梅干し茶は昔ながらの特効薬

梅干し茶の効果・効能

風邪・肝臓病・高血圧・二日酔い

梅干し茶の作り方

  1. 梅干しのタネを取り除き、はしで梅肉をつぶす
  2. 熱いお茶を注ぎ、よくかき混ぜてから飲む

※ 飲みにくいと感じたら、砂糖を少量加えるといいです。

梅干し茶とは?

番茶

梅干しは、昔から多くの健康効果があることで知られ、実際にさまざまな方法で活用されています。
その中でも、今も広く知られ、さまざまな効果が期待できる梅干し茶があります。
これは、梅干しとお茶を組み合わせたものであり、昔から健康を保つための飲み物として利用されてきました。

その効能は実にさまざまで、疲労回復や頭痛・肩こり・胃痛・食あたり・下痢・嘔吐・食欲不振・風邪など幅広く用いられます。

梅干し茶を飲むと、冷えたからだがよく温まり、発熱をおさえるので、風邪によく効きます。
また、梅干しには肝臓の機能を高める強いはたらきがあるので、梅干し茶を飲むと、二日酔いの症状も軽くなります。

それと、高血圧の予防にも効果があり、胆石症の痛みをやわらげるというはたらきも期待できます。

梅干し茶の飲み方

梅干し茶は、梅干しの薬効と、胃腸にやさしいお茶の作用をうまく利用したもので、梅干しとお茶は味の相性がよく、梅干しの酸味が苦手なかたにも飲みやすいという利点があります。
ただ、継続的に飲む場合には、毎日飲むよりも4~5日続けると1日休むというペースがいいです。

毎日飲み続けると、からだが慣れて効果が落ちてきますので、ときに休みを入れることがコツになります。
ちなみに、梅干しの塩分については、あまり心配する必要もないと思います。

最近では、減塩のものもたくさん出ていますから、血圧が気になるという人は、減塩の梅干しを使用して下さい。
ただ、食あたりや胃痛などの症状に梅干し茶を使用する場合は、梅干しは減塩のものではなく、しっかりと塩分を含んでいるものをおすすめします。
梅に含まれているミネラルとクエン酸には、体温を上げて代謝を高めるはたらきがあるため、梅干し茶を飲み続けると、太りにくい体質に変わっていきます。

スポンサーリンク

梅干ししょう油茶の効果・効能

腰痛・肩こり・めまい・疲労回復

梅干ししょう油茶の作り方

  1. 種を取り除いた梅干しの果肉を湯のみに入れ、しょう油を2、3滴たらす。
  2. はしで果肉を細かく切るようにつぶしながら、よく混ぜる。
  3. 熱いお茶を注ぎ、さらによくかき混ぜると出来上がりです。(好みでハチミツや砂糖を加えてもいいです)

梅干ししょう油茶とは?

しょう油

めまいを起こした時や、疲れがたまってからだがフラフラするような時に、梅干ししょう油茶を飲み安静にしていると、症状は軽くなります。

梅干し茶に加えるしょう油は、疲労回復に役立ち、胃腸を整えるはたらきがあり、食欲増進の効果が期待できます。
また、しょう油は気分の悪さを消すのに大変有効であり、胸がむかむかする時には、お茶にしょう油をたらして飲んだりしています。

それと、梅干しに含まれるクエン酸には、全身の新陳代謝をよくするはたらきがあり、梅干ししょう油茶を飲むことによって、からだ全体の状態が良くなり、めまいが改善されます。

梅干しショウガ茶の効果・効能

肝臓病・貧血・胃痛・風邪、せき

梅干しショウガ茶の作り方

  1. 洗って皮をむいたショウガを、おろし金ですりおろす
  2. ガーゼで①のショウガをしぼり、梅干しの4分の1ぐらいの量のしぼりじるを作る
  3. ショウガのしぼり汁が入った湯のみに、熱いお茶を注ぐ
  4. ③のお茶の中に梅干しを入れて、はしですりつぶすように混ぜる
  5. 種を取り出して飲む。(好みでハチミツか砂糖を加えてもいいです)

梅干しショウガ茶とは?

ショウガ番茶

梅干しショウガ茶は飲むととてもからだが温まり、風邪・せき・胃痛・胃もたれ・下痢・食欲不振の改善によく効き、貧血や肝臓病にも効果があります。
特に、熱や胃腸の痛み・口の渇きなどには即効性があり、毎日続けて飲んでいると、貧血や肝臓病の改善や予防に大変有効です。

梅干しには、解熱作用や消炎作用がありますが、これにショウガの解熱作用と消炎作用や保温効果が加わって、風邪を徹底的に追い出してくれます。

梅とショウガは、どちらにも胃を丈夫にするはたらきがあり、お茶は整腸作用が強く、おなかにやさしいので安心して飲めます。

おなかの調子が悪い時によくおかゆを食べますが、このときに、梅干しやショウガのしぼり汁・お茶などを加えて食べると、胃腸の調子は大変よくなります。

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。