ビタミンEの効果・効能や多く含む食べ物とは!?

ビタミンEの効果・効能

ビタミンEの特徴

ビタミンビタミンEは、体内の脂肪組織や心筋・筋肉・肝臓・骨髄・子宮など、さまざまな部位の生体膜や細胞膜に存在し、それらが活性酸素によって酸化されるのを防いでいます。

食べ物が酸化すると傷んでくるのと同じように、人間の体でも酸化が起きると体内に過酸化脂質がつくられ、細胞が劣化していきます。
これが、いわゆる老化や病気の原因となりますが、ビタミンEはこの過酸化脂質の生成を防ぎ、細胞の老化を防ぐ効果があります。

また、血液中にあるコレステロールの酸化を防ぐ役割があり、高血圧・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞などの生活習慣病を予防するとされています。
その他、強力な抗酸化作用によって活性酸素の害から体を守り、がん・心筋梗塞・脳卒中などの成人病を予防することが期待できます。

このように、ビタミンEは、さまざまな面で健康を維持し老化を予防するので、「若返りのビタミン」ともよばれています。

冷え性改善・美肌

ビタミンEは、末梢血管を広げて血行を促進し自律神経を整えます。
全身の血行がよくなるので新陳代謝が活発になり、肌にハリがでて、冷え性や肩こり・腰痛などが改善されます。

また、紫外線に対する抵抗力を上げる効果もあるので、シミやそばかすにも効果的になります。

生殖機能の維持

ビタミンEは、女性ホルモンや男性ホルモンの代謝にも関係しています。

月経前のイライラや生理痛・生理不順・女性の不妊、更年期障害の治療・男性の精力を高める効果などがあるといわれています。

スポンサーリンク

ビタミンEの過剰・不足

過剰

軽度の肝臓障害・血が固まりにくくなる

※ 通常の食生活で過剰になることはまずありません。

不足

血行不良・老化・動脈硬化・溶血性貧血・ぜんそくなど呼吸器の障害がでやすい・心疾患、脳卒中などの危険性が高まる・冷え性・しもやけ・肩こり・頭痛・生理痛・更年期症状が進む・がんの危険性が高まる・筋肉がこわばる・運動能力が低下する

ビタミンEの効果的な摂り方

食用油ビタミンEは、脂溶性ビタミンなので、油といっしょに調理すると吸収効率がよくなります。

ビタミンEを摂るときは、同じく抗酸化作用のあるビタミンB2やビタミンC・セレン・β-カロテンなどと合わせて摂ると、 相乗効果で抗酸化パワーがアップします。
ちなみに、ビタミンCには独自の抗酸化作用があるだけでなく、ビタミンEの抗酸化を高まるはたらきもあります。

こんな人におススメ

冷え性・肩こり、腰痛・肌荒れが気になる・シミ、そばかすがある人・更年期障害・高血圧・妊婦・授乳婦・しもやけができやすい人 ・がん、心疾患・脳卒中を予防したい人

☑ ビタミンEをサプリメントで摂りたい人はコチラ ⇒ お徳用天然由来 ビタミンEカプセル(約3ヶ月分)

ビタミンEを含むおもな食べ物(単位 mg)

アンコウ肝(1枚 50g)

ウナギ蒲焼き

(1串 100g)

ケガニ(ゆで身 100g)

6.9

4.9

3.7

ハマチ(1切れ 80g)

キングサーモン

(1切れ 100g)

タラコ(1/2腹 40g)

3.3

3.3

2.8

マガレイ(1切れ 100g)

マダコ(1切れ 40g)

西洋カボチャ(100g)

1.5

0.8

4.9

モロヘイヤ(50g)

赤ピーマン(1/2個 70g)

ホウレンソウ(50g)

3.3

3.2

1.1

アーモンド・乾

(20粒 28g)

ヘーゼルナッツ(10粒 15g)

ラッカセイ(10粒 25g)

8.7

2.7

2.5

ヒマワリ油

綿美油

サフラワー油

3.9

2.8

2.7

米ヌカ油

コーン油

ソフトタイプマーガリン

2.6

1.7

1.5

※ 五訂増補 日本食品標準成分表 参照
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。