ビタミンB6の効果・効能や多く含む食べ物とは!?

ビタミンB6の効果・効能

ビタミンB6の特徴

ビタミンビタミンB6は、皮膚炎を予防することから発見された水溶性のビタミンで、ピリドキシンともいいます。

最近では、食生活の欧米化によりたんぱく質の摂取量が増えてきています。
ビタミンB6は、たんぱく質の摂取量が多いほど必要量が増すビタミンであり、近年注目されるようになった栄養素になります。

たんぱく質の分解と合成

たんぱく質私達の体を作るたんぱく質は、食事でとったたんぱく質がそのまま利用されるわけではありません。
いったんアミノ酸に分解されてから、人の体に必要なたんぱく質に再合成されます。
足りないアミノ酸があればほかのアミノ酸でつくりかえられますが、この時不可欠なのがビタミンB6であり、健康な皮膚や髪・歯をつくり成長を促進します。

また、脂質の代謝や赤血球のヘモグロビンの合成にも効果があります。
ビタミンB6をしっかりとると、たんぱく質が有効に使われるので皮膚や髪が丈夫になりますが、不足すると皮膚炎や脂性の肌・口内炎・貧血・脂肪肝などになります。

抗アレルギー作用

アレルギービタミンB6は、免疫機能を正常に維持する上で必須の栄養素になります。
ビタミンB6が不足するとアレルギー症状が出やすいといわれていて、ビタミンB6をとることでアレルギー症状が軽くなる人もいます。

また、就寝時に足がつる人はビタミンB6不足かもしれません。
その他、ぜんそくや花粉症・慢性鼻炎など、免疫系の症状がある人にもおススメになります。

月経前症候群の症状やつわりをやわらげる

月経前症候群月経が近づくとイライラしたり、気分が落ち込んだり、肩こりや腰痛など、さまざまなトラブルに悩む女性が多くいると思います。
こうした月経前にあらわれる症状を月経前症候群とよんでいます。

月経前症候群になる原因は、月経前になると、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が高まるからです。
エストロゲンの分泌が高まると、血中のビタミンB6の濃度が低下するため、症状を訴えることになります。
月経前症候群の治療においては、ビタミンB6を投与すると症状が改善する効果が期待できます。

また、妊娠のつわりの軽減にも効果的です。
つわりの原因である、トリプトファンというアミノ酸の代謝不調を正常に整えてくれるはたらきがありますので、つわりを軽減する効果が期待できます。

スポンサーリンク

ビタミンB6の過剰・不足

過剰

神経系の障害

不足

脂漏性湿疹・口内炎・舌炎・不眠症・貧血・湿疹、じんましんができやすい・虫歯になりやすい・脂肪分を多くとる人は脂肪肝になりやすい・胃や腸がただれる・妊娠初期だとつわりがひどくなる・足がつったり、手足がしびれる・抹消神経炎をおこす・乳幼児ではけいれんが起こる

※ 主食である米にビタミンB6が含まれていますし、腸内でも合成されますので、不足しにくい栄養素になります。

ビタミンB6の効果的な摂り方

ビタミンB6は、レバーやカツオ・マグロなどの動物性食品に豊富に含まれています。
豆類や穀物などの植物性食品にも含まれていますが、植物性食品に含まれるビタミンB6は、体内での利用効率が低くなっています。

冷凍保存した食品や加工食品は含有量が目減りしているので、鮮度の高い食材からとるほうがいいです。

こんな人におススメ

肉や酒をよくとる・肌荒れがひどい・口内炎ができている・経口避妊薬常用者 ・抗生物質を服用中・月経前症候群・妊婦、授乳婦 ・発育期の子供・脂肪肝を予防したい人

ビタミンB6を含むおもな食べ物(単位 mg)

サンマ(1尾 150g)

カツオ・春(1柵 100g)

メジマグロ(1柵 100g)

0.77

0.76

0.73

マアジ(1尾 150g)

ベニザケ(1切 100g)

マサバ(1切 80g)

0.60

0.41

0.41

ブリ(1切 90g)

ヒラメ(1切 80g)

牛レバ-(50g)

0.38

0.26

0.45

牛ヒレ(100g)

鶏レバー(50g)

牛モモ(脂あり 80g)

0.37

0.33

0.27

鶏ササミ(40g)

赤ピーマン(1/2個 75g)

黄ピーマン(1/2個 75g)

0.24

0.28

0.20

サツマイモ(50g)

玄米(1膳 130g)

生そば(1玉 130g)

0.14

0.27

0.20

バナナ(1本 160g)

夏ミカン(1個 350g)

柿(1個 200g)

0.61

0.18

0.12

※ 五訂増補 日本食品標準成分表 参照
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。