梅干しは夏バテや熱中症の防止に役立つ

梅干しは夏バテに効果的

扇風機夏バテの主な症状には、からだがだるい・疲れやすい・食欲がないなどがあります。

糖質をエネルギーに変えるためには、ビタミンB1が不可欠であり、こういった症状はビタミンB1が欠乏して起こっています。

夏場は、あっさりしためん類を食べたり、清涼飲料水を飲んだりというのが一般的で、糖質の多い食生活はビタミンB1の消費量を多くし、ビタミンB1がたらなくなってしまいます。
また、暑さによるストレスを減らすためにはにはビタミンCが大切です。
よって、夏バテを防ぐためには、ビタミン類をたっぷり含んだ食品を食べるほうがいいです。

理想的な食べものとしては、ビタミンB1が豊富な玄米・胚芽米・レバー・豚肉・カツオ・落花生や、ビタミンB1のはたらきを強化するニンニク・ニラ・ネギや、ビタミンCの豊富なグレープフルーツ・オレンジ・レモンなどがおススメです。
それと、夏バテの症状である食欲不振を解消するのに最適な食べものといえば、梅干しがあります。

梅干しは、昔から食欲増進剤といわれているほどで、胃腸のぜん動運動を活発にし、唾液の分泌を促進して食欲不振を解消します。
また、疲れている時に梅干しを口に含むと、クエン酸の酸味によってサラサラした唾液が大量に分泌され、口の中の不快感が取り除かれます。

最近では、マラソンやトライアスロンの競技者がレース中に利用していますが、昔は合戦での必需品であり、疲労回復の食べものでした。

梅干しの持つさわやかな酸味は、食欲のないときでも私達の味覚を刺激してくれる味なのです。

スポンサーリンク

梅干しで猛暑対策

スポーツ猛暑になりそうな日やスポーツするなど活動の多い日は、暑さでダウンする前に、朝食や昼食で梅干しを食べておくといいです。

ごはんと梅干しがあれば、みそ汁・焼き魚・野菜の煮ものなど、おのずと和食の献立になります。
一般的に和食は、低脂肪・低カロリーで栄養バランスも保たれている理想的な食事になります。

食事で必要なエネルギーを補給すれば、夏バテ対策は万全であり、梅干しの作用で熱中症も防ぐことができます。

梅干しで塩分補給

暑い

熱中症は、暑さのために体温調節がうまくできなくなって、めまいや吐き気・嘔吐・倦怠感などを引き起こし、重症になると意識障害を招くこともある、あなどってはならない病気です。

人は暑さで体温が上がると汗をかいて熱を外に逃がしますが、大量に汗をかくと体から水分が失われて脱水症状になり、熱中症の症状がでてきます。

汗をかいたらまず水分を補給しますが、同時に塩分もとるとよく、脱水症状をおこした時に水分だけでは回復が遅いのですが、塩分を一緒にとると水分が早く吸収されて回復も早まります。
この時に効果的なのが梅干しであり、梅干しには殺菌効果もあるので、食中毒が気になる夏はお弁当にもおすすめです。

●梅干しの塩分に関する詳しい説明はコチラ ⇒ 梅干しの塩分は多いの!?

梅干しをスポーツドリンクの代わりに

スポーツドリンク

暑い日の外出時におすすめの飲み物といえばスポーツドリンクがあります。

スポーツドリンクは、発汗などで体内から失われた水分や塩分などの補給を目的とした機能性飲料です。
この他にも、お茶や水と梅干しを一緒にとると、スポーツドリンクを飲むのと同じような効果があります。

室内でも熱中症になることがあり、のどが渇いたと感じる時はすでに水分が失われていますから、水分や塩分の補給は定期的にするよう注意する必要があります。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。