りんごの特徴や旬・産地・選び方・食べ方

りんごの特徴

リンゴりんごは、人類が食べた最古のフルーツとされていて、起源はおよそ4000年以上前といわれています。
原産地は中央アジアといわれており、日本では明治時代から東北や信州の寒冷地で栽培が始まりました。
現在では品種改良がさかんにおこなわれていて、世界的にも日本の品種は、味の芸術品と呼ばれるほどになっています。

欧米では昔から1日1個のりんごは医者を遠ざけるといわれるほど、体に良い果物として知られています。

葉取らずりんごとは?

通常は、秋を迎えて赤くなる頃に、果実全体に日光が当たるよう、周囲の葉を摘む葉摘みが行われます。
それとは別に、葉を取らず自然の状態で熟させたものを葉取らずりんごと呼びます。
表面に葉の影や色のムラが残るので見劣りはしますが、葉が作り出す養分を十分に蓄えて、芳醇な甘さが残るといわれています。

アルミ鍋の黒ずみが落ちる

鍋に皮と芯と水を入れて沸騰させ、15分くらい煮るとアルミ鍋の黒ずみが落ちています。
その後は、米のとぎ汁かくず野菜などを煮立たせて、よく乾かしてから使用するといいです。

イギリスではお手軽ランチ

日本では、大きくて立派なリンゴが好かれるようですが、イギリスではまるごと食べることができる小さめのサイズに人気があります。
コーヒースタンドや駅のキオスクなどでも売られていて、手軽なランチやおやつとして親しまれています。

りんごの旬

旬のカレンダー
リンゴの旬
りんごは、長期保存ができるために、冬から春まで楽しめるのが魅力になっています。
5~7月頃はニュージーランド産のものが輸入されています。

りんごの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成25年統計 参照)

青森県
全国収穫の55.5%の構成比 412,000t
長野県
全国収穫の20.9%の構成比 155,300t
山形県
全国収穫の6.3%の構成比 46,500t

りんごの生産量はみかんに次いで多く、寒冷地果樹といわれるように、青森県をはじめ東北地方に主産地があり、それより南では長野県などが多くなっています。
遅く生産された品種は長期貯蔵され、翌年の夏まで周年供給されています。

りんごの上手な選び方

  • ずっしりと重いもの。
  • 上から見るときれいな円形をしているもの。
  • ヘタの周辺が黄色くなっているものは熟しすぎです。

りんごの食べ方

リンゴの食べ方りんごは、よく洗って丸ごと食べると、栄養素を効率よく取り入れることができ、健康維持にもなります。
皮には食物繊維が豊富に含まれていて、皮ごとすりおろしたりんごを睡眠前に食べると、腸が活発にはたらくので、便秘解消に効果があります。

生で食べると甘く、加熱しても優れた味わいの果物ですが、カレーに加えるとフルーティな隠し味になります。

切ったりんごは、切り口が褐色になりますが、これは果肉に含まれるクロロゲン酸が酸化酵素によって酸化したからです。
レモン汁をふりかけるか、うすい塩水にひたせば防ぐことができますが、果汁100%のオレンジジュースに約10分間ほどひたしておくと、きれいな色に戻っていきます。
これは酸化することで色が変化した部分を、ビタミンCがもとに戻してくれるからです。

皮や芯にはペクチンが含まれていますが、りんごをジャムにする場合、ペクチンが多いほどよく固まりますので、取り除くなら少量にしておいたほうがいいです。

すりおろしりんごの効果
りんごはすりおろすと楽に食べることができ、消化にもいいです。
ペクチンが腸にはたらきかけ、腸内菌を殺菌する作用が、すりおろすことで活発になります。

りんごは皮ごと食べても大丈夫!?

りんごを栽培する時には、殺菌剤(農薬)が必要なのですが、最近では、出荷前における残留農薬の基準が厳しくなっています。
健康への影響を心配することはありませんので、皮ごと食べても大丈夫です。

りんごの保存法

りんごは、室温でも涼しい場所なら保存できますが、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存すると1ヶ月くらいは大丈夫です。
りんごから発生するエチレンは、ほかの野菜や果物の追熟や発芽を促進させるので、冷蔵庫に入れるときは、ポリ袋の口をしっかりしめておいたほうがいいです。

カット後は塩水にひたして変色を防ぎ、ラップで包むと冷蔵できますが、コンポートにすると冷凍することができます。
また、逆さまにすると、エチレンガスの発生が促進されすぐに傷んでしまうので、注意が必要になります。

 
●関連記事:りんごの種類と特徴りんごの栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。