カサゴの種類や特徴・旬

カサゴの種類

カサゴ

カサゴ別称・方言
アカゾイ(青森)・ハチメ(新潟・富山)・アカダシ(和歌山)・ボッカア(鳥取)・ガガニ(高知)・ガラカブ(熊本)・モアルカブ(壱岐・玄海)・アカイユ(沖縄)

名前の由来
カサゴという名前の由来は、頭部が大きく笠をかぶっているように見えることからだといわれています。

特徴
カサゴは、フサカサゴ科の海水魚であり、北海道南部以南から東シナ海に分布しています。

体長約25cmであり、体色は生息場所によって変化し、沿岸のものは黒褐色、沖合のものは赤みが強いです。
甲殻類や小魚を食べていて、孵化後満2年で体長15cm前後に達し成熟します。
市場への入荷量はそれほど多くはないですが、背開きの干物が産地のものとして流通しています。

トゲだらけの見た目のすごさからは思えないほど、中身は白く美しく味も上品です。
江戸時代には、勇ましい姿が武家に好まれ、端午の節句の祝いには欠かせない魚でした。

昔は、磯釣りの対象魚としてどこでもよく釣れ、人気がありましたが、最近では数が少なくなり、高級魚となってしまいました。

オニカサゴ

別称・方言
イバラバチメ(新潟)・キジバツメ(富山県氷見)・ガシラ(高知)・アカクジラツ・ホゴ(鹿児島)

名前の由来
オニカサゴという名前の由来は、顔が鬼のようなことからです。

特徴
オニカサゴは、フサカサゴ科の海水魚であり、本州中部以南の日本各地に分布し、沿岸の岩礁域やサンゴ礁域に見られます。

体長約20~30cmであり、体色は赤色で黒褐色の斑点がありますが、水深によって体色は変化します。

毒を持っているので、料理の際には注意が必要になります。

オニオコゼ

別称・方言
オクジ(秋田県男鹿)・アカオコゼ(東京)・オコジョ(新潟)

特徴
オニオコゼは、オニオコゼ科の海水魚であり、本州中部以南の日本各地から南シナ海北部まで分布しています。

体長約20~30cmであり、沿岸から水深200mまでの砂泥底に生息しています。
うろこはなくやわらかいですが、背びれには毒があり、刺されると激しい痛みをおぼえます。

夜行性で日中は砂にもぐり、夜間に小魚や甲殻類を捕食していて、産卵期は6~7月になります。

刺身は淡白で白身ではありますが、味に深みがあり、冬のフグ・夏のオコゼといわれ高価で取引されています。

カサゴの旬

旬のカレンダー
カサゴの旬
カサゴは、1年を通して美味しいですが、もっとも美味しくなるのが冬から春になります。

海底の荒い漁場のものは特に美味しいとされています。

カサゴの産地

日本全国の岩礁域で獲れます。  

近年は韓国からの輸入が増加し、比較的安値で出まわるようになっています。

カサゴの上手な選び方

  • 目が澄んでいるもの。
  • 腹にハリがあり、皮にツヤがあるもの。
  • エラが鮮やかな赤い色をしているもの。
  • ウロコがしっかりとしており、身がかたいもの。

スポンサーリンク

カサゴの栄養

カサゴは、高たんぱくで低脂肪のヘルシー食材になります。

歯、骨を丈夫にするカルシウムが豊富に含まれています。

ビタミンDが含まれていて、カルシウムの吸収をたすけるはたらきがあります。

カサゴの食べ方

カサゴの調理法カサゴは、頭が大きく、身が少ない魚であり、トゲがあるので調理の時には注意が必要になります。
見た目に似合わず上品な味で、白身にはうま味があり、脂がのっていながらも身が締まっているため、さまざまな料理に使われます。

刺身・煮付け・唐揚げなどが代表的ですが、洋食でのブイヤベース・アクアパッツァなどの素材としても人気があります。
小型のものはダシがよく出るのでみそ汁にするとよく、中型のものは塩焼きにすると美味しいです。
唐揚げにする場合は、身に切り目を入れて2度揚げするといいです。

アラは美味しさがあるので、鍋物やみそ汁にするといいです。

カサゴのカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

85kcal

65%

79.1g

120mg

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

310mg

57mg

27mg

180mg

亜鉛

マンガン

0.3mg

0.5mg

0.01mg

0.01mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

0.3mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.03mg

0.06mg

1.8mg

0.06mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

15μg

0.54mg

1mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。