筍(たけのこ)の栄養や効能・カロリー

たけのこの栄養と効能

タケノコの栄養たけのこは、ビタミンB1・ビタミンB2・カリウム・マンガン・食物繊維などが含まれていて、さまざまな効能が期待できる野菜になります

えぐみの素のシュウ酸が含まれていますが、カルシウムの吸収を悪くさせるうえ、結石の原因となることもありますので、アク抜きをしっかりしてから調理する必要があります。

たけのこに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

グルタミン酸・チロシン・ロイシン

うま味成分でアミノ酸の一種であるグルタミン酸やチロシン・ロイシンなどを含んでいます。
チロシンは、切り口に現れる白い粉であり、新陳代謝を活発にしてホルモンのバランスを整え、脳を活性化させるとして注目されています。
ロイシンは、運動時のエネルギー源となり、疲労回復に対して有効とされています。

食物繊維

独特の歯ごたえは、食物繊維のセルロースによるものであり、便の量を増やし、腸の動きを刺激してぜん動運動を活発にするので、動脈硬化や大腸がんを予防する効果が期待できます。
また同時にコレステロールの吸収を妨げるため、動脈硬化の予防に有効とされています。

カリウム

カリウムが野菜の中でもトップクラスに含まれていて、体内の余分なナトリウムを排出し、血圧を下げる作用があるので、高血圧の予防やむくみの解消に対する効果が期待できます。

たけのこは消化しにくいという欠点がありますが、煮ると消化しやすくなりますし、煮汁ごと食べれば溶け出したカリウムも摂取できるので効果的になります。

その他

アスパラガスと同様にアスパラギン酸が含まれていて、からだの代謝を高めるので、疲労回復を助ける効果が期待できます。

たけのこの主な効能

高血圧の予防、改善・丈夫な骨の形成・便秘の予防、改善・疲労回復・整腸作用・動脈硬化の予防・大腸がん予防・健脳効果・糖尿病予防・利尿作用

たけのこの主な栄養成分

ビタミンB1・ビタミンB2・カリウム・マンガン・食物繊維・グルタミン酸・チロシン・ロイシン・アスパラギン酸・シュウ酸

たけのこの栄養を強化する食べ合わせ

たけのこ+タコ・イカ・貝

たけのこに含まれている食物繊維と、タコ・イカ・貝に含まれているタウリンをいっしょに摂ると、悪玉コレステロールの減少に役立ち、免疫力をアップさせる効果が期待できます。

たけのこ+豆腐

たけのこと豆腐にはどちらもチロシンという成分が含まれていますが、合わせて摂ることでやる気をアップさせる効果が期待できます。

たけのこ+こんにゃく

たけのことこんにゃくに含まれている食物繊維を合わせることで、腸内環境をより整えることができます。
また、老廃物の排泄により、便秘解消や肌荒れ防止なども期待できます。

たけのこのカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

26kcal

50%

90.8g

微量

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

520mg

16mg

13mg

62mg

亜鉛

マンガン

0.4mg

1.3mg

0.13mg

0.68mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

4μg

1μg

2μg

0.7mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.05mg

0.11mg

0.7mg

0.13mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

63μg

0.63mg

0.8μg

10mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値

 
●関連記事●
筍(たけのこ)の特徴や種類・食べ方

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。