梅干しはアルカリ性食品

アルカリ性食品とは?

梅干し アルカリ性食品食べものには酸性食品とアルカリ性食品があります。
酸性食品の代表は、白米・白砂糖・麺類・魚・肉・卵などであり、アルカリ性食品は、野菜類やきのこ類・海藻類・梅干しなどがあります。

現代人の食生活は、一般的に見ると酸性食品が多くなっています。

健康を保つためには体や血液を弱アルカリ性に保つのが好ましいのですが、現代の食生活では、米やパン・肉・魚・乳製品や卵など、酸性食品の食べ物をつい多く食べてしまう傾向にあります。
また、栄養成分やカロリーの数値が先行しがちですが、食品が酸性かアルカリ性かということも少しは知っておいたほうがいいです。

酸性食品をとりすぎると血液は酸性に傾き、血液が汚れて流れにくくなり、老化が促進されます。
その結果、動脈硬化や狭心症・心筋梗塞などになる可能性がでてきます。

とはいえ、酸性食品がからだに悪いのではなく、バランスを保つことが大切なのです。

スポンサーリンク

梅干しは血液を弱アルカリ性に保つ

梅干し 床梅干しは酸っぱいので酸性のようですが、実はアルカリ性食品です。
海藻や野菜類などもアルカリ性食品ですが、日頃から野菜類をなかなか摂取できなくて困っている人も多いと思います。

食品が酸性であるかアルカリ性であるかは、その食品を燃焼させ、灰にした後に残ったミネラルで調べます。

梅干しには、カリウム・マグネシウム・リン・鉄・カルシウムなどのミネラルが含まれていて、1対5の割合でアルカリ性のミネラルが多く残るので、強力なアルカリ性食品といえます。

梅干しだと簡単に食べることができ、酸性食品に傾きがちな食生活のバランスを整え、血液を健康な弱アルカリ性に保つ手助けをしてくれます。
たとえば、100gの豚肉を食べた場合、その酸性を中和するのには、ニンジンで約100g、ホウレンソウでは約50をとる必要があります。

ところが梅干しだと、たったの10gで100の豚肉の酸性を中和することができるのです。

日常の食生活で酸性に偏ってしまっている時に、それを中和するのに適しているのが梅干しです。
少量でも梅干しの効果はありますので、習慣的に食べていきたいものです。

梅干しとサプリメント

サプリメント近頃、サプリメントをとる人が増えています。
サプリメントには食品の形態をとっているものから、錠剤やカプセルまでいろいろあり、それらが健康や美容・ダイエット用などとして販売されています。

サプリメントは日頃不足しがちな栄養素や機能性成分を補うには便利ですが、それだけに頼るのは感心しません。

たとえば、梅干しのクエン酸が疲労回復に効果的と聞くと、サプリメントでそれをとろうとする人がいます。
実際、クエン酸はとれますが、逆に言えばクエン酸だけしかとれないことになります。

梅干しは他にも、炭水化物・ミネラル・ビタミン群・カルシウムや、胃がんの原因とされるヘリコバクターピロリ菌をやっつける機能性成分として発見した梅リグナンも含まれています。

クエン酸はもちろんのこと、他にもいろいろ同時に摂取することができます。
これがサプリメントだと、いくつもの種類を口にしなければならず、費用もかさみます。

栄養はまず食事でとることを考えるほうがよく、梅干しはそれひとつで何種類にも相当するサプリメントがとれる嬉しい食品です。

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。