イサキの旬の時期は?種類や特徴・栄養なども紹介♪

イサキの旬

旬のカレンダー
イサキの旬
イサキは、春から夏が旬であり、特に梅雨の時期には脂がのって美味しくなります。
麦の収穫時期でもあるので、旬のイサキはムギワライサキともいわれています。
旬のイサキは脂がのっているので、刺身がおススメの食べ方であり、タイをもしのぐと美味しさと評されています。

また、イサキは味の落ちる期間が短いため、比較的いつでも美味しい魚になります。

イサキの種類

イサキ

いさき 写真別称・方言
ハカタイサギ(相模湾)・コシタメ(静岡県静浦)・カジャコロシ(和歌山)・イセギ(高知)・ハタザコ(鹿児島)・クチグロマツ(奄美)

名前の由来
イサキという名前は、磯に棲むという磯魚(イソキ)、または幼魚のしま模様にちなんだ班魚(イサキ)に由来するといわれています。

特徴
イサキは、イサキ科の海水魚であり、沖縄を除く本州中部以南から南シナ海に分布しています。
体長約40cmで、おもに朝と夕方にプランクトン性の小形甲殻類を食べています。
旬の時期と産卵が重なっている魚で、産卵期には群れをなす習性があるため大漁になることも多いです。

天然物は近年高級魚として扱われていますが、養殖物は比較的値段も安くなっています。

シマイサキ

シマイサキ別称・方言
シマイサギ/オオノオノコ(新潟)・タカバ(石川)・ホラフキ(和歌山)・ウタウタイ(京都府由良川・舞鶴)・トウトウ(高知)・シキウオ(鹿児島)・イッサキ(壱岐・有明海・玄海)・クーレ-(沖縄)

名前の由来
シマイサキという名前は、イサキに似てしま模様があるということから由来するといわれています。

特徴
シマイサキは、シマイサキ科の海水魚であり、本州中部以南・台湾・中国・フィリピンなどに分布しています。

体長は20~30cmくらいであり、内湾や河口域ときには淡水域に群泳します。
肉食性であり、底層または水底の小形の甲殻類・ゴカイ類・魚類などを食べています。
産卵期は春から夏であり、海で産卵します。

大きい物は刺身にするとよく、小さいものは塩焼きや煮付けにすると美味しいです。

イサキの産地

イサキは、本州の中部より南に分布していて、伊豆七島や長崎などが代表的な産地です。
鹿児島や大分では年間を通じて捕獲されており、最近では年中みることができるようになりました。

イサキの上手な選び方

  • 目が黒く澄んでいるもの。
  • 全体的に厚みがあるもの。
  • 濡れたように光っているもの。
  • カラダにハリがピンとあるもの。
  • 身が硬いもののほうが脂ののりがいいです。

スポンサーリンク

イサキの食べ方

イサキの調理法イサキは、あっさりとした上品な味わいで、刺身や煮付け・から揚げなど、どんな調理法にも適している魚になります。
新鮮で大きいものはあらいがおススメですが、3枚におろしてムニエルやフライなどにしても美味しいです。
小型のイサキなら塩焼きにするのがよく、磯の香りとほのかな甘味が作用し合って美味しくなりますが、イサキは小型でも骨がかたいので、注意しながら食べたほうがいいです。

夏になってくると脂がのってきますし、皮が硬い分、焼くと皮のうま味が強く出るので、古くから夏の塩焼き魚としての定番でしたが、最近はむしろ刺身に人気が出てきています。
旬の時期は刺身にされることも多く、皮に独特の風味があるので、焼き切りという皮をあぶる刺身に人気があります。
また、食べているエサによって味が変わるといわれていて、海苔などの海藻を食べて育ったイサキよりも、エビや小魚を食べて育ったイサキのほうがより美味しいとされています。

「伊佐幾(いさき)のさばき方」紹介動画はコチラ
↓ ↓ ↓

イサキの栄養と効能

イサキイサキは、低脂肪・低カロリー・低コレステロールであり、たんぱく質が豊富に含まれている魚になります。

ビタミンDが含まれていて、カルシウムの吸収をよくし、骨や歯を丈夫にする効果が期待できます。
摂りすぎたナトリウムを排出する効果があるカリウムが豊富に含まれていて、高血圧の予防・改善に対する効果が期待できます。

皮膚や粘膜を健康に保ち、視力回復に効果のあるビタミンAが含まれています。
からだの酸化を防ぎ、毛細血管を若々しく保つ作用のあるビタミンEが含まれています。

DHAやEPAが豊富に含まれていて、動脈硬化の予防や生活習慣病を改善する効果や、脳を活性化して集中力や記憶力を高める効果が期待できます。

イサキの主な効能

老化抑制・高血圧の予防、改善・皮膚や粘膜の保護・動脈硬化の予防

イサキの主な栄養成分

ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・カリウム・DHA・EPA

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。