人参(ニンジン)の特徴や種類・産地・選び方・食べ方

ニンジンの特徴

ニンジンニンジンの原産地はアフガニスタンであり、トルコ → ヨーロッパに伝わった西洋種と中国 → アジア東方に伝わった東洋種があります。
日本には、江戸時代に中国から伝わった東洋種と、明治時代に伝わった西洋種がありますが、東洋種は栽培が難しいのでおせち料理に使われるくらいであり、現在では西洋種が主流となっています。

昔は独特のにおいがあり、子どもたちの嫌いな野菜の代名詞でしたが、最近のものは改良を重ねて食べやすくなっています。

ニンジンは、馬の好物としてのイメージが定着していますが、もともと馬は果物や角砂糖など甘いものを好みます。
以前の日本ではそうした食材が高価であったために、代用としてニンジンが使われていましたが、それが定着したということになります。

ニンジンの種類

五寸ニンジン
最も多く流通している西洋種です。
サラダや炒めもの・煮物など、幅広く使われています。
金時ニンジン
江戸時代に中国から伝わった東洋種であり、京ニンジンともいいます。
鮮やかな赤色が特徴で、おせち料理などに使われています。
金美ニンジン
中国系をかけ合わせた黄色い品種であり、クセがなく品質はやわらかいです。
島ニンジン
沖縄の在来種で、ゴボウのように細長く鮮やかな黄色が特徴であり、冬のみ出まわっています。
紫ニンジン
外側は紫・中心部はオレンジ色をしていて甘みが強く、紫色の部分にはアントシアニンが含まれています。
葉ニンジン
栄養価が高く、京都ではおひたしや和え物などに使われています。
また、サッとゴマ油などで炒めても美味しいです。
ミニキャロット
丸ごとそのままの形で野菜スティックとして生食で食べられています。
やわらかくて甘みがあり、ゆでても美味しいです。
ベータリッチ
通常のニンジンよりβ-カロテンを豊富に含んでいて、甘みがあり、特有のにおいが少なく食べやすいです。

ニンジンの旬

旬のカレンダー
ニンジンの旬
ニンジンは、秋から冬にかけてが最も美味しくなる時期になります。

ニンジンの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

北海道
全国収穫の30.3%の構成比 185,800t
千葉県
全国収穫の18.1%の構成比 111,200t
徳島県
全国収穫の7.9%の構成比 48,400t

ニンジンは、周年出回っていますが、春ニンジン・秋ニンジン・冬ニンジンの3つに分けられます。

春ニンジンは、みずみずしい風味とやわらかな食感が魅力で、サラダや和え物にすると美味しいです。
冬ニンジンは、身がかためで、加熱すると甘みが出て美味しさが引き出されるので、煮物に向いています。

ニンジンの上手な選び方

  • 形がよく左右対称のもの。
  • 葉つきは採れたての証拠で新鮮です。
  • 鮮やかなツヤがあり、表面の赤色が自然なもの。
  • 全体的に赤みが強く横すじが少ないもの。
  • 首のまわりが黒ずんだり青いものは、かたいので避けたほうがいいです。

ニンジンの食べ方

ニンジンの調理法ニンジンは、生でサラダにしたり、サラダや炒めもの・カレー・シチューなど、あらゆる料理に使うことができます。
ニンジンとゴボウを組み合わせてきんぴらゴボウや、ダイコンと組み合わせて紅白なますにしたり、もみじおろしなどにも使われています。

皮の近くが甘く、栄養も豊富なのでうすくむいたほうがよく、むいた皮はせんぎりにして、ゴマ油で炒めてきんぴらにして食べるといいです。
生食するときは、すりおろしたり、せん切りやスティック状にしてサラダにし、煮物に使う時は、皮をむいて切ったニンジンを水に入れてゆで、沸騰したら調味料を入れるといいです。

また、葉の部分は、炒めものや和え物などにすると食べることができます。

ニンジンの保存法

冬場は冷暗所で保存できますが、夏場は水気をふき取ってからポリ袋に入れ冷蔵庫で保存するとよく、葉付きのものは、葉を切り落としてから保存するといいです。

ニンジンを使いたい大きさに切ってから、ゆでて水分をよく切り、保存袋に入れると、冷凍庫で1ヶ月くらいは保存できます。
ただ、冷凍すると食感がどうしても悪くなってしまいますので、あまりおススメはできないです。

 
●関連記事●
人参(ニンジン)の栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。