鯛(タイ)の栄養や効能・カロリー!特徴や産地なども紹介♪

鯛

タイの栄養と効能

タイは、脂肪が少なくたんぱく質が含まれていて、消化吸収もいいので、子どもやお年寄り・病中・病後におススメの魚になります。
天然物と養殖物の栄養価はあまり変わりませんが、養殖のマダイは、青魚ほどではないもののEPAやDHAが豊富になります。

タイに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2

ビタミン類が豊富に含まれていて、皮膚や粘膜を強化するビタミンAや、糖質のエネルギー代謝を高め、疲労回復効果のあるビタミンB1・細胞の再生をたすけ、成長促進作用のあるビタミンB2などを含んでいます。

ビタミンB1は、イオウ化合物のアリシンが含まれているネギやタマネギといっしょに摂取すると、効果的に摂取することができます。

グルタミン酸・イノシン酸・タウリン

タイは、グルタミン酸やイノシン酸・タウリンなどのうまみ成分が豊富に含まれています。

グルタミン酸には、細胞の再生を促進する働きがあります。
イノシン酸には代謝を促進させる機能がありますが、分解速度が遅いため、調理の後に時間をおいてもうまみ成分が残っています。
この事が「腐っても鯛」といわれる所以(ゆえん)になります。

タウリンには、血中コレステロールを抑制する効果が期待できます 。

その他

頭の部分には、DHAやEPAなどの不飽和脂肪酸が豊富に含まれています。
赤い色素成分であるアスタキサンチンが含まれていて、強い抗酸化作用があり、がんや高血圧などの生活習慣病を予防する効果が期待できます。

ビタミンEが含まれていて、血行をよくする効果があるとともに、強い抗酸化作用が細胞の老化を防ぐとされています。
体内の水分バランスを調整し、塩分を体外に運ぶカリウムが含まれていて、高血圧の予防に対しての効果が期待できます。

その他、骨や歯を形成するのに必要なマグネシウム・リンや、血行をよくする効果が期待できるナイアシンなども含まれています。

タイの主な効能

疲労回復・がん予防・美肌効果・高血圧の予防

タイの主な栄養成分

ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・グルタミン酸・イノシン酸・アスタキサンチン・タウリン・ナイアシン・DHA・EPA・カリウム・マグネシウム・リン

タイのカロリー(kcal)と糖質

タイタイ(マダイ)のカロリーですが、天然物の場合は142kcal・養殖物の場合は194kcalであり、糖質は2.9gになります。(※ 可食部100gあたり)
天然物より養殖物のほうがカロリーは高くなっていますが、これは養殖の過程において栄養分を多く摂取しているからになります。

同じタイであるキダイのカロリーは108kcal・クロダイのカロリーは150kcal・チダイのカロリーは105kcalであり、タイは全体的にみてカロリーは低いというわけではないので、ダイエットにはあまり向いていない食材になります。

他の魚介類のカロリーや糖質は以下のようになっていますが、他の魚介類と比較するとカロリーは同じくらいで、糖質は高くなっています。

  • マグロ・・・106kcal・1.2g
  • カツオ・・・114kcal・1.2g
  • サバ・・・202kcal・2.2g
  • アジ・・・126kcal・0.1g
  • イワシ・・・169kcal・0.2g

      

スポンサーリンク

タイの特徴

タイは、高級魚とされていて、赤い色がめでたいとしてお祝いの席でよく出ます。
マダイ・クロダイ・チダイ・ヒレコダイ・アマダイ・キンメダイ等、和名にタイとついた魚は200種類以上いるほど、 日本では非常になじみ深い魚になります。

江戸時代においては、各大名が幕府へ献上する食べ物の中で盛んに活用されていました。
1616年、徳川家康が死去した原因は鯛の天ぷらにあたったためという説もあるほど、人気がありました。 
けれども、タイは、世界的に見れば必ずしも高級魚として取り扱われていないのが現状になります。

鯛の鯛
肩甲骨と鳥口骨の二つがつながって出来た魚模様の骨のことです。

海老で鯛を釣る
少しの事や努力で大きな事や利益を得ることです。

腐っても鯛
すぐれた素質や価値を持つものは、多少悪い状態になってもそれなりの価値があるということです。

タイの旬

旬のカレンダー
タイの旬
産卵前の桜の開花時期のマダイは桜ダイと呼ばれ、最も美味しいとされています。
晩秋から秋にかけての寒い時期も脂肪がのってきて美味しいです。

