柚子(ゆず)の特徴と食べ方

ゆずの特徴

ユズゆずは、さわやかな香りと酸味が心と体を元気にしてくれる果物であり、冬の食卓にアクセントをそえます。
果汁は酸味が強く、しぼり汁がポン酢の材料に使われますが、料理用にはむしろ皮をきざんだりします。
果肉をくり抜いて器に見立てたりするなどして、その香りを楽しむことも多いです。

中国が原産で、日本では平安時代には栽培が始まっていたとされています。
柑橘類の中ではもっとも寒さに強く、日本各地で栽培されていて、5月に花(花ゆず)をつけ、そのあとに小さな実(実ゆず)をつけます。
7月ごろに青い実が大きくなり、(青ゆず)、11月ごろに黄色(黄ゆず)になります。

ゆずの近縁種には、徳島県特産のスダチや大分県特産のカボス・縁起物としてお正月のかざりに使われるダイダイなどがあります。
  
冬至(12月22日ごろ)にはお風呂にゆずを浮かばせて入るゆず湯という風習が昔からあります。

ユズの旬

旬のカレンダー
ユズの旬
ゆずの旬は10~12月ですが、夏には未熟果の「青ゆず」が出回り、黄色い成熟果の「黄ゆず」が秋に出回ります。

ゆずの産地

高知・徳島・愛媛県などがゆずの産地になります。

果樹園としてだけでなく、農家の庭先や裏山などに数本ずつ植えて、冬至のゆず湯に入れたり、料理に使ったりと家庭用に使っている場合も多いです。
     

ゆずの上手な選び方

  • ヘタの部分がかれていないもの。
  • 皮はゴツゴツしてかたさのあるもの。
  • 均一のとれた丸い形で、酸味のある香りがするもの。

ゆずの食べ方

ユズの食べ方ゆずは、酸味が強いので生食には不向きですが、薬味や風味付けには最適な果物です。
刺身や酢の物・鍋によく使われていますが、皮を使った料理やゆず茶・ジャム・柚子胡椒などにも使用されています。
また、果汁にハチミツを加え、お湯や冷たい水・炭酸水などで割ると美味しいジュースになります。

ゆずは時期によって果皮と果汁を使い分けるとよく、7月頃から出まわるものは少し果汁が少ないので、果皮をすりつぶして料理に使うといいです。
8月以降のものはたっぷりの果汁を含むので、焼き魚や刺身など、料理の風味を添えるのに役立ちます。

ゆずに含まれているビタミンCは酸化によって減っていくので、使う直前に切るほうがいいです。

ゆずの保存法

果皮に黒ずみがないものは、ビニール袋などに入れて冷蔵庫に入れるといいですが、皮を少し使ったものはラップで包むと保存できます。

皮を刻んで小分けにし、ラップで包むと冷凍で保存することができ、果汁は製氷機で凍らせると保存可能になります。

●関連記事:柚子(ゆず)の栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。