さやえんどうの特徴や食べ方

さやえんどうの特徴

さやえんどうさやえんどうは、えんどうまめを早採りしたもので、さやごと食べる豆のことです。
さやが小さい品種を絹さや・大きい品種をオランダさやと呼び、ヒスイ色のさわやかな色合いで、シャキシャキとした歯触りのよさが特徴になります。

中央アジアから中近東付近が原産であり、古代ギリシャやローマ時代の頃から麦作の発祥と共に栽培されていて、もともとは麦類の間にあった雑草といわれています。
日本へは7~8世紀頃に中国から伝わり、栽培されるようになったのは江戸時代からといわれています。

さやえんどうの花は、品種によって白やピンクなどがありますが、その花はスイートピーに似てとても美しい姿をしています。

スナップえんどう

アメリカから入ってきた品種で、グリーンピースをさやごと食べられるように改良したものであり、甘みが強く人気が高いです。

砂糖さや

さやえんどうを改良し、中の豆を大きくしたものであり、糖度が高くなっています。

さやえんどうの旬

旬のカレンダー
さやえんどうの旬
さやえんどうは、ハウス栽培があり1年中出回っていますが、春から初夏が旬になります。

関東以南では春に収穫があるので春が旬であり、北海道や東北では初夏~夏に収穫されるので夏が旬になります。

国内生産は数量が限られているので、旬の時期を過ぎると中国からの輸入物が増えます。

さやえんどうの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

鹿児島県
全国収穫の18.1%の構成比 4,670t
和歌山県
全国収穫の13.0%の構成比 3,350t
愛知県
全国収穫の5.5%の構成比 1,430t

寒冷地で栽培されたものは5月~10月に、暖地や温暖地のものは10月から翌春まで収穫されていて、ほぼ周年出まわっています。

年間を通じて中国からの輸入ものもあります。

さやえんどうの上手な選び方

  • 全体が鮮やかな緑色で、ハリがあるもの。
  • ヒゲが白っぽくピンとしているもの。
  • 触ってみて豆が感じられないほど薄いもの。
  • 両端のヒゲが茶褐色なものは鮮度が悪くなっています。
  • しなびているものは収穫から時間がたっているので避けたほうがいいです 。

さやえんどうの食べ方

さやえんどうの調理法さやえんどうは、彩りや季節感を出すために飾りとしてよく使われています。
揚げ物やあえもの・ちらし寿司や煮物・みそ汁などさまざまな料理に使われていますが、洋風料理ではさっとゆでてサラダに加えたり、中華料理では炒めものやスープなどに使われています。
塩を入れてさやえんどうをサッとゆでてから、バターや植物油で炒めるのがおススメの調理法になります。

筋は口当たりが悪いので、ヘタの部分を指先で折りさやの先に向かって筋を引いて取るといいですが、最近は昔ほど筋が気にならなくなったので、無理にとらなくても大丈夫です。

さやえんどうは乾きがちなので、使う前に水に2~3分つけてから調理すると食感がシャキッとします。
ゆでるときは短時間でさっと引き上げ、風にあてるか氷水に入れるとよく、調理する前に冷水につけると、水分を含んで素材が生き返りパリっとした食感になります。

さやえんどうに豊富に含まれているビタミンCは、水に溶けやすく熱に弱い性質があります。
そのため、ゆですぎなど火を通しすぎるのは禁物になります。
煮物などの場合は、火を止めてから加えるようにすると、栄養面でも味わいの面でも良いといえます。

さやえんどうの保存法

生のさやえんどうは、乾燥しないようにビニール袋に入れると、冷蔵庫で1週間くらいは保存できます。

新鮮なうちに塩ゆですれば冷凍保存することもでき、使う時は熱湯で戻すか、凍ったまま調理するといいです。

 
●関連記事:さやえんどうの栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。