梅干しに含まれるクエン酸の効果とは?

クエン酸の特徴

クエン酸クエン酸は、有機酸(生物の生命活動において作り出される酸)のひとつであり、レモンやグレープフルーツなど、主に柑橘類などに酸味成分として含まれています。
また、クエン酸は食品だけでなく、生物の体内に常時存在しているものであって、生きていくうえで大きな活動をする大事な成分になります。

疲労回復効果

ドライアイ酸っぱいものを食べると疲れがとれるというのは、多くの人が経験的に知っていることですが、クエン酸といえば何といっても疲労回復効果が高いことがあげられます。

わたしたちが毎日を過ごしていくための原動力となるエネルギーは、でんぷんが唾液などによって分解された、ブドウ糖が燃焼することで発生します。
この燃焼が中途半端だと、毒性のある酸化物が発生してしまい、からだが酸性へと傾きます。
この酸化物の中には運動などを通して筋肉に蓄積する疲労物質の乳酸が含まれていて、乳酸が体内に多くたまってくると、だるさや疲れとなってあらわれます。

けれども、外からクエン酸を摂ると、体内に乳酸が増え酸性にかたむいた血液がアルカリ性に戻り、疲労回復に効果をもたらします。
スポーツ選手が、練習や試合の後にクエン酸を含んだ食べ物を摂取して疲労回復を図っていることからもわかる通り、疲労回復に対しては特に効果があるとされています。

ミネラルの吸収を助ける

クエン酸は、カルシウムやマグネシウムなど、吸収されにくいミネラルの吸収を助ける働きがあります。

小魚や海藻などに存在するカルシウムは、骨粗しょう症の予防や、精神を安定させてイライラを緩和させてくれる効果が期待できます。
カルシウムは、クエン酸と協力することによって取り込まれやすくなりますので、イワシを梅干しで煮たりするのがおススメになります。

その他

唾液や胃液の分泌を促して食欲を増進させたり、肝臓の機能を高めて肝臓病を予防・改善する効果や利尿効果などが期待できます。

クエン酸の効果・効能

クエン酸には、以下のような効果・効能があるとされています。

  • 体液を弱アルカリに保つ。
  • 乳酸を分解する。
  • 疲労回復・神経疲労の予防。
  • 肩こりや筋肉痛の予防・解消。
  • 血液をサラサラにする。
  • 肝臓の機能を改善。
  • カルシウムの吸収を促す。

クエン酸の摂り方

クエン酸は酢や梅干し・レモンやグレープフルーツなどの柑橘類など、酸っぱい味のものに含まれています。
梅干しを食べる・酢のものに酢を使う、疲れた時にはグレープフルーツジュースを飲むといった要領で、手軽に食卓に取り入れやすいのがうれしいところです。

また、焼き魚やステーキなどの肉料理には、食べる前にレモンをかけるとクエン酸を摂りやすくなります。

クエン酸を含むおもな食品

梅干し・レモン・グレープフルーツ・モモ・西洋ナシ・パイナップル・メロン・イチゴ・キウイ・酢

クエン酸はこんな人におすすめ

疲労しやすい人・運動量の多い人・気力が衰えている人・体調がよくない人・肩こりや筋肉痛になりやすい人

梅干しのクエン酸効果

梅干し梅干しは、数多くある食品の中でもクエン酸がトップクラスの含有量であり、レモンよりも豊富に含まれています。

梅の実を塩漬けにした時にでてくる果汁のことを梅酢といいます。
どうしてというかというと、梅の果汁にはクエン酸という酸(さん)がたくさん含まれていて、とてもすっぱいからです。
クエン酸は梅の実が熟すにつれて増え、それと共に殺菌作用も強力になります。

梅干しを口に含むと、クエン酸によるすっぱさを減少させようと唾液が数多く分泌されます。
梅干しで唾液の分泌を促せば、消化を助け胃での滞留時間が長くなることで、血糖値の急上昇も安定化すると考えられています。
また、クエン酸のすっぱい刺激は、精神的なストレスを楽にするのにも役に立ちます。

関連記事

コメントは受け付けていません。