栗(クリ)の特徴や旬・産地・食べ方

栗の特徴

クリ栗は、ヨーロッパ・アメリカ・中国などに自生し、古くから各地でその実が食用とされてきました。

大別すると、日本栗・中国栗・ヨーロッパ栗・アメリカ栗などがありますが、日本での栽培は日本栗以外難しいとされています。
日本栗の祖先は、自生していた小粒の芝栗ですが、江戸時代には改良した品種がいくつも生まれています。
中国栗は焼き栗に適していて、天津甘栗として親しまれています。
ヨーロッパ栗は、マロングラッセなど、お菓子の材料として輸入されています。

日本では秋の味覚の代表であり、縄文時代から食料とされてきましたが、殻が硬く種を食べるフルーツは堅果と分類されていて、ラッカセイ・くるみ・アーモンドなどのナッツと同様で、栗もその一種になります。

栗の種類

利平栗(りへいグリ)
大粒でふっくらとしていて、甘みが強いです。
銀寄(ぎんよせ)
大粒で実は粉質であり、甘みと豊かな香りが特徴です。
甘栗
中国栗を釜煎りし、ゴマ油と砂糖を加えて煎ったのが、甘栗です。
糖質・食物繊維・ビタミンB群やミネラルも豊富なので、おやつにも最適です。

栗の旬

旬のカレンダー
クリの旬
栗は秋の食材であり、9~10月が旬になります。

栗の産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成25年統計 参照)

茨城県
全国収穫の23.4%の構成比 4,910t
熊本県
全国収穫の18.4%の構成比 3,870t
愛媛県
全国収穫の7.6%の構成比 1,590t

栗は、中国産と国産が一般的に出まわっています。

古くからの産地である丹波は、仏教の伝来とともに大陸から接ぎ木の技術を導入し、早くから大粒の栗を生産することが出来たといわれています。
   

栗の上手な選び方

  • 持って重みを感じるもの。
  • 皮にハリとツヤがあり濃い茶色をしているもの。
  • トゲがピンと立っているもの。
  • 古くなると光沢がなくなり、凹みやシワが現れます。

栗の食べ方

クリの食べ方栗は、ホクホクとした甘みと歯ごたえがあり、蒸してそのまま食べるほか、栗ご飯にすると季節を楽しみたっぷり栗を味わえることができます。

じっくり蒸すと甘みが増すので、蒸し器に栗を入れ蒸していきますが、蒸気があがってから蓋をして約1分で火を止めて、10分蒸らし再び中火で約50分蒸らすといいです。
焼く場合は、破裂を防ぐため、切り込みを入れてから焼くほうがいいです。

また、半日ほど水にひたしておくと皮がむきやすくなり、包丁の刃先を使えばうまくむくことができます。
まず、栗の底のザラザラした部分を刃元でむき、それから刃を上にむけて、栗の皮をはぐように刃を動かしてむいていくといいです。

渋皮を使う
栗の渋皮には、コレステロール値の低下や糖尿病予防に役立つタンニンが含まれています。
タンニンは強い抗酸化作用があり、血液サラサラにも効果的です。

栗ごはんを炊くときは渋皮を少し残して、栄養・味わい・香りなどを増やすほうがいいです。

栗の保存法

生の栗は、チルド(0℃)で1~2ヶ月間保存すると、栗のデンプンが分解されて甘みが増します。

購入したら新しいうちに渋皮煮や甘露煮などにすると保存することができ、 加熱後は皮をむいて冷凍してもいいです。

 
●関連記事●
栗(クリ)の栄養や効能・カロリー 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。