グレープフルーツの栄養や効能・カロリー

グレープフルーツの栄養と効能

グレープフルーツの栄養グレープフルーツは、ビタミンCとその吸収を高めるビタミンPやクエン酸が多いのが特徴です。
果物の中では糖質が少ないため、ダイエットなどにも向いている果物になります。

グレープフルーツに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ナリンギン・リモネン

グレープフルーツにはやや苦みがありますが、これはフラボノイドのナリンギンリモネンといった苦み成分によるものであり、生活習慣病の予防効果が期待できます。

リモネンは、発がん物質を解毒する酵素の働きを活性化し、発がん物質を体外へ排出する作用があるので、がんの予防に有効とされています。
さらに、交感神経を活性化してエネルギー消費を高めたり、脂肪の代謝を活発にする働きもあるとされています。
ナリンギンは、抗酸化作用に加え、血液中の中性脂肪を分解する作用があるため、脂質異常症や肥満の予防、改善にも効果が期待できます。

ビタミンC

ビタミンCは、免疫力アップや老化防止・美肌作りなどに役立つとされています。
ビタミンCにおいては、グレープフルーツ1/2個で1日推奨量の50%以上を摂取することができます。
ただ、ビタミンCは体内に蓄えておけないので、定期的に補給する必要があります。

また、ストレートジュースや濃縮還元ジュースなどでも、ビタミンCの含有量はさほど変わらないです。

クエン酸

酸味のもとであるクエン酸が豊富に含まれていて、乳酸などの疲労物質を分解し、疲れを吹き飛ばしてくれます。
ビタミンCとクエン酸が豊富なため、美肌保持・疲労回復・老化防止・イライラの緩和など、さまざまな効果が期待できます。

カリウム

カリウムが豊富に含まれていて、高血圧やむくみの解消になります。
また、カリウムは心臓や筋肉の正常な収縮を助け、さらにビタミンCが血管を強化する相乗効果などがあるので、アメリカでは心臓を強化する食品として注目されています。

その他

ビタミンPは、がんを予防する効果のほか、毛細血管を強くする血流改善効果で、高血圧を予防する効果が期待できます。
β-カロテンが含まれていて、抗酸化作用によって老化防止に役立ち、体内の活性酸素を除去する力が強いので、がん予防に対しての効果が期待できます。
特有の香り成分、ヌートカトンがエネルギー生産をUPするので、ダイエットをサポートする期待ができます。

イノシトールという成分が含まれていて、肝臓内の脂肪やコレステロールの代謝を促し、動脈硬化を防ぎ、肝機能を強化する働きがあります。
糖代謝を促すビタミンB1、コレステロール抑制にはたらくパントテン酸、貧血予防に力を発揮する葉酸などが含まれていますので、代謝を底上げすることができます。

グレープフルーツの主な効能

抗ストレス作用・疲労回復・美肌効果・老化防止・がん予防・動脈硬化の予防・高血圧の予防

グレープフルーツの主な栄養成分

ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンP・クエン酸・ナリンギン・リモネン・β-カロテン・カリウム・ヌートカトン・イノシトール・パントテン酸・葉酸

グレープフルーツの栄養を強化する食べ合わせ

グレープフルーツ+ヨーグルト

グレープフルーツの香りが気分をリフレッシュさせ、ヨーグルトに含まれるカルシウムがイライラをしずめる作用があるので、いっしょに摂取すると、精神安定に対する効果が期待できます。

グレープフルーツのカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

38kcal

30%

89.0g

1mg

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

140mg

15mg

9mg

17mg

亜鉛

マンガン

微量

0.1mg

0.04mg

0.01mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

1μg

0.3mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.07mg

0.03mg

0.3mg

0.04mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

15μg

0.39mg

0.5μg

36mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値

 
●関連記事●
グレープフルーツの特徴や種類・旬・選び方・食べ方

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。