鯖(サバ)の種類と特徴

サバの種類

マサバ

マサバ別称・方言
サバ、ヒラサバ、ホンサバ、サボ(秋田県象潟)・ヒラゴマ(千葉県南部)・コウガイサバ(東京)・サワ(富山)・ヒラス(長崎)・アギフラキヤ(奄美大島)・グルクマア(沖縄)

名前の由来
は同類中の代表的なものを指します。

特徴
マサバは、サバ科の海水魚であり、ゴマサバを含めて単にサバともいいます。
マサバは、日本各地の沿岸及び世界中の暖海に広く分布していて、サバ類の中で最も広い分布域を持ちます。
大群で表層を移動する回遊魚で、体長約30~50cmであり、日本近海では春から夏にかけて北上し、秋から冬にかけて南下します。

漁獲量が多く人気があるので、そのまま食べるほか、干物や塩漬け・缶詰・削り節などにも加工されています。

冷蔵された鮮魚のほか冷凍物もあり、加工品も多く、一年を通して安定して市場に流通しています。
マサバの旬は秋から冬であり、脂ののった秋口のものをとくに秋サバと呼んでいます。

ゴマサバ

ゴマサバ別称・方言
マルサバ、ウキサバ、ホシグロ(新潟県出雲崎)・コモンサバ(島根県美保関)・グルクマア(沖縄)

名前の由来
体側や腹方に小さな黒点が散在していることからです。

特徴
ゴマサバは、サバ科の海水魚であり、北海道南部から沖縄やハワイ諸島・東太平洋・西南太平洋に分布しています。

体長約30~45cmほどであり、マサバによく似ていますが、マサバより暖水を好み、体形は体の断面がややまるく、体側や腹側に小黒点があることが多いなどの点で区別されています。

大群をなして沿岸を季節回遊し、春から夏にかけて北上し、秋から冬に南下します。
動物プランクトンや魚類などを食べていて、漁獲量はマサバよりも少なく、鮮魚として利用されるほか缶詰や塩蔵品などに加工もされています。

ゴマサバの旬は夏から秋にかけてですが、脂質が少なく、一年を通して味に変化がないのが特徴で、味はマサバより脂肪が少ないため劣るとされています。

ニジョウサバ

ニジョウサバ別称・方言
クサラ-(沖縄)

名前の由来
側線が2本あるからです。

特徴
ニジョウサバは、サバ科の海水魚であり、沖縄県以南・インド・西南太平洋域に分布しています。

沿岸性で表層に生息し、体長約50~60cmくらいです。
日本国内では主に沖縄などの南方で水揚げがありますが、資源量自体が少なく流通も限られています。

 
●関連記事:鯖(サバ)の特徴や栄養・食べ方・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。