唐辛子(とうがらし)の栄養や効能・カロリー

唐辛子の栄養と効能

とうがらしの栄養唐辛子は、β-カロテンをはじめ、各種ビタミンやミネラル・食物繊維が豊富な緑黄色野菜になります。
辛味が強いので、多くは食べにくい野菜であり、乾燥させたものより生のほうが、ビタミンやミネラルをより多く摂取することができます。

ピリッとした辛味のカプサイシンが含まれていて、消化吸収を助けて食欲を増進させる・血行をスムーズにしてからだを温める・体脂肪を分解し肥満を防止するなどの効果が期待できます。
カプサイシンは、新陳代謝を活発にして脂肪燃焼を促すことから、ダイエットに効果があるといわれています。
また、からだを温める効果があるので、肩こりや腰痛の解消や冷え性の改善にも役立つとされています。

カプサイシンの辛味は、ホルモン分泌を促してエネルギー代謝を促進させます。
これによって体温が上がり、体脂肪やグリコーゲンが分解されるだけでなく、発汗作用で肌をきれいにする効果もあるとされています。
この他、辛味の刺激を受けることにより、塩分を控えることができますので、高血圧の予防にも有効とされています。

カプサイシンは油に溶けやすいので、炒め物などをする場合は、唐辛子を先に炒めておくと、有効成分や辛みがしっかりと伝わります。
ただ、カプサイシンを過剰に摂ると、胃や腸の炎症をまねく可能性がありますので、注意が必要になります。

ビタミンCが含まれていて、肌荒れ防止や風邪の予防・疲労の回復などに対しての効果が期待できます。
ビタミンEが含まれていて、血流を良くするはたらきがあるので、イキイキした美肌を保つ効果が期待できます。
β-カロテンが含まれていて、強い抗酸化作用によって細胞の老化を防止するはたらきがあり、アンチエイジングに対しての効果があるとされています。

この他、ビタミンAやビタミンB2・鉄・カリウムなど、さまざまな栄養素が含まれています。

唐辛子の主な効能

血行促進・肥満予防・強精、強壮効果・消化吸収促進・食欲増進・美肌効果

唐辛子の主な栄養成分

β-カロテン・ビタミンA・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・食物繊維・カプサイシン・鉄・カリウム

唐辛子の栄養を強化する食べ合わせ

唐辛子+牛肉

牛肉に含まれているたんぱく質には、体温を上げるはたらきがあるので、たんぱく質とカプサイシンにより、からだを温めて冷え性を改善する効果が期待できます。

唐辛子+ニンニク・玉ねぎ

アリシンを含むニンニクや玉ねぎといっしょに使うと、抗酸化力があがり、夏場のスタミナ補給に役立ちます。

唐辛子のカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

35kcal

60%

86.7g

3mg

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

650mg

490mg

79mg

65mg

亜鉛

マンガン

2.2mg

0.4mg

0.12mg

0.43mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

7.7mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.08mg

0.28mg

1.3mg

0.25mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

87μg

0.41mg

92mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 
●関連記事:唐辛子(とうがらし)の特徴と食べ方

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。