ゴーヤ(ニガウリ)の特徴や種類・旬・選び方・食べ方

ゴーヤの特徴

ニガウリゴーヤは、熱帯アジア原産で、メロンなどと同じくウリ科に属している野菜であり、中国やインドでは古くから薬用植物とされてきました。
16世紀には日本に伝来していましたが、近年になり健康野菜として注目をあびるようになってきました。

ゴーヤは、ニガウリまたはツルレイシと呼びますが、ツルレイシのレイシとは果物のライチのことです。
熟すと外は橙色・種は真っ赤になり、苦みはなく甘くて食べやすくなりますが、それをライチのようだと表したものになります。

5月8日はゴーヤの日であり、5月頃からゴーヤの出荷量が増えるのと、語呂合わせで制定されています。

ゴーヤの種類

白ゴーヤ
緑色のゴーヤより水分が多くて苦味が少なく、食べやすいです。
なめらかゴーヤ
表面がなめらかでイボのないゴーヤであり、苦味は通常のゴーヤよりも控えめになります。
すずめゴーヤ
5cmほどの小さいゴーヤであり、とても苦いのが特徴になります。
あばしゴーヤ
太くてずんぐりした形をしていて、苦みが少なく食べやすい品種になります。

ゴーヤの旬

旬のカレンダー
ニガウリの旬
ゴーヤは、ハウス栽培などで1年中流通していますが、旬は6月~8月になります。

ゴーヤの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成22年統計 参照)

沖縄県
全国収穫の32.4%の構成比 7,536t
鹿児島県
全国収穫の15.0%の構成比 3,490t
宮崎県
全国収穫の14.5%の構成比 3,371t

ゴーヤは、沖縄をはじめ、鹿児島や宮崎といった暖地ではほぼ周年栽培されています。

沖縄では、医食同源の意識も高く、特に食欲が落ちてくる盛夏の頃に食べるものといわれていて、中国との交易を通じて早くから栽培が盛んになっていました。

沖縄の本土復帰や朝の連続ドラマ・健康ブームの効果などで、現在ではすっかり全国区の野菜となり、10年前に比べて作付け面積は3倍・生産量は4倍に増加しています。

また、台湾では沖縄と同様に貴重な野菜として取り扱われています。

ゴーヤの上手な選び方

  • みずみずしく重みがあるもの。
  • 先端が黄色いものは枯れている証拠です。
  • 鮮やかな緑色をしていて、黒ずんでいないもの。
  • イボイボがしっかりしていて、適度に弾力があるもの。
  • 緑が濃くイボが小さく密集したものは苦味が強めであり、緑が薄くイボが大きいものは苦味が薄い可能性が高いです。

ゴーヤの食べ方

ニガウリの調理法ゴーヤは、 熟す前の未熟果を食べていますが、独特の苦味があるのが特徴です。
独特の苦みが含まれているのは皮の部分ですので、皮のむき加減で苦みを調整することができます。
また、苦み成分は水溶性で水に溶ける性質があるので、塩もみして水にさらしてみたり、湯通しするとかなり苦みが抜けて食べやすくなります。

肉や卵と炒めたり、天ぷらにしたりなどいろいろな調理法がありますが、油と調理すると実がコーティングされて苦味を感じにくくなっています。
肉や卵などと一緒に炒めると、うまみ部分のイノシン酸が強調されるので、うまみやコクが深まり美味しいです。
代表的な沖縄料理であるゴーヤチャンプルは、まさにゴーヤを美味しく食べるための、非常に理にかなった料理法だといえます。

ゴーヤは、皮をむかずに使うので、表面を流水で洗い流した後、縦に半分に切って、タネとワタの部分をスプーンでしっかりと取ります。
さらに塩で軽くもんで水気を切り、一度サッとゆがくと苦みはやわらぎます。

ゴーヤをよく洗い、丸のままグリルで焼くと蒸し焼き状態になるため、うまみが凝縮されます。
焼いたゴーヤを縦に切り、タネとワタを取ってからスライスすると、炒めものやおひたしなどに使うことができます。

ゴーヤチャンプル

豚肉と豆腐を加えた料理であり、動物性と植物性のたんぱく質を同時にとることができます。
チャンプルとは、沖縄の方言で「混ぜこぜにした」という意味になります。

ゴーヤの保存法

ゴーヤを丸ごと保存するときは、水気をふいてポリ袋に入れて冷蔵保存するといいですが、できるだけ早めに使い切るほうがいいです。

切ったものを保存するときは、ワタとタネをくりぬいてからラップで包み、ポリ袋に入れて冷蔵保存するといいです。

 
●関連記事●
ゴーヤ(ニガウリ)の栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。