そら豆の特徴と食べ方

そら豆の特徴

そら豆そら豆は、世界最古の農作物の一つであり、原産地は北アフリカや西南アジアとされています。
その後、アジアに伝わって中国で栽培が始まり、日本へは8世紀ごろに伝わったとされています。
日本では、明治以降、味噌の原料や米の代用にするなど、貴重な食べ物として活用されてきました。

さやが上を向いて実るため空豆と書きますが、蚕(かいこ)を養殖している初夏にそら豆を食べていたとか、さやの形が蚕に似ているのが理由で蚕豆とも書きます。
10月にタネをまくと3月になってようやく開花しますが、その花はスイートピーに似てとても美しいです。

塩でゆでて食べる未熟豆と煮豆や甘納豆にする完熟豆があり、豆が大きい品種と小さい品種がありますが、皮がむきやすいことから最近では大きいほうが好まれています。

そら豆は、煎り豆にするほか、皮つきのまま煮たものをおたふく豆、皮を取り除いて煮たものをふき(富貴)豆といいます。
香川の讃岐(さぬき)の郷土料理であるしょうゆ豆は、煎った豆を、しょうゆや砂糖・トウガラシなどを合わせた調味液につけたものです。
また、油で揚げて塩味をつけたものがフライビーンズで、中国料理の豆板醤(トウバンジャン)は、そら豆と味噌や唐辛子を合わせてつくられたものになります。

お歯黒(おはぐろ)

そら豆のつめの部分をお歯黒といいます。
出始めの頃のそら豆は、この部分の色が薄くてやわらかになりますが、熟しきったものや終わりに近づいた時期に採れるものは黒くなっています。

そら豆の旬

旬のカレンダー
そら豆の旬
そら豆は、スーパーや八百屋さんに陳列されている期間は短く、季節や旬を感じることができる夏野菜になります。

そら豆の旬はだいたい4~6月ごろになりますが、産地によって多少変わります。
温暖な鹿児島では年末の時期から出荷されていて、四国地方では4月下旬から5月、関東地方は4~6月、寒冷地方では6~7月ごろになります。

そら豆の産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

鹿児島県
全国収穫の29.2%の構成比 4,990t
千葉県
全国収穫の15.0%の構成比 2,570t
茨城県
全国収穫の8.9%の構成比 1,520t

そら豆の産地は、暖かくなるにつれて鹿児島から愛媛、千葉、宮城、青森、北海道と産地が北上していきます。

そら豆の上手な選び方

  • さやの緑色が濃くハリとツヤがあるもの。
  • うっすらと白いうぶ毛がついているものは新鮮です。
  • 外から見て豆の形がそろっているものは、きちんと育っています。
  • さやから出すとすぐに鮮度が落ちてしまうので、さやから出して売られているものは避けたほうがいいです。

そら豆の食べ方

鮮やかな黄緑色をしたそら豆は料理を彩る事ができますので、かき揚げや炊き込みご飯などにすると、とてもきれいな色合いになります。
スープや煮物にすると美味しく、さやごと焦げ目がつくほど焼いて、豆を取り出して食べる「焼きそら豆」が人気です。

さやのまま焼くと豆が中で蒸し焼きにされますが、切れ目を入れると熱が逃げてしまうので、そのまま焼くほうがいいです。

そら豆のゆで方

そら豆のゆで方たっぷりのお湯を沸かし、塩と酒を少々入れてゆでます(酒を入れることで青臭さがやわらぎます)。
ゆで時間は2分程度がよくゆですぎは禁物であり、ザルにとって自然に冷ます(少しかためぐらい)といいです。

ゆでた豆はおはぐろの部分から皮をむくとよく、口当たりが気になる芽は、包丁でV字に切れ目を入れて取り除くといいです。
ゆでたものをおつまみとしてそのまま食べたり、そら豆ごはんや裏ごししてからスープ・炒めもの・天ぷらなどにすると美味しいです。

また、さやから出して空気に触れるとすぐに鮮度が落ちるので、なるべくさやに入ったものを買い、ゆでる直前にさやから出すほうがいいです。

そら豆の保存法

そら豆は鮮度が落ちやすいので、ビニール袋に入れて冷蔵庫で保存したら、できるだけ早く使いきるほうがいいです。
すぐに食べられない場合は、かためにゆでると冷凍保存することもできます。

 
●関連記事:そら豆の栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。