赤貝(アカガイ)の種類や旬・産地・栄養・食べ方・カロリー

アカガイの種類

アカガイ

アカガイ別称・方言
ホンアカ・ホンダマ

名前の由来
アカガイという名前は、身を切ると赤い血が出ることから由来していて、この赤さは人間の血液と同じヘモグロビンによるものになります。

特徴
アカガイは、ツネガイ科の二枚貝であり、北海道南部から九州・朝鮮半島にかけて分布しています。

ハマグリやアサリのような長い水管をもっておらず、内海や内湾の深さ10~50mの泥底に生息しています。
全長7~12cmになり、砂泥中の有機物やプランクトンを食べています。

市場ではタマと呼ばれていて、見た目が似ているサトウガイと区別するためにホンダマと呼ばれることもあります。

サルボウガイ

別称・方言
エテボウ・モガイ・アマモガイ・ツメキリガイ・サルボ

名前の由来
サルボウガイという名前は、肉の色が猿のほほのように赤いことから由来しています。

特徴
サルボウガイは、フネガイ科の二枚貝でアカガイに似ていますが、それより小形であり、東京湾から九州・朝鮮半島・中国沿岸に分布しています。

鮮度のいいものはアカガイの代用としてすし種にしますが、味は劣るので、通常は煮つけや佃煮にしています。

サルボウガイの旬は冬から春にかけてになります。

アカガイの旬

旬のカレンダー
アカガイの旬
アカガイの旬は冬から春にかけてであり、春先に産卵するので、栄養を蓄えるこの時期がもっとも美味しくなります。

産卵後は、身が細り味が落ちてしまうので、夏のアカガイは美味しくないです。

アカガイの産地

アカガイのおもな産地には、東京湾・伊勢湾・瀬戸内海・有明海などがありますが、数は少なく、国産物はあまり流通していないです。

最近では、稚貝の養殖も盛んになってきていますが、まだまだ少なく、スーパーなどには韓国や中国からの輸入物が多く出回っています。

アカガイの上手な選び方

  • カラがよくふくらんでいるもの。
  • 手に取ったときに重みがあるもの
  • 殻の表面に毛が残っていて、ひだが多く、色が濃いもの。
  • むき身の場合は、身を叩くと盛りあがるもの。
  • 身が美しい赤色であり、透明感があってみずみずしいもの。

スポンサーリンク

アカガイの栄養

赤貝の調理法アカガイは、栄養価が高く、たんぱく質が豊富な割に脂肪が少なく、低カロリーになっています。
アカガイに含まれているたんぱく質は、筋肉や血液・皮膚などをつくっていて、健康維持に関してとても大切な栄養素になります。

が豊富に含まれていますので、貧血気味の人にはおススメの食材になります。
鉄は、ビタミンCといっしょに摂ると、ビタミンCが鉄の吸収を助けるので効率よく摂れます。
ビタミンCもヘモグロビンも熱に弱いので、アカガイは生で食べるのがいちばん栄養を摂ることができます。

粘膜や皮膚を丈夫にして肌の健康を保つビタミンAが含まれています。
タウリンが含まれていて、血中コレステロール値を下げる・肝機能を高める・アルコールを分解する酵素のはたらきを助けるなどのはたらきがあります。
亜鉛が含まれていて、味覚を正常に保つ・アルコール成分の分解・免疫力の活性化などの作用があります。

ビタミンB12が豊富に含まれていて、疲労回復に対する効果が期待できます。
グリコーゲンが豊富に含まれていて、エネルギー源として体内に蓄えられ、肝機能の強化や動脈硬化・視力低下の予防などの効果が期待できます。

この他、糖質の代謝を助けるビタミンB1や体脂肪がたまるのを防ぐビタミンB2なども含まれています。

アカガイの主な効能

貧血の予防、改善・美肌効果・肝機能の向上・疲労回復

アカガイの主な栄養成分

鉄・亜鉛・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12・グリコーゲン

アカガイの食べ方

アカガイは、貝特有の香りがありうま味が強く、新鮮なものは生きたまま調理して刺身やすし種として食べることが多いです。
酢との相性は抜群にいいので、キュウリやワカメなどと組み合わせて酢の物にすると美味しいです。
また、煮付けや佃煮にしても美味しいです。

血や内臓を取り除き、塩をもみこんで冷水でよくあらうと生臭さが消えます。

アカガイのカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

74kcal

75%

80.4g

300mg

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

290mg

40mg

55mg

140mg

亜鉛

マンガン

5.0mg

1.5mg

0.06mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

0.9mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.20mg

0.20mg

2.5mg

0.10mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

20μg

1.02mg

2mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。