オクラの特徴と食べ方

オクラの特徴

オクラオクラの原産地はアフリカ北東部で、エジプトでは2000年以上も前から栽培されていたといわれています。
日本に入ってきたのは明治時代からですが、独特の粘りに好き嫌いがあるので、普及して本格的に栽培が始まったのは近年になります。

オクラは数日で成長し、採り遅れて大きくなったものはすぐに固くなってしまいます。
ハイビスカスに似た花をつけ、野菜の花の中では特に美しく、昔はコーヒー豆の代用として使われていたこともあり、スラリと伸びた緑色の美しいさやからレディースフィンガーとも呼ばれています。
一般的に広く普及しているものは断面が5角形ですが、沖縄や八丈島のものは丸くなっています。

日本では和え物として食べられることが多いですが、欧米ではソテーやスープ・煮込み料理など幅広く使われています。

オクラの種類

丸オクラ
5角のものよりやや大さやで、肉質がやわらかいのが特徴です。
沖縄ではこちらのほうが一般的であり、島オクラとも呼ばれています。
赤オクラ
果肉が赤く、料理の彩りにも最適な品種になります。
ゆでると濃い緑色に変わってしまうので、生のまま食べたほうがいいです。
ミニ
通常のオクラを2~5cm程度で若採りしたものです。
生食向きで、主に料亭などに出荷されています。
スポンサーリンク

オクラの旬

旬のカレンダー
オクラの旬
オクラは夏が旬の野菜になります。

オクラの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

鹿児島県
全国収穫の66.0%の構成比 1,013t
高知県
全国収穫の24.5%の構成比 376t
熊本県
全国収穫の3.7%の構成比 56t

国内では暖地の栽培がほとんどであり、ハウスやトンネルなどの施設を使った栽培物が出まわるのが3月~6月です。
その後、露地物が11月初旬まで出荷され、それからはフィリピンやタイ産のものに代わっていきます。

オクラの上手な選び方

  • 鮮やかな緑色のもの。
  • ヘタがしっかりしているもの。
  • サヤの形がはっきりとしていて、やわらかいもの。
  • うぶ毛が多く、均一に生えているものが新鮮です。
  • 大きすぎたり太すぎたりするものは、種が成長しすぎている可能性があり、食感が悪くなるので避けたほうがいいです。

オクラの食べ方

オクラの調理法オクラは、サッとゆでてから食べるのがよく、ゆがくことで青臭さが抜けて口当たりがよくなりますので、一度ゆがいてから料理するほうがいいです。
ゆがくときは、沸騰した湯に塩もみしたオクラを入れ、緑が濃くなったらすぐに引き上げます(長くゆですぎると栄養分が逃げてしまうので注意が必要になります)。

少し臭みがあるので、食べられない人は、ゆでてからサラダや和え物・バター炒め などにしたり、カレーやシチューに入れたりしてもいいです。
天ぷらや煮込み料理など加熱する場合は、生のままの方がよく、煮魚を煮るときに加えると臭い消しにもなります。
炒めものやフライなど、油といっしょに調理すると、β-カロテンの吸収率があがり抗酸化作用がより高まります。

同じムチンによるネバネバを持つ山芋や・納豆・ナメコなどの食材を組み合わせれば、胃の粘膜を保護するはたらきがいっそうアップします。
ペクチンやムチンなどのネバネバ成分は水溶性なので、煮込み料理に使う場合は、溶け出た汁ごと摂れば栄養素を残さず摂取することができます。

うぶ毛を取る

ヘタは苦味があるので、切り落としたほうが美味しく食べることができ、うぶ毛が残っている口当たりが悪くなるため、調理前に、塩をふってまな板の上でころがす「板ずり」をしたほうがいいです。

流水を張ったボウルの中に緑のネットごと入れてこすり合わせると、簡単にうぶ毛が取れます。
袋入りなら、板ずりをするように塩でこすってもよく、表面のうぶ毛は塩でもむと取れ、独特の渋味はタネを取るとなくなります。

オクラの保存法

オクラは鮮度が落ちやすく、冷蔵庫に入れても長くもたないので、早めに食べる必要があります。
低温を嫌いますので、日の当たらない場所であれば、常温で保存することも可能です。

冷蔵庫で保存する場合は、市販のネット袋のままポリ袋に入れるか、プラスティックの密閉容器などに移し替えるといいです。
冷凍保存する場合は、生のものをそのまま保存袋に入れて冷凍すればよく、冷凍しておくと、凍ったまま刻むことができ、納豆やスープなどに混ぜることができます。

 
●関連記事:オクラの栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。