りんごの特徴や種類・旬・産地・栄養・効能・カロリー・食べ方

リンゴの栄養

りんごの特徴

りんごは、人類が食べた最古のフルーツとされていて、起源はおよそ4000年以上前といわれています。
原産地は中央アジアといわれており、日本では明治時代から東北や信州の寒冷地で栽培が始まりました。
現在では品種改良がさかんにおこなわれていて、世界的にも日本の品種は、味の芸術品と呼ばれるほどになっています。

欧米では昔から1日1個のりんごは医者を遠ざけるといわれるほど、体に良い果物として知られています。

アルミ鍋の黒ずみが落ちる

鍋に皮と芯と水を入れて沸騰させ、15分くらい煮るとアルミ鍋の黒ずみが落ちています。
その後は、米のとぎ汁かくず野菜などを煮立たせて、よく乾かしてから使用するといいです。

イギリスではお手軽ランチ

日本では、大きくて立派なリンゴが好かれるようですが、イギリスではまるごと食べることができる小さめのサイズに人気があります。
コーヒースタンドや駅のキオスクなどでも売られていて、手軽なランチやおやつとして親しまれています。

葉取らずりんごとは?
通常は、秋を迎えて赤くなる頃に、果実全体に日光が当たるよう、周囲の葉を摘む葉摘みが行われます。
それとは別に、葉を取らず自然の状態で熟させたものを葉取らずりんごと呼びます。
表面に葉の影や色のムラが残るので見劣りはしますが、葉が作り出す養分を十分に蓄えて、芳醇な甘さが残るといわれています。

りんごの種類

ふじ
海外でも人気が高く、日本の生産量の半分くらいをしめています。
国産品種の代表であり、大玉で糖度が高く味に深みがあります。
紅玉(こうぎょく)
アメリカが原産で、甘みと酸味のバランスがよく、焼きりんごやパイ・タルト・ジャムなどにすると美味しいです。
陸奥(むつ)
大玉で見栄えの良い品種であり、独特の香りがあります。
皮はきれいなピンク色であり、味はさっぱりしていてジューシーです。
王林(おうりん)
ナシに似た食感を持ち、香り高く果汁も多いですが酸味は少なめです。
千秋(せんしゅう)
秋田県で育成された品種で、果汁たっぷりであり、甘みと酸味のバランスがいいです。
つがる
果汁が多く、甘みも強いです。
ゴールデンデリシャスと紅玉をかけ合わせた品種であり、生産量も多いです。
ジョナゴールド
酸味はやや強いですが甘みもたっぷりあり、加熱調理に向いています。
シナノスイート
新しい品種であり、上品な甘みとさわやかな酸味のバランスがいいです。
シナノゴールド
長野県で育成された品種で、ほどよい酸味があるさわやかな風味は、海外からの評価も高いです。
シナノドルチェ
果実は1個300g前後と重量感があり、果汁がたっぷりと含まれています。
シナノピッコロ
150~200gと子どもの手に納まるサイズであり、丸かじりに向いています。
シナノホッペ
糖度が15~16%と高く、酸味はまろやかで食べやすいです。
アルプス乙女(おとめ)
甘みが強く酸味は弱めであり、リンゴ飴でもおなじみの品種になります。
北斗(ほくと)
酸味や甘みが強く、香り豊かな品種であり、長期保存が可能なため晩秋から春まで出回っています。
秋映(あきばえ)
甘みと酸味のバランスに優れ、濃厚な味わいがあり、肉質はややかためで歯ごたえがあります。
きおう
岩手県で育成された品種で、「黄色い王様」をイメージしたりんごであり、貯蔵性に優れています。
トキ
果皮は淡い黄色で、酸味は弱く、甘みが強く感じられます。
陽光(ようこう)
シャキッとした歯ごたえで、甘みの中にほどよい酸味があります。
金星(きんせい)
さわやかな歯ざわりで、酸味は弱く甘みが強いのが特徴です。
さんさ
ニュージーランドで交配し、日本で育成された品種で、岩手のさんさ踊りにちなんで命名されています。
世界一(せかいいち)
青森県で育成された品種で、見映えの良さから贈答用として人気がある品種です。
ぐんま名月
黄色い品種では珍しく、蜜が入るのが特徴で、酸味が弱く、さわやかな甘さが特徴です。
秋陽(しゅうよう)
色や味は濃く、甘みや酸味はたっぷりでパリッとした歯ごたえを楽しむことができます。
夏緑(なつみどり)
厚い時期に収穫されるため、酸味が効いて甘酸っぱいのが持ち味です。
こうとく
「ふじ」より小ぶりだが甘みが強く、蜜が多く入ることで注目されています。
御所川原(ごしょがわら)
青森県で誕生した小ぶりで真っ赤なりんごであり、酸味が強く渋みもあるため、加熱加工用として人気があります。
大夢(おおゆめ)
岩手県で育成された新品種で、酸味のバランスがよく、シャリシャリした食感を楽しむことができます。
おぜの紅(くれない)
重さが平均400g前後の大玉で、果皮が鮮やかな赤い色になります。

