EPAの効果・効能や多く含む食べ物とは!?

EPAの効果・効能

EPAの特徴

ビタミンEPAはn-3系列の多価不飽和脂肪酸であり、国際的にはIPAの呼び名が一般的になります。

EPAは、抗血栓・コレステロール低下などの作用によって、多くの成人病の予防・改善に効果があることが解明されています。
食品からとらなければ人間の体内では作ることができず、植物油などαーリノレン酸を含む食品を摂取すると、体内でEPAに変化します。

そのほか、アジやイワシ・サバ・カツオ・サンマなどの青魚に多く含まれていて、EPAとしてのおもな供給源は脂肪の多い魚になります。
EPAが魚に多い理由は、冷たい水の中で体内の脂が凝固しないようにするためといわれています。

アレルギー症状の予防・改善

EPAは、不足すると、アレルギー性皮膚炎や花粉症といったアレルギー症状の発症・悪化になりやすいことがわかってきました。
EPAを摂取することで、アレルギー性皮膚炎や花粉症の予防・改善などに有効であるとされています。

血液の掃除・血管性の病気の予防

病院EPAは、血液の粘度を低下させ、血液を固まりにくくして血栓を予防します。
動脈硬化・心筋梗塞・脳卒中・高血圧といった生活習慣病を防ぐだけでなく、アレルギー症状の予防と改善・慢性関節炎など炎症性の症状にも効果を発揮します

また、LDL(悪玉)コレステロールを減らす効果などもあります。

EPAとDHAはどう違うの!?

EPAとDHAは、たがいに作用をおぎないながら生活習慣病を防ぎます。
どちらも魚の脂肪に含まれていて、悪玉コレステロール抑制など同じようなはたらきをしているところもあります。

しかし、細かく分類すると、
EPA・・・血液凝固の抑制効果が高い DHA・・・悪玉コレステロールを減少させる効果が高い
ということになります。

スポンサーリンク

EPAの過剰・不足

過剰

出血が止まりにくくなる・げっぷ、吐き気

EPAを大量に摂取すると、出血が止まりにくくなるとされています。
また、げっぷや吐き気などの症状が起こる可能性があります。

不足

血液が凝固しやすくなる・悪玉コレステロールや中性脂肪の増加・血圧の上昇・アレルギーが発症しやすくなる

EPAが欠乏すると、血液が凝固しやすくなり、動脈硬化などを起こしやすくなります。
また、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールが増加したり、腫瘍に対する抵抗力の低下やアレルギーが発症しやすくなるなどの症状があります。

EPAの効果的な摂り方

イワシEPAは、魚の脂肪に含まれる成分であり、あっさりした白身魚より、イワシやサンマ・サバのような脂肪が多い魚のほうが豊富に含まれています。

調理法では、脂肪を外に逃さないという理由で刺身が最良ですが、煮魚・グラタンなどもよく、高温で加熱して脂肪分を溶け出させてしまう揚げ物はあまり好ましくないです。
マグロの刺身なら赤身よりもトロのほうが効果的になります。

また、体内で酸化して過酸化水素ができるのを防ぐため、β-カロテンの多い緑黄色野菜といっしょにとると効果的になります。

こんな人におススメ

肉や加工品を多く食べる・高血圧・悪玉コレステロールや中性脂肪の値が高い・アレルギー症状がある・炎症性疾患がある

☑ EPAをサプリメントで摂りたい人はコチラ ⇒ 生EPA 業界トップクラス[648mg/d]高濃度 120粒

EPA(IPA)を含むおもな食品(単位 mg)

スジコ(30g)

塩ホッケ(1切 100g)

メバル(1切 100g)

630

470

370

マコガレイ(1切 100g)

イワシ丸干し(4尾 60g)

シラウオ(50g)

250

204

90

バイ貝・身(90g)

シラス干し(30g)

キス(2尾 120g)

66

60

34

スケトウダラ(1切 100g)

ウマズラハギ(1切 100g)

ハゼ(2尾 80g)

24

21

13

※ 五訂増補 日本食品標準成分表 参照
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。