ほうれん草の特徴や旬・産地・選び方・食べ方

ほうれん草の特徴

ほうれん草ほうれん草の原産地は中央~西アジアであり、アジアでは東洋種・ヨーロッパでは西洋種が生まれました。

東洋種は、葉にノコギリのような切れ込みがあって、丸みのある厚い葉が波上に広がり、根がピンク色でアクが少なく甘みがあります。
西洋種は、葉が大きく丸くて肉厚であり、根は緑色で東洋種よりもアクが強いです。
日本には、東洋種が中国から伝わり、のちに西洋種が導入されて、現在は両者の交配種が主流になっています。

ほうれん草の種類

山形赤根ほうれん草
山形県で古くから栽培されている東洋種です。
葉の付け根や根の赤い部分に独特の甘みを持ち、糖度はメロンやブドウ並みにあります。
赤茎ほうれん草
ベビーリーフとしてよく用いられる生食用品種であり、水耕栽培などによってアクがないように作られています。
サラダほうれん草
アクを含まないように品種改良されたもので、水耕栽培のものもあります。
葉はやわらかく小さめで、色も薄めになっています。
ちぢみほうれん草
冬の寒さにさらす寒締め栽培という方法で育った、糖度や甘みの高いほうれん草であり、肉厚でアクも少ないです。
表面にシワが入ってちぢれたようにみえるのが特徴です。
※ 日本で栽培されているほうれん草の種類は、100以上あるといわれています。

ほうれん草の旬

旬のカレンダー
ほうれん草の旬
ほうれん草は、全国各地でさまざまな品種が栽培され、1年中出回っているので旬の時期がわかりにくいのですが、本来の旬は12~1月ごろになります。

冬ものは、夏ものと比べて栄養価が高く、色が濃く甘みも増していて美味しいです。

ほうれん草の産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

千葉県
全国収穫の13.6%の構成比 35,900t
埼玉県
全国収穫の8.0%の構成比 29,500t
群馬県
全国収穫の6.7%の構成比 21,800t

ほうれん草は、かつては冬野菜の代名詞でしたが、品種の改良やハウスなどの施設栽培で、夏でも収穫できるようになりました。
冬場は宮崎や福岡県で、夏場は岐阜の高山や北海道で生産されていて、群馬や愛知県では周年栽培されています。

ほうれん草は夏は30日・冬は90日で収穫できるので、何度も収穫が可能であり、国内自給率は9割といわれています。
残留農薬問題で一時は大幅に減少していた輸入の冷凍ほうれん草ですが、このところは増加傾向にあり、そのほとんどは外食産業に使われています。

ほうれん草の上手な選び方

  • 葉が濃い緑色をして、みずみずしいもの。
  • 茎が太く、根元の株がしっかりしているもの。
  • 茎の下がきれいなうすいピンク色のもの。
  • 切り口が鮮やかな赤みを帯び、みずみずしいものは新鮮です。
  • 極端にしなびていたり、シワが多いものは、収穫から日数がたっているものが多いので避けたほうがいいです。

ほうれん草の食べ方

ほうれん草は鮮度が命であり、買いたての新鮮なうちに調理するほうがいいです。
生で食べるのには向いていないので、ゆでてからお浸しやスープ・グラタン・コロッケなどにすると美味しいです。

ほうれん草のゆでかた

ホウレンソウの調理法ほうれん草は、アクが強いのでゆでてからの調理が望ましく、ゆでる前に根の真ん中に包丁で十文字の切込みを入れます。
ゆでる際は、たっぷりの熱湯に塩を少々加え、根の方から入れていき、全体を均一にゆで上げた後、水にさらすといいです。
この時、葉がやわらかく加熱しすぎると色があせてしまうので、調理の時は短時間で仕上げる必要があります。

ほうれん草をゆでたら水にさらし、急激に冷やすことでアクが流れでます。
※ ただし、長時間水につけすぎるとビタミンCが流れでてしまいます。

切る前には、束を揃えて根もとから葉先にかけて手でしぼるといいです。
※ きつくしぼりすぎると繊維が壊れるので、しぼりすぎないことが大切になります。 

ほうれん草の保存法

葉先が乾かないようにしめらせた新聞紙に包み、ビニール袋に入れると冷蔵庫で保存ができます。

ゆでてから水にさらし、かたくしぼったものをラップに包んで冷凍庫へ入れると長期保存が可能です。
あらかじめ食べやすい大きさに切り、できれば小分けにしてから保存したほうがよく、凍ったまま調理することができるので便利です。

 
●関連記事●
ほうれん草の栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。