りんごの旬

旬のカレンダー
リンゴの旬
りんごは、長期保存ができるために、冬から春まで楽しめるのが魅力になっています。
5~7月頃はニュージーランド産のものが輸入されています。

りんごの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成25年統計 参照)

青森県
全国収穫の55.5%の構成比 412,000t
長野県
全国収穫の20.9%の構成比 155,300t
山形県
全国収穫の6.3%の構成比 46,500t

りんごの生産量はみかんに次いで多く、寒冷地果樹といわれるように、青森県をはじめ東北地方に主産地があり、それより南では長野県などが多くなっています。
遅く生産された品種は長期貯蔵され、翌年の夏まで周年供給されています。

りんごの上手な選び方

  • ずっしりと重いもの。
  • 上から見るときれいな円形をしているもの。
  • ヘタの周辺が黄色くなっているものは熟しすぎです。

りんごの栄養と効能

リンゴりんごは、低カロリーであり腹持ちがいいので、ダイエット中の人におススメできる果物です。
りんごの皮には、食物繊維やアントシアニンなどの栄養素がたくさん含まれていて、皮を捨ててしまうとりんご全体の栄養の3分の1を失うことになりますので、皮は捨てずに食べたほうがいいです。 

りんごに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

食物繊維

水溶性のペクチンや不溶性のリグニン・セルロースなどの食物繊維が豊富に含まれていて、便秘や下痢など、おなかの調子を整える働きがあります。
さらに、コレステロールを下げたり、血糖値の急上昇を抑える作用や、肥満の原因にもなる血糖値の急上昇抑制作用などがあり、生活習慣病に対する効果が期待できます。

ペクチンは果肉より、皮や皮に近い部分に多く含まれているのが特徴であり、皮ごと食べるようにするとその効果を最大限に活かすことができます。
また、皮に多いペクチンはすりおろすことで、整腸作用をより高めることができます。

アトピー性皮膚炎や花粉症・気管支ぜんそくなどのアレルギー疾患を引き起こす物質にヒスタミンがありますが、りんごに含まれている食物繊維のペクチンにより、そのヒスタミン濃度が低下することが認められていて、毎日食べることでアレルギー予防効果が期待できます。

クエン酸・リンゴ酸

りんごの酸味は、リンゴ酸やクエン酸によるものであり、ストレスの原因である自律神経の乱れを調整したり、食欲を増進させる効果があるので、離乳食や病人食などによく用いられています。

活性酸素の除去に役立ち疲労物質の蓄積を防いでくれるので、疲労回復に対する効果を高めてくれる・炎症を抑えて咳を止める・二日酔いに効果を発揮するなど、さまざまな効果があります。

果糖・ブドウ糖

りんごの甘みは、果糖やブドウ糖などの成分で、どちらも吸収されやすく、脂肪を素早くエネルギーに変換する作用があるので、運動前に食べるとスタミナの補給源になります。

ポリフェノール

りんごに含まれているポリフェノールは、称してリンゴポリフェノールといわれますが、その主成分はプロシアニジンといわれ、カテキンが結びついてできたものになります。
抗酸化作用や脂肪代謝を促進する働きがあり、現代病ともいわれる花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑える作用や、メラニン色素の生成を抑え、肌を白くする作用があるといわれています。

さらに、虫歯菌の働きを抑制し、エナメル質の崩壊を防いだり、口臭予防にも効果があるとされています。
皮に多く含まれているので、できるだけ皮ごと食べるほうがいいです。 

その他

ビタミンCは、ストレスに強い身体づくりに有効であり、美肌や免疫力アップに対する効果も期待できます。
皮の赤い色素成分はアントシアニンで、抗酸化作用があり、ビタミンCとともに体内の活性酸素の害を抑え、老化防止に役立ちます。
カリウムが含まれていて、塩分や水分の排出を促してくれる作用があるので、高血圧や動脈硬化を予防する効果が期待できます。

