいので、ポリ袋かラップで包んだ後、冷蔵庫で保存し、早めに食べたほうがいいです。

トマトソースにして冷凍保存しておくと、いつでも使えますので便利です。

 
●関連記事●
トマトの種類と特徴 
トマトの栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。