甘鯛(アマダイ)の種類や特徴とは?旬や栄養・食べ方なども紹介♪

アマダイの種類

アカアマダイ

アカアマダイ別称・方言
アマダイ/オキツダイ(静岡)・クジダイ(富山・石川・福井)・グジ(京都)・ビタ(高知)・コビル(鳥取・島根県松江)・アカコズナ(長崎)・イヅキン(沖縄)

名前の由来
アマダイという名前の由来は身に甘みがあることからです。

特徴
アカアマダイはアマダイ科の海水魚であり、本州中部以南から南シナ海にかけて分布していますが、日本海に多いです。
体長約35cmであり、水深20~160mの砂泥底に穴を掘って生息しています。

アマダイといえばふつうアカアマダイをさし、産卵期は6~10月になります。
甲殻類・ゴカイ類・イカ類・クモヒトデ類などを捕食しています。

アマダイは、タイの仲間ではありませんが、マダイよりもはるかに高値であり、高級魚で身は白身で淡白でありやわらかく、関西ではアマダイにひと塩したものをグジと呼び、京料理にはかかせないです。

シロアマダイ

シロアマダイ別称・方言
シラカワ/ドウマ(和歌山)・シロクジダイ(日本海沿岸)・シラ(高知)・シラクツナ(長崎)・ムラサキクヅナ(奄美大島)

名前の由来
シロアマダイという名前の由来は、アカアマダイに比べて体色が白っぽいからです。

特徴
シロアマダイはアマダイ科の海水魚であり、本州中部以南・釜山・南シナ海・フィリピンに分布しています。
アマダイの中で最も浅い水深30~100mに砂泥底に生息していて、体長約30~40cmであり、最も大きくなると60cmに達することもあります。
海底に穴を掘って生活し、寿命は8~9年ほどで産卵期は12~5月・旬は11~4月になります。

アマダイ類中最も美味しいとされており高値で取引されていますが、アカアマダイより脂が多く、中国からの輸入もあります。

キアマダイ

キアマダイ別称・方言
キンアマ(江ノ島)・キンビタ(高知)・キンクズナ(長崎)・ムラサキクズナ(鹿児島)・アマミ-(沖縄)

名前の由来
キアマダイという名前の由来は体色が黄色くなっているからです。

特徴
キアマダイはアマダイ科の海水魚であり、本州中部以南から東シナ海・台湾の沿岸に分布しています。
全長約30cmであり、深さ30~300mの海底の砂底に穴を掘ってすんでいます。
アカアマダイより深いところに生息していて、漁獲量は少なく旬は冬になります。

スポンサーリンク

アマダイの旬

旬のカレンダー
アマダイの旬
アマダイは、産卵後、体力が回復した11~3月の寒い時期が旬になります。
これは数種類いるアマダイすべてに共通しています。 

アマダイの産地

山口・福井・長崎県などが産地ですが、近年では中国や韓国の輸入物が増加傾向にあります。

アマダイの上手な選び方

  • 目が澄んでいて、エラが鮮やかな赤色のもの。
  • 魚体にハリがあり、お腹がやわらかくないもの。
  • ウロコが簡単に落ちるようなものは避けたほうがいいです。

アマダイの栄養

アマダイは、低脂肪であり、消化のいい良質なたんぱく質や、カルシウム・DHA・EPAなどが含まれています。
カルシウムは、骨や歯の強化に必要な栄養素で、骨粗しょう症の予防に対しての効果が期待できます。
DHAは、脳や神経組織の発育に対して必須の栄養素で、学習能力や記憶力が高まるとされています。
EPAは、血管を拡張して血行をよくする働きや、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす働きなどがあります。

また、味覚障害を防ぎ新陳代謝を促す亜鉛や、血液の合成を促し動脈硬化や骨粗しょう症を予防するなども含まれています。

アマダイの食べ方

アマダイは、繊細で上品な甘さが特徴であり、焼き物・揚げ物・蒸し料理・汁物とさまざまな調理に使われています。
ただ、水分が多く鮮度が落ちやすいので、生食には向いていないです。

ちょっと珍しい食べ方がウロコ揚げであり、その名の通りウロコを揚げた料理です。
また、京料理の代表格である若狭焼きも、ウロコがついたままなことで有名であり、とても美味しいです。

アマダイのカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

113kcal

50%

76.5g

73mg

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

360mg

58mg

29mg

190mg

亜鉛

マンガン

0.3mg

0.3mg

0.02mg

微量

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

41μg

75μg

0

1.3mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.04mg

0.06mg

1.5mg

0.08mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

6μg

0.43mg

1.7μg

1mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 

関連記事

コメントは受け付けていません。