ただし、4月~6月の産卵期を終えた通称「麦わら鯛」は、白子や卵で腹が膨れて、身の締りがなくなってきます。
煮つけをすれば身がくずれ、刺身も美味しくないです。

タイの産地

農林水産省(平成24年漁業・養殖業生産統計)参照

長崎県
全国漁獲の15.5%の構成比 4,000t
山口県
全国漁獲の9.7%の構成比 2,500t
福岡県
全国漁獲の8.9%の構成比 2,300t

国産の天然マダイは減少傾向にあり、養殖や稚魚を放流して資源の増加を図る栽培漁業が盛んに行なわれています。
主に温暖な西日本の波静かなリアス式海岸となった地域において、マダイの養殖が盛んに行われており、年間8万トン余り生産されています。

紅葉鯛と呼ばれる明石のタイは、味の良さで有名です。

タイの上手な選び方

  • 目が澄んでいてピンク色が濃く、ヒレが張っていて白身に透明感があるもの。
  • 目の上が青く、まゆ毛みたいに見えるものは鮮度がいいです。
  • あまり大きくなく40~50cmのものがいちばん美味しいです。

スポンサーリンク

タイの食べ方

タイの食べ方タイは、淡白でクセのない味ながら、特有の香りとうま味があり、とても美味しい魚になります。
刺身や塩焼き・潮汁やなど、さまざまな料理に使うことができ、頭は煮付けや塩焼きに、ウロコは唐揚げにすれば余すことなく食べることができます。

また、新鮮な身を薄切りにし、しょう油と酒に2時間ほど漬け込むと、身が締まって下味もつくので、ばら寿司やお茶漬けの具としておススメになります。
洋風では、姿のままロースト、切り身ではムニエル・ワイン蒸しなどに使われています。

その他、しょう油とゴマで味付けした刺身に味付けする「鯛茶漬け」や、米といっしょに炊き上げる「鯛めし」・目玉のまわりを用いる「目吸い」・焼いた身を練り込む「鯛みそ」など、他の魚ではまねできないような独特の調理法があります。

タイの栄養を強化する食べ合わせ

タイ+ゴマ

タイのあっさりした食感と、ゴマの風味で食欲を増進することができ、ゴマの強い抗酸化作用で老化を防ぐ効果も期待できます。

タイ+パプリカ

タイのたんぱく質で強い良質な細胞をつくります。
抗酸化作用のあるβ-カロテンとビタミンCが豊富なパプリカを組み合わせれば、免疫力がアップし、風邪などの予防につながります。

タイ+さやいんげん

タイに含まれているカリウムは、血圧を安定させる働きがあり、さやいんげんの良質な食物繊維は、体の余分なものを排出してコレステロールを下げる効果があります。
いっしょに食べることで、動脈硬化の予防や便秘の予防・改善に対する効果が期待できます。

タイのおススメ料理

タイの刺身

タイの刺身タイは、刺身にするとタイの持つ上品な食感や味を存分に楽しむことができます。

旬である新鮮なタイを手に入れたのであれば、刺身にして食べると、簡単でありながらとても美味しくタイを食べることができます。

刺身だと、食べ過ぎなければカロリーはそれほど気にするほどでもありませんので、タイの料理の中ではもっともおススメになります。

鯛めし

鯛めしタイを料理するときによく作られているのが鯛めしであり、愛媛県では郷土料理にもなっているほど有名で、タイの持つ風味や味を十分に味わうことができます。

このレシピでは、タイを丸ごと使うのではなく、2切れだけなので、あまったタイでも調理することができます。

調理時間が多くかかってしまいますが、昼食や夕食のメインになる料理ですので、時間がある時に作るといいと思います。

出典:レタスクラブニュース(鯛めし)

タイののカルパッチョ

たいのカルパッチョタイの刺身があまった時や、味に飽きた時などにおススメなのがタイののカルパッチョです。

簡単に作れる料理なのですが、タイを洋風の味に変化させることができ、とても美味しい料理になります。

このレシピでは、カロリーも91kcalと低くなっていますので、ダイエット中の人でも食べられるメニューになります。

出典:AJINOMOTO・レシピ大百科(たいのカルパッチョ)

タイの食品成分

水分

たんぱく質

脂質

炭水化物

72.2g

20.6g

5.8g

0.1g

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

440mg

11mg

31mg

220mg

亜鉛

マンガン

0.2mg

0.4mg

0.02mg

0.01mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

1.0mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.09mg

0.05mg

6.0mg

0.31mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

5μg

0.64mg

1mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値
 

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。