柚子(ゆず)の栄養や効能・カロリー

ゆずの栄養

ユズの栄養ゆずに含まれている香り成分は350種類以上あり、さわやかな香りが食欲を増進させてくれる果物になります。

ビタミンCが豊富に含まれていて、コラーゲンの合成や活性酸素のはたらきをおさえます。
強い抗酸化作用や、抗ストレス作用などもあり、吸収されにくい鉄をからだに取り込むうえでも、ビタミンCが有効にはたらきます。
また、ビタミンCや皮に多く含まれる香り成分は、ともに肌ケアに有効であり、美肌に対しての効果が期待できます。

もし、ヒビやアカギレ・肌の潤いが不足している時などには、ゆずのしぼり汁を直接すり込むといいです。
精油成分で肌がケアされ、血行も促されるので、少しずつよくなっていきます。

果汁には特にクエン酸が豊富に含まれていて、強い酸味は疲労回復をサポートしてくれます。
また、ビタミンCとの同時効果で疲労回復に対する効果がアップします。

リモネンやシトラール・ユズノンなどが皮に多く含まれていて、心身のリラックスや血流促進にはたらきかけます。
皮の白い部分に含まれているヘスペリジンは、毛細血管を強化し血流を促進し、冷え性改善のサポートにも有効になります。
皮を使った料理はもちろん、ゆず茶やジャムなどで上手に取り入れるといいです。

この他、セルロースカリウムなどが含まれています。

ゆずは、香りづけとして幅広い食材と合わせられるので、食べ合わせ次第でさまざまな効能が期待できます。
ビタミンEとの組み合わせで抗酸化力がさらに高まるので、がんなどの生活習慣病に対する予防効果には、ビタミンEを含む食材との組み合わせがおススメになります。

ゆずの主な効能

疲労回復・食欲増進・高血圧の予防や改善・美肌効果・冷え性改善・風邪の予防

ゆずの主な栄養成分

リモネン・シトラール・ユズノン・ビタミンC・クエン酸・ヘスペリジン・セルロース・カリウム

ゆずのカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

59kcal

0%

83.7g

5mg

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

140mg

41mg

15mg

9mg

亜鉛

マンガン

0.3mg

0.1mg

0.02mg

0.12mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

0

0

1μg

3.4mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.07mg

0.10mg

0.5mg

0.09mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

21μg

0.89mg

36μg

160mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 

●関連記事:柚子(ゆず)の特徴や食べ方

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。