鱚(キス)の旬の時期は?特徴や栄養・効能なども紹介♪

キス

キスの旬

旬のカレンダー
キスの旬
キスは、一年を通じて味の変化が少ない魚であり、産卵を控えた初夏~夏位が旬になります。

キスの特徴

別称・方言
キス/アカ・アカギス(徳島)・キツゴ(長崎)・キスゴ(西日本各地)

特徴
キスには、シロギスとアオギスがありますが、味が良く、一般に流通しているのはシロギスになります。
シロギスは、キス科の海水魚であり、北海道南部以南から台湾まで分布しています。
沿岸の砂底または砂泥底に生息し、通常は海底10~15cm上方までの範囲にいます。
体長10~25cmほどであり、警戒心が強く、危険を感じると砂の中にもぐる習性があります。

砂底のゴカイなどの環形動物や甲殻類を捕食していて、産卵期は6~9月であり、水温が22~30℃の時に数十回にわけて70万~200万の卵を産みます。
20cmに成長するのに5年かかるといわれていて、大型のシロギスは特に手に入りにくくなっています。

シロギスは全国に分布している魚であり、手軽な釣りの対象魚として人気が高いです。
江戸前天ぷらでは代表的な魚で、お吸い物にもなります。

ほとんどの仲間は海岸付近の砂底で生活していて、海のアユといわれるぐらいほっそりとした姿が美しい魚になります。
繊細で美しく透き通った身をもち、もともとは江戸前の代表的な魚のひとつとして庶民に親しまれてきた魚なのですが、今や高級魚として人気が高くなっています。

キスの産地

キスは、日本各地に分布している魚になります。
近年は、沿岸環境の悪化のため漁獲量は大幅に減少していて、7~8月の産卵期を禁漁にしている地域もあるほどです。

スーパーなどに並んでいるのは、南半球や東南アジアからの輸入された近縁種が多いです。

キスの上手な選び方

  • 目が澄んでいて、身に透明感があるもの。
  • うろこが銀色に光り、たくさんついているもの。
  • 新鮮なものは体の側線がはっきりしています。
  • 15cm程度の小ぶりのものが美味しいです。

スポンサーリンク

キスの食べ方

キスの調理法キスは、刺身や焼き魚・酢の物・干物など、どんな料理にも合います。
また、丸のまま塩焼きにしたり、背開きにして天ぷらやフリッター・ムニエルなどにしてもよく、バターによく合うので、キノコ類といっしょにホイル焼きにしても美味しいです。

刺身にする場合は、3枚におろして食べやすい大きさに切るといいです。
天ぷらにする場合は、天つゆの代わりに塩や抹茶塩・レモン汁などをしぼっても美味しく食べることができます。

鮮度が落ちやすい魚なので、下ごしらえは素早く行うほうがいいのですが、小さい上にウロコが硬いので、料理をするのにやや手がかかる魚になります。

キスの栄養と効能

キスの栄養キスは、高タンパクで脂肪が少なく低カロリーなのであり、ほとんどが水分とたんぱく質なので消化がよく、胃腸の調子が悪い時でも食べやすい魚になります。
リジンやグルタミン酸が豊富に含まれているので、あっさりとした味が特徴になっています。

カルシウムを含んでいて、骨や歯を丈夫にし、骨粗しょう症を予防する効果が期待できます。
また、カルシウムの吸収をよくするビタミンDも豊富に含まれていて、骨ごと食べれば、カルシウムとビタミンDをより多く摂ることができます。

キスの主な効能

骨や歯の健康維持・骨粗しょう症の予防・高血圧の予防や改善・精神安定作用

キスの主な栄養成分

リジン・グルタミン酸・カルシウム・ビタミンD

キスのカロリー(kcal)

キスのカロリーは85kcalであり、カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材になります。(※ 可食部100gあたり)

他の魚介類のカロリーは以下のようになっていますが、他の魚介類と比べるとカロリーは低くなっています。

  • アジ・・・126kcal
  • サンマ・・・297kcal
  • カレイ・・・95kcal
  • サバ・・・247kcal
  • タラ・・・77kcal

      

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。