うどの特徴や旬・産地・選び方・栄養・効能・食べ方・カロリー

うど

うどの特徴

うどは、東アジアが原産で、日本や中国・朝鮮半島などに自生している野菜です。

若葉・つぼみ・芽・茎の部分を食用としますが、野生のものと栽培されたものがあります。
野生のものは緑色をしていますが、栽培されているものは地下で育てるので、全体的に白い色をしています。
一般的にうどと呼ばれるものは、太陽の光が当たらない室(むろ)で軟化栽培したものになります。

江戸時代になると、白く長いうどが栽培されるようになりましたが、それまでは、山野に自生していた若い芽を摘んで食べていました。
独特な香りとシャキッとした歯ざわりが特徴であり、関東ローム層が栽培に向いているので、今では東京の名産品になっています。

うどは1~2mほどであり、風がなくてもゆらゆら揺れています。
ここから、見かけが大きいだけで役に立たない人を、ウドの大木とあらわすようになりました。

やまうど(山独活)

やまうどのほうが、普通のうどより香りもアクも強くなっています。
以前は山野に自生するものをやまうどと呼んでいましたが、現在では栽培されたもののことを指します。

うどの旬

旬のカレンダー

うどの旬
天然物のうどは、収穫できる時期が短く、3月~5月が旬になります。
この時期に獲れるうどは春うどと呼ばれ、香りがよく、やわらかいものになります。
南のほうが旬が早く、3月ごろから旬が始まり、関西から本州は4月ごろ、東北では5~6月初旬ごろが旬になります。

うどは、東北地方が主な産地になるのですが、東北地方での出荷が始まると、初夏が始まったともいえます。
また、11~2月ごろに獲れるうどは寒うどと呼ばれています。

うどの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成22年統計 参照)

栃木県
全国収穫の34.6%の構成比 1,205t
群馬県
全国収穫の27.7%の構成比 962t
秋田県
全国収穫の9.3%の構成比 322t

群馬・栃木・東京などで栽培されたものが1年中出まわっています。

うどの上手な選び方

  • 全体的にうぶ毛が生えていて、みずみずしいもの。
  • 持った時にずっしりと重いもの。
  • 穂先がピンと張っているもの。
  • 丈が短く、切り口から先まで同じ太さのもの。

スポンサーリンク

うどの栄養と効能

うどの栄養うどは、低カロリーで比較的食べやすい野菜なので、ダイエットにおススメの食べ物になります。
90%以上が水分で、けっして栄養価が高い野菜ではありませんが、さまざまな成分が含まれている野菜になります。

うどは、生のまま食べたほうが栄養素を効率よく摂ることができますが、生ではそれほど多く食べることはできないので、量を食べたいのであれば、油炒めやてんぷらなど、加熱した調理がおススメになります。

うどに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ポリフェノール

うどを切ったまましばらく置いておくと茶色く変色しますが、これはファイトケミカルの一つであるポリフェノールを含んでいるからになります。
ポリフェノールには、強い抗酸化作用と免疫細胞を元気にする働きがあるので、体内の活性酸素を除去し、がんや動脈硬化の予防に役立つと考えられています。

ビタミンC

ビタミンCが含まれていて、肌の新陳代謝を活性化する働きがあるとされています。
ビタミンCをムダなく摂りたいのであれば、加熱せずに生のまま食べたほうがいいです。

ジテルペンアルデヒド

香り成分であるジテルペンアルデヒドには、血液循環をよくして体を温める作用があるので、冷え性の改善に対しての効果が期待できます。

その他

アスパラギン酸が豊富に含まれていて、新陳代謝を高める作用があるので、疲労回復に対しての効果が期待できます。
フラボノイドが含まれていて、抗酸化作用があり、老化やがんの予防に有効とされています。

クロロゲン酸が含まれていて、抗酸化作用があり、活性酸素を除去して、細胞を若々しく保ってくれます。
カリウムが含まれていて、体内の余分なナトリウムを体外に排泄する働きがあるので、高血圧の予防・改善に対しての効果が期待できます。

食物繊維が豊富に含まれていて、便秘の予防や改善に対する効果が期待できます。
この他、脳神経を正常に働かせるのに役立つナイアシンや、細胞の材料になったりエネルギーをつくる補助の働きをしてくれる葉酸なども含まれています。

漢方では、根が生薬の「独活(どっかつ)」として使われていて、解熱や神経痛の緩和に効果があるとされています。
また、民間薬として、乾燥したうどを煎じて、風邪の初期症状の発汗・解熱・頭痛や歯痛などに用いられています。

うどの主な効能

疲労回復・便秘の予防、改善・血行促進・神経機能の維持

うどの主な栄養成分

ジテルペンアルデヒド・アスパラギン酸・カリウム・ナイアシン・葉酸・食物繊維・フラボノイド・クロロゲン酸・鉄・ビタミンB2

スポンサーリンク

うどの栄養を強化する食べ合わせ

うど+ニンジン

ニンジンに豊富に含まれているβ-カロテンが、うどのビタミンB2やビタミンCと共に、免疫力をアップします。

うど+油揚げ

良質なたんぱく質、脂質であるレシチン・リノール酸が含まれている油揚げと組み合わせることで、栄養のバランスがよくなります。

うど+抹茶

抹茶にも、うどと同じくポリフェノール(タンニン・カテキン)が含まれていて、いっしょに摂ることで、ポリフェノールの効果が倍増します。
うどの天ぷらに抹茶塩を添えるといいです。

うどの食べ方

うどの調理法うどは、煮もの・炒めもの・汁ものなどに使われていますが、生のままサラダや酢味噌和え・きざんでちらし寿司などにしても美味しいです。

アクが強いので、先に酢水を用意し、皮を厚めにむいたら、すぐ酢水につけ5分ほどおくといいです。
煮魚といっしょに煮る場合は、うどをアク抜きしたあとせん切りにして、器に煮魚をのせ、その手前にうどのせん切りを盛り付けていくと、きれいに仕上がります。

また、香りとサクサクした食感を楽しむものなので、炒める時にはあまり火を通し過ぎないほうがよく、厚めにむいた皮は、捨てずにきんぴらにすると美味しいです。

うどの保存法

うどは、光にあたると固くなるので新聞紙などに包んで保存し、早めに使い切るほうがいいです。
香りがなくなるので冷凍には向いていないです。

うどのカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

18kcal

35%

94.4g

微量

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

220mg

7mg

9mg

25mg

亜鉛

マンガン

0.2mg

0.1mg

0.05mg

0.04mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

微量

0

0

0.2mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.02mg

0.01mg

0.5mg

0.04mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

19μg

0.12mg

0.5μg

4mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。