ピーマンの特徴や種類・旬・産地・栄養・効能・カロリー・食べ方

ピーマン

ピーマンの特徴

ピーマンは、コロンブスによって中南米原産の唐辛子がヨーロッパに伝えられた後、辛味のない唐辛子を改良して誕生したものになります。
中~大型で甘みのあるものをフランス語でピマンと呼んでいたのですが、そこからピーマンという名前がついたとされています。

日本で栽培が始まったのは明治時代からであり、一般に普及したのは戦後からになります。

カラーピーマンとは!?
現在、日本で流通しているピーマンは緑色のほか、黄・赤・黒色などのカラーピーマンがあります。
ピーマンは完熟するにつれ、緑 ⇒ 黄 ⇒ 赤に変化していき、ピーマンに含まれるビタミンCの量は、成熟の度合いにしたがって増えていきます。
緑色のピーマンは開花から約40日後の未熟な実ですが、カラーピーマンは約70日かけて完熟させてから収穫したものです。

カラーピーマンのほうが手間がかかる分やや高価ですが、甘みが強く料理の彩りにもなります。

ピーマンの種類

緑ピーマン
一般的にピーマンと呼ばれている種類で、熟すと赤くなって甘みが増します。
赤くなったものは中国料理でよく使われています。
炒め物から揚げ物・サラダまであらゆる調理法に向いています。
黄ピーマン
完熟して黄色くなるピーマンで、サラダ等の生食や、肉詰めや煮込み料理に向いています。
加熱しても鮮やかな色が残るのが特徴になります。
赤ピーマン
緑ピーマンを完熟させたもので、甘みも栄養価も緑ピーマンの数倍あります。
緑ピーマンよりも青臭さが減って、甘みが増しています。
特にβ-カロテンやビタミンCの含有量が高いので、抗酸化作用が期待できます。
黒ピーマン
ロシアで開発された鮮度の高いピーマンで、抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれているのが特徴です。
甘みがあり、生で美味しく食べることができます。

ピーマンの旬

旬のカレンダー
ピーマンの旬
ピーマンは、ハウス栽培が盛んであり一年中販売されていますが、旬は夏の時期である6~8月になります。

ピーマンの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

茨城県
全国収穫の24.3%の構成比 35,300t
宮崎県
全国収穫の18.3%の構成比 26,600t
高知県
全国収穫の8.6%の構成比 12,500t

ピーマンは、ハウスなどの施設を使った栽培が6割以上であり、茨城県では周年栽培されています。
11月~5月の冬春ピーマンは、宮崎や高知・鹿児島県など、暖地での生産が中心になります。

ピーマンの上手な選び方

  • 鮮やかな緑色で皮にハリとツヤがあるもの。
  • ヘタがピンと張っており、軽く押して弾力があるもの。
  • ヘタが黒ずんでいるものは鮮度が落ちています。

スポンサーリンク

ピーマンの栄養と効能

ピーマンの栄養ピーマンには、β-カロテンやビタミンC・ビタミンE・カリウムなどが豊富に含まれていて、抗酸化作用による老化防止や美肌改善効果などが期待できる野菜になります。
ピーマンには、緑・黄・赤などの種類がありますが、緑のピーマンが熟した赤ピーマンがもっとも栄養分は多くなっています。

ピーマンに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ビタミンC

ピーマンに含まれるビタミンCの含有量はトマトの約4~5倍あり、生の青ピーマン3個で1日に必要な量を摂ることができます。
また、果肉が厚いため加熱調理しても壊れにくくなっています、

ビタミンCは、コラーゲンの生成を助け、ハリのある肌をつくり、メラニンの代謝を促進するのでシミの予防に効果大とされています。
ピーマンには、ビタミンCの働きを助け、毛細血管を強化するビタミンPも含まれていますので、効果アップが期待できます。

β-カロテン

体内でビタミンAに変わるβ-カロテンが含まれていて、紫外線でダメージを受けた目や肌の回復を促す作用があるとされているので、紫外線が強い夏にはたくさん食べたほうがいいです。
β-カロテンは、肉や油といっしょに調理すると吸収されやすくなり、より多く摂取することができます。

カプサイシン

ピーマンは、唐辛子の仲間であり、唐辛子よりは少ないもののカプサイシンを含んでいます。
カプサイシンには、皮膚やからだの粘膜を刺激し、血管を拡げて血行をよくする作用があります。
新陳代謝を高めるので、暑い夏にはピッタリの野菜であり、夏バテに対する対策になります。

カプサンチン

緑ピーマンは、熟すとカプサンチンという橙色の色素が増え、黄から赤へと変化します。
カプサンチンは、カプサイシンと似ていますが異なる成分で働きも違います。
高い抗酸化作用があり、生活習慣病の予防に対しての効果が期待できます。

ピラジン

青臭さのもととなるピラジンは、老廃物を取り除き血液をサラサラにするので、脳梗塞・心筋梗塞の予防や高血圧の改善に対する効果が期待できます。

クロロフィル

ピーマンの緑色は葉緑素(クロロフィル)によるものであり、抗酸化作用があって動脈硬化やがんを予防する効果が期待できますが、豚肉やほかの緑黄色野菜とあわせるとさらに効果的になります。

