バナナの特徴や種類・旬・産地・選び方・食べ方

バナナの特徴

バナナ一年を通して手ごろな価格で手に入ることから、庶民派フルーツの代表ともいえるバナナですが、紀元前から栽培が始まっていたとされ歴史は古く、マレー半島が原産であり、熱帯地域を中心に世界の広い範囲で栽培されています。

大企業が中南米へと進出し、広大な未耕地を開発して大農園を作り上げ、安価な果物として大量生産が始まりましたが、約4分の3が生食用で4分の1が調理用になります。
薄切りにしたものを乾燥させ揚げたバナナチップや、干しバナナなどの加工品にも利用されています。

バナナという名前は、アラビア語やアフリカで指を意味するバナマやバナーンが由来とされています。
バナナというとタネのないのが当たり前のように思っていますが、昔の人々はかたいタネのあるバナナを食べていたといわれています。
5000~1万年ほど前に今のようなタネなしバナナが発見されて以来、広く栽培されるようになり、現在では世界中に200~300種類ぐらいあるといわれています。
その中には煮たり焼いたりしないと食べられないものや、タネがいっぱい入ったさやえんどうのようなものもあります。

日本に初めてバナナが伝わったのは16世紀の半ば頃、ポルトガルの宣教師ルイスが織田信長に献上したのが始まりとされています。
現在では、価格が安く手に入りやすいバナナは、カロリーが高く栄養が摂れ消化が良いので、赤ちゃんからお年寄りまで人気の果物になっています。

食用としてもっとも多く出回っているのは、フィリピン産のキャベンディッシュという品種であり、さっぱりとした味わいが特徴です。
この他、モンキーバナナやモラード・台湾バナナ・島バナナなどがあります。
最近では、クエン酸を多く含んだスポーツバナナやリンゴの風味を持つバナップルなども注目を集めています。

バナナが朝食やスポーツ選手によく利用されている理由とは!?

バナナは、ショ糖や果糖・ブドウ糖・でんぷんなどの糖質が多く含まれていて、腹持ちが良くて美味しく、簡単に食べることができます。
寝ぼけた頭に素早くエネルギーを送り込むことができるので、朝食向きの果物であり、忙しい朝などに朝食代わりとしてよく利用されています。

時々 、バナナをスポーツ選手が食べている姿を見ますが、それは即効性と持続性があり皮をむくだけなので食べやすく、持ち運びにも便利なうえに甘くて美味しいからです。

バナナの種類

キャベンディッシュ
世界の流通の約5割を占める最も人気のある品種です。
なめらかでさっぱりとしていて食べやすいです。
モンキーバナナ
小型の生食用バナナで、やわらかくて甘みが強いです。
モラード
皮が赤く甘みはあっさりとしていて、やや酸味があります。
台湾バナナ
台湾産のバナナで、ねっとりとした食感であり味も濃厚です。
島バナナ
沖縄や奄美諸島で栽培されていて、フルーティでクリーミーな味わいです。

バナナの旬

熱帯地域では1年中食べられているバナナですが、輸入物が主力になるので、旬は1年中ということになります。

バナナの産地

バナナは、熱帯地方でしか栽培できないので、市場にでまわるほとんどは輸入物になり、現在ではフィリピン産が輸入の90%くらいを占めています。

日本では、熟したものは輸入できないので、まだ青い未熟のうちに収穫・輸入し、エチレンガスで追熟させています。

現在、国産バナナの主体はモンキーバナナになり、産地は沖縄や鹿児島県の奄美大島などになります。

バナナの上手な選び方

  • 全体的に黄色で傷がないもの。
  • つけ根がしっかりとしているもの。
  • 茶色の斑点が出始めていないもの。

バナナの食べ方

バナナの食べ方バナナは、生のまま食べたり、ジュース・砂糖漬け・洋菓子の材料などにすると美味しいです。
黄色い皮の表面がツルツルしてきれいなものは食べるのが少し早く、バナナの中で最も甘いのはつけ根から見て下の方であり、上から食べると最後が一番甘くなります。

バナナの表面に出る黒い斑点(シュガースポット)が、見かけは悪くても食べ頃になり、甘味が増すだけでなく、免疫力も高まる効果があります。
また、生のバナナは体を冷やす作用があるので、からだが熱っぽい場合には最適なのですが、冷え性の人には向いていないのでドライバナナがおススメになります。

果肉を切ってから空気に触れると変色しますが、レモンやオレンジの果汁をかけておくと変色を防ぐことができます。

牛乳やタマゴを加えてバナナセーキにすると、美味しくなり栄養価も高まります。

バナナの保存法

バナナは常温で保存するほうがよく、 1本ずつポリ袋に入れ、すずしいところに置いておくとより長く保存することができます。
最近では、バナナスタンドも販売されていて便利なので、これを使うのもいいです。

冷蔵庫に入れると、すぐに黒ずんで傷むので注意が必要になります。
皮をむいてから保存袋に入れると冷凍で保存することができ、シャーベットやスムージーにすると美味しいです。

 
●関連記事●
バナナの栄養や効能・カロリー 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。