蜆(シジミ)の種類や特徴・食べ方

シジミの種類

ヤマトシジミ

ヤマトシジミ別称・方言
ニッポンシジミ・サドシジミ

特徴
ヤマトシジミは、シジミ科の二枚貝であり、各地の河口や海水の入り混じるところに生息しています。
全長3cm前後であり、市場に出回るシジミで最も流通量が多いです。
食用としてのシジミの歴史は古く、縄文時代から利用されていたことが貝塚の発見によって知られていて、佃煮などにして古くから食べられています。

夏に味がよくなるので土用しじみともいい、みそ汁の具材としてはアサリと並んで知られている貝になります。

セタシジミ

セタシジミ名前の由来
セタシジミという名前の由来は、大津市瀬田で多く穫れたからであり、シジミ類の中で最高級品となっています。

特徴
セタシジミは、シジミ科の二枚貝であり、琵琶湖の特産種です。
プランクトンや浮遊有機物を食べていて、産卵期は6~10月頃になります。

シジミの日本の在来種は、汽水域に分布するヤマトシジミと淡水域に分布するマシジミ・琵琶湖の固有種であるセタシジミの3種類になります。
味はセタシジミが最も美味しいとされていて、次いでヤマトシジミ・マシジミが美味しいとされています。

シジミの旬

1月~2月の厳寒期が寒シジミ・8月が土用シジミといわれているように、旬は冬と夏の2回あります。 

シジミの産地

農林水産省(平成24年漁業・養殖業生産統計)参照

青森県
全国漁獲の44.1%の構成比 3,457t
島根県
全国漁獲の23.9%の構成比 1,873t
茨城県
全国漁獲の6.4%の構成比 502t

日本では生息していなかったタイワンシジミ類を輸入したところ、日本の各地で繁殖してしまったので、急激にマシジミが減少しています。

近年では、台湾や中国・韓国・ロシアなどからの輸入物も増えています。

シジミの上手な選び方

  • 生きているもの。
  • 丸みを帯びているもの。
  • 殻にツヤがあり、黒色が濃いもの。
  • ふたがしっかり閉まっているもの(鮮度が落ちると閉まる力が弱くなります)。

シジミの食べ方

シジミの調理法シジミは、生では食べることができないので、必ず火を通してから食べる必要があります。

シジミは、淡水にすんでいるので砂抜きは真水で行うのがよく、砂をはかせないと食感が悪くなるので、真水につけて4~5時間かけて砂をはかせるといいです。
生のシジミには、ビタミンB1を分解する酵素があるので過熱するほうがいいのですが、加熱のしすぎは香りや風味を損なうので注意が必要になります。

美味しい出汁がでるため、みそ汁の具としてよく利用されていますが、肝臓の機能を高めるとされている味噌と合わせると相乗効果があるので、疲労回復や二日酔いにはピッタリになります。
また、みそ汁だと、溶け出したうまみやビタミンB1などの栄養分を丸ごと摂ることができます。

シジミに多く含まれている鉄は、ビタミンCといっしょに摂ると吸収率が高まるので、ビタミンCを含む食材といっしょに摂るといいです。

参考記事:ビタミンCの効果・効能や多く含む食べ物とは!?

シジミの保存法

シジミは、真水で砂抜きをして水を切り、ビニール袋に入れて冷凍することが可能です。
解凍せず凍ったまま加熱調理することができるので便利であり、砂抜きした後すぐに冷凍すればうまみ成分がアップします。

 
●関連記事:蜆(シジミ)の栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。