フグの種類と特徴

フグの種類

トラフグ

トラフグ別称・方言
クマサカ(秋田県男鹿)・クマサカフグ(新潟県石地)・オオフグ(岡山・香川)・オヤマフグ(和歌山県和歌浦・田辺・白崎)・キタマクラ・モンフク(高知)・ホンフグ(山口県下関・大分県別府)・トジラフグ(福岡県柳川)

特徴
トラフグは、フグ科の海水魚であり、室蘭以南の太平洋側各地や日本海西部から東シナ海・黄海に分布しています。

体長約30~70cmであり、夏から冬は沖合の海底近くに住んでいます。
底引き網や延縄・一本釣りなどで漁獲していますが、産地により味に優劣があり、瀬戸内海西部のものが最高級とされています。

瀬戸内海西部や日向灘・天草諸島などはかつて有名な漁場でしたが、漁獲量は激減していて、現在の主要な漁場は黄海や東シナ海などであり、最近は養殖物も出回っています。

マフグ

マフグ別称・方言
ナメラフグ/メイジョ(新潟)・ショウサイ・ナメラ(東京)・ナメタロウ(島根)・フグト(和歌山県雑賀崎・白浜)・ナメラフグ(山口県下関)・モンツキ(広島県加茂郡)

名前の由来
フグ類の代表的なものだからです。

特徴
マフグは、フグ科の海水魚であり、サハリン以南の日本海や北海道以南の太平洋岸・東シナ海・黄海に分布しています。

体長約40cmであり、エビやカニ類・魚類・イカ類などを食べています。

トラフグには劣りますが、味はよく、鍋物や刺身にすると美味しいです。

シロサバフグ

シロサバフグ特徴
シロサバフグは、フグ科の海水魚であり、北海道から九州の日本各地や東シナ海・中国・台湾に分布しています。

沿岸でふつうに見られ、体長は30cmほどになります。
ときに大きな群れをつくりますが、沿岸の中・底層を泳ぎまわり、貝類や甲殻類・魚類などを食べています。

シロサバフグの多くは干物にされますが、無毒とされていてもっとも安いフグになります。

ハコフグ

ハコフグ別称・方言
キツネ(富山県新湊)・コゴウオ・シュウリ(和歌山)・ゴコウオ(高知)・コウゴウフグ(広島県加茂郡)・モチゴメブク(高知県宿毛)・スッポ・セキフグ(鹿児島)

名前の由来
箱形をしたフグという意味からです。

特徴
ハコフグは、ハコフグ科の海水魚であり、岩手県から四国の沿岸や内湾の岩礁やサンゴ礁・海藻中に分布しています。

日本近海ではほとんどが20cm前後のものであり、体は箱状で、眼や口・ひれ以外は動かないため動作はぎこちなく、ユーモラスな泳ぎ方をします。

食用としますが、ユーモラスな泳ぎ方から観賞魚とされることもあり、名物にしている地域も多いです。

 
●関連記事:河豚(フグ)の特徴や産地・栄養

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。