ししとう(しし唐辛子)の栄養や効能・カロリーとは?特徴や食べ方も♪

ししとうの栄養

ししとうの栄養と効能

ししとうは、丸ごと食べることができるので栄養を簡単に摂ることができ、夏バテや心身の疲労回復・食欲増進効果などが期待できる野菜になります。

ししとうに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ビタミンC

ビタミンCが豊富に含まれていて、ハリのある肌をつくったり、ストレスの害から体を守ったりする働きがあります。
また、免疫力を高め風邪などの感染症を予防する効果なども期待できます。

ビタミンCの抗酸化力によるがん予防・老化抑制などの効果は、ビタミンAやビタミンEの多い食材と組み合わせることでさらにアップします。
金網などを使って素焼きで食べるときは、大根おろしといっしょに食べるとよく、大根おろしに含まれているビタミンCと、ししとうに含まれているビタミンCの相乗効果により、効果がよりアップします。

カプサイシン

とうがらしに多いカプサイシンが含まれていて、新陳代謝を活発にすることから、ダイエットに効果があるといわれています。
また、脂肪やグリコーゲンを燃焼させ体熱を上げる働きがありますので、血行をよくして、肩こりや腰痛の解消や冷え性の改善にも役立つとされています。

β-カロテン

β-カロテンが含まれていて、抗酸化作用による老化防止などの効果が期待できます。
β-カロテンは油で調理することによって、吸収率が高まり、さらに青くささもやわらいで風味がアップします。

その他

食物繊維が豊富に含まれていて、血圧が高めの人やむくみがちな人・便秘症の人に対しての効果が期待できます。
ししとうの青臭さはピーマンと同じピラジンであり、血液をサラサラにする効果が期待できます。
カリウムが含まれていて、塩分バランスを調整し利尿を促す作用があり、血圧の安定・むくみ予防・高血圧の予防効果などに期待がもてます。

ししとうの主な効能

血行促進・肥満予防・強請、強壮効果・消化吸収促進・老化抑制・動脈硬化の予防・コレステロールの上昇抑制・便秘の予防、改善

ししとうの主な栄養成分

ビタミンC・食物繊維・ピラジン・β-カロテン・カリウム・カプサイシン

ししとうの栄養を強化する食べ合わせ

ししとう+がんもどき

がんもどきには鉄が豊富に含まれていますが、ししとうに含まれているビタミンCが鉄の吸収を高めてくれるので、いっしょに摂取すると貧血の予防に対する効果が期待できます。

ししとう+鶏肉

ししとうに含まれているβ-カロテンやビタミンCには抗酸化作用があり、鶏肉に含まれているたんぱく質にはしなやかな血管をつくる働きがあるので、いっしょに摂取すると、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

ししとう+レモン

ししとうと同様、ビタミンCが豊富に含まれているレモン汁をかけて食べることで、ビタミンCやミネラル類を効率よく摂ることができます。

スポンサーリンク

ししとうの特徴

ししとうとうがらしは世界中に500以上の品種があり、甘味種(かんみしゅ)と辛味種(からみしゅ)の2タイプに分かれていますが、ししとうは、とうがらしの仲間の内、辛味の少ない甘味種(かんみしゅ)に属する品種で、甘味種にはししとう・ピーマン・パプリカなどがあります。

南米が原産とされていて、先端が獅子の形に似ていることからこの名前がついています。
16世紀に辛い品種のものが日本に伝わり、明治時代になって辛味のない品種に改良され、昭和になってから一般に広まるようになりました。

まれに辛い実がありますが、見た目では判断できないため、食べ物界のロシアンルーレットと呼ばれています。

伏見トウガラシ

京都の伏見を中心に栽培されてきた京野菜であり、焼いてからかつお節としょうゆで食べると美味しいです。

万願寺トウガラシ

京都府の万願寺地方で栽培されていて、10cm以上の大型であり、果肉は厚めで辛味のない唐辛子です。

辛いししとうはなぜあるの?

受粉時に高温だったり、水分が不足していると、ストレスにより辛くなってしまうようです。

ししとうの旬

旬のカレンダー
ししとうの旬
ししとうは、温室で栽培されたものが1年中出まわっていますが、6月~9月が旬になります。

夏の暑い時期に栽培された旬のししとうは特に美味しくなっています。

ししとうの産地

高知・千葉・和歌山県などです。

ししとうの上手な選び方

  • ヘタがしっかりしているもの。
  • 鮮やかな緑色でツヤとハリがあるもの。
  • しわがあったり、果肉が硬いものは避けたほうがいいです。
  • 軸の部分が黒くなっているものは、鮮度が落ちているので避けたほうがいいです。

ししとうの食べ方

ししとうの調理法ししとうは、焼く・煮る・揚げるなどいろいろな調理法がありますが、ビタミンの損失を防ぎ美味しく仕上げるためには、強火でサッと過熱するのがポイントです。
また、ステーキやレバーなど、肉料理のつけ合わせに適しています。

緑が濃いものほどβ-カロテンが豊富であり、油で調理すると吸収率や風味がアップし、青臭さがやわらぎます。
β-カロテンは油脂に溶け込んで吸収される成分で、ししとうのビタミンCは加熱によって壊れにくいため、炒め物や揚げ物にすると有効成分を効率よく摂ることができます。

調理する際に小さな穴をいくつか開けておくと、加熱した時に実が破裂するのを防ぐことができます。

ししとうの保存法

ししとうを新聞紙で包んだ後、ポリ袋に入れ、冷蔵庫で保存するといいです。

4~5日で使い切れない場合は、ヘタを取り冷凍保存しておくと、解凍せずにいつでも使うことができます。

ししとうのカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

27kcal

10%

91.4g

1mg

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

340mg

11mg

21mg

34mg

亜鉛

マンガン

0.5mg

0.3mg

0.10mg

0.18mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

0

4μg

4μg

1.3mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.07mg

0.07mg

1.4mg

0.39mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

33μg

0.35mg

4.2μg

57mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。