熟したりんごには、芯に蜜と呼ばれる部分があり、ソルビトールという糖アルコールの一種が含まれています。
果肉には、フラボノイドのカテキンプロシアニジンなどの抗酸化物質が含まれています。

りんごの主な効能

高血圧の予防・抗酸化作用・疲労回復・虫歯予防・便秘の予防、改善・老化防止・がん予防・コレステロールの上昇抑制

りんごの主な栄養成分

リンゴ酸・クエン酸・果糖・ブドウ糖・食物繊維・ポリフェノール・ビタミンC・アントシアニン・カリウム・ソルビトール・カテキン・プロシアニジン

りんごのカロリー(kcal)と糖質

りんごのカロリーは61kcal・糖質は14.3gです。(※ 可食部100gあたり)
カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材になります。

他の果物類のカロリーや糖質は以下のようになっていますが、他の果物類と比べるとカロリーは同じくらいで、糖質は平均くらいになっています。

  • イチゴ・・・34kcal・7.1g
  • バナナ・・・86kcal・21.4g
  • メロン・・・42kcal・9.9g
  • スイカ・・・37kcal・9.2g
  • パイナップル・・・84kcal・19.8g

      

スポンサーリンク

りんごの食べ方

リンゴの食べ方りんごは、よく洗って丸ごと食べると、栄養素を効率よく取り入れることができ、健康維持にもなります。
皮には食物繊維が豊富に含まれていて、皮ごとすりおろしたりんごを睡眠前に食べると、腸が活発に働くので、便秘解消に効果があります。

生で食べると甘く、加熱しても優れた味わいの果物ですが、カレーに加えるとフルーティな隠し味になります。

切ったりんごは、切り口が褐色になりますが、これは果肉に含まれるクロロゲン酸が酸化酵素によって酸化したからです。
レモン汁をふりかけるか、うすい塩水にひたせば防ぐことができますが、果汁100%のオレンジジュースに約10分間ほどひたしておくと、きれいな色に戻っていきます。
これは酸化することで色が変化した部分を、ビタミンCがもとに戻してくれるからです。

皮や芯にはペクチンが含まれていますが、りんごをジャムにする場合、ペクチンが多いほどよく固まりますので、取り除くなら少量にしておいたほうがいいです。

すりおろしりんごの効果
りんごはすりおろすと楽に食べることができ、消化にもいいです。
ペクチンが腸にはたらきかけ、腸内菌を殺菌する作用が、すりおろすことで活発になります。

りんごは皮ごと食べても大丈夫!?
りんごを栽培する時には、殺菌剤(農薬)が必要なのですが、最近では、出荷前における残留農薬の基準が厳しくなっています。
健康への影響を心配することはありませんので、皮ごと食べても大丈夫です。

りんごの栄養を強化する食べ合わせ

りんご+ヨーグルト

りんごに含まれているペクチンと、ヨーグルトに含まれている乳酸菌が腸内環境を改善しますので、便通を整える効果が期待できます。

りんご+トマト

リンゴにはポリフェノール・トマトにはリコピンが含まれていますが、どちらも抗酸化力があるので、いっしょに摂取すると、相乗効果で老化防止に対する効果がアップします。

りんご+豚肉

リンゴに含まれているカリウムは血圧を下げる効果があり、豚肉に含まれているたんぱく質は血管をしなやかに保つ作用があるので、いっしょに摂取すると、高血圧の予防に対する効果が期待できます。

りんご+バナナ

りんごに含まれている豊富な食物繊維と、バナナの食物繊維を合わせて摂ることで、より整腸作用が高まります。
ヨーグルトに加えて食べればさらに効果はアップします。

りんごの保存法

りんごは、室温でも涼しい場所なら保存できますが、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存すると1ヶ月くらいは大丈夫です。
りんごから発生するエチレンは、ほかの野菜や果物の追熟や発芽を促進させるので、冷蔵庫に入れるときは、ポリ袋の口をしっかりしめておいたほうがいいです。

カット後は塩水にひたして変色を防ぎ、ラップで包むと冷蔵できますが、コンポートにすると冷凍することができます。
また、逆さまにすると、エチレンガスの発生が促進されすぐに傷んでしまうので、注意が必要になります。

りんごの食品成分

水分

たんぱく質

脂質

炭水化物

84.1g

0.1g

0.2g

15.5g

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

120mg

3mg

3mg

12mg

亜鉛

マンガン

0.1mg

微量

0.05mg

0.02mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

0

0

0

0.1mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.02mg

微量

0.1mg

0.04mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

2μg

0.03mg

0.5μg

4mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 

関連記事

コメントは受け付けていません。