キサントフィル

カロテノイドの一種であるキサントフィルが含まれていて、強い抗酸化作用があります。
動脈硬化や糖尿病・肺がんや前立腺がん・子宮がんなどのがん予防のほか、皮膚や目の粘膜を保護する働きがあるとされています。

ビタミンE・ビタミンP・カリウム・クロロフィル

若さを保つ効果があるビタミンEが含まれています。
血管を丈夫にするビタミンPが含まれていて、高血圧や脳出血を予防する効果が期待できます。

余分な塩分の排泄を促すカリウムが含まれています。
抗酸化作用があるクロロフィルが含まれていて、貧血の予防や血中コレステロール値を下げる作用があり、ダイエット効果が期待できます。

ピーマンの主な効能

動脈硬化の予防・免疫力強化・美肌作り・夏バテ防止・疲労回復・老化抑制・高血圧の予防、改善

ピーマンの主な栄養成分

β-カロテン・ビタミンC・ビタミンE・ビタミンP・カリウム・クロロフィル・ピラジン・カプサイシン・カプサンチン

ピーマンのカロリー(kcal)と糖質

ピーマンのは22kcal・糖質は2.8gです。(※ 可食部100gあたり)
カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材になります。

他の野菜類のカロリーや糖質は以下のようになっていますが、他の野菜類と比べるとカロリーや糖質はほぼ同じくらいになっています。

  • パプリカ・・・30kcal・5.6g
  • シシトウ・・・27kcal・2.1g
  • ナス・・・22kcal・2.9g
  • ウリ・・・15kcal・2.1g
  • カリフラワー・・・27kcal・2.3g

      

スポンサーリンク

ピーマンの食べ方

ピーマンの調理法ピーマンは、揚物やハンバーグ・スープ・炒めものなどによく使われていますが、煮込み料理や炒めものには最適で、少量の塩でさっとゆでてから使うと彩りが良くなり、見た目に美しく美味しさもアップします。
また、最近のピーマンは品種改良によって苦みや青臭さが少なくなっているのもあるので、生でサラダとかにするのもおススメになります。

ピーマンの細胞は縦方向に並んでいて、横切りするとピーマン独特の青臭さが目立つので、青臭いのが苦手な人は縦斬りにするといいです。
繊維に沿って縦にせん切りにするとシャキッとした食感になり、横に切るとやわらかい食感になりますので、炒めものにするときは縦切りにし、生で食べるときには横切りにするといいです。

タネとワタに苦味があるので、取り除いてから調理するほうがよく、皮をむくとやわらかな食感になり、ドレッシングなどもなじみやすくなります。
半割にし、タネは手で取り除き、ワタは包丁で削ぐようにすると取りやすいです。
また、皮をむく時は、鍋焼きグリル等で全体が均等に焦げるまで焼き、焦げたらキッチンペーパーや濡れぶきんで表面をなぞるようにするときれいにむくことができます。

ピーマンは油との相性がよく、加熱するとやわらかくなりくせもぬけ風味がよくなります。
ただし、加熱し過ぎると香りと歯切れの良さがなくなるので、強火で短時間の調理がいいです。

ピーマンの栄養を強化する食べ合わせ

ピーマン+豚肉

豚肉には肌をつくるたんぱく質が豊富に含まれていて、ピーマンに含まれているビタミンCをいっしょに摂取すると、コラーゲンたんぱくの合成を促すので、美肌づくりに対しての効果が期待できます。

ピーマン+牛レバー

ピーマンに含まれているビタミンCは、牛レバーの鉄の吸収率を高めるので、貧血の予防・改善に対して有効です。
また、血行不良による肌のくすみを改善させる働きが期待できます。

ピーマン+ナス

ナスの皮に含まれているナスニンと、ピーマンのβ-カロテンやカプサンチンで、強力な抗酸化作用が期待できます。

ピーマンの保存法

ピーマンの保存法ピーマンをひとつずつふいてポリ袋に入れ、冷蔵庫の野菜室などに入れておくと、1週間くらいは保存することができます。
ただ、その中の1つでも傷んでいると、残りのものも傷みやすくなるので注意が必要になります。

冷凍保存する場合は、タネを取って縦に4分割もしくは細切りなどにして、保存袋またはトレーなどに広げてラップをした後、冷凍するといいです。
凍ったまま炒めものや煮物などの調理に使うことができ、自然解凍するとそのまま食べることもできます。

ピーマンの食品成分

水分

たんぱく質

脂質

炭水化物

93.4g

0.9g

0.2g

5.1g

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

190mg

11mg

11mg

22mg

亜鉛

マンガン

0.4mg

0.2mg

0.06mg

0.10mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

微量

0

3μg

0.8mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.03mg

0.03mg

0.6mg

0.19mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

26μg

0.30mg

16μg

76mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。