タコの種類と特徴

タコの種類

マダコ

マダコ別称・方言
タコ・アカシダコ・アフリカダコ

名前の由来
タコの「タ」はテ(手)から、「コ」はたくさんという意味で、「マ」は同類中の代表的なものを表しています。

特徴
マダコは、マダコ科の軟体動物であり、本州中部以南や世界の温暖海域に広く分布していて、旬は夏から秋にかけてになります。

沿岸の岩礁域や砂底に生息し、穴を好む習性があり、全長約40~60cmでその4分の3を腕が占めています。
一般に頭と思われている卵系の部分が胴であり、頭は胴のつけ根の眼のある部分で、八本の腕は頭部から生えています。
肉食性で小魚や甲殻類・二枚貝類などを食べていて、産卵期は春から初夏になります。

日本で消費されるタコ類の約80%がマダコであり、食用として最も多く出回っていますが、ゆでた状態で店頭に並んでいることが多く、大半はモーリタニアやモロッコなどからの輸入品になります。

調理法
塩ゆでしてから、刺身や寿司だね・酢のもの・煮物などにすると美味しいですが、シーフードサラダやスパゲティなどの具にしてもいいです。
2kg前後のものがさっぱりとした肉厚で美味しいです。

ミズダコ

ミズダコ別称・方言
シオダコ・マダコ・オオダコ・ホッカイダコ

名前の由来
肉がやわらかく水っぽいからです。

特徴
ミズダコは、マダコ科の軟体動物であり、本州中部以北から北海道および北太平洋にかけて広く分布しています。

腕を合わせると3mにも達する世界最大のタコであり、水深100~200mの海底に生息しています。
夜行性で昼間は岩穴などに潜み、夜間に活動しておもに貝類などを食べています。
通常、雄は深場・雌は浅場に住んでいますが、秋から冬にかけて交尾した後、雌は浅場に戻って産卵します。

漁獲量は年々減少していて、カナダや北アメリカからの輸入が増えています。

調理法
マダコに比べて味が劣るため加工用にされることが多いのですが、新鮮なものは刺身にするとよく、適度なやわらかさと食感が人気です。
そのほか、身がやわらかいことを利用して、しゃぶしゃぶなどにしても美味しく、酢ダコや煮ダコ・干物・燻製などにも加工されています。

イイダコ

イイダコ別称・方言
コモチダコ・イシダコ・カイダコ

名前の由来
煮ると胴に飯粒が詰まっているように見えることからです。

特徴
イイダコは、マダコ科の頭足類であり、北海道南部以南や中国に分布していて、旬はタマゴを体内に持つ秋~冬になります。

内湾の水深10mほどの砂底に生息し、小形で全長30cmほどになります。
甲殻類を好んで食べていて、冬に海底のからの貝殻の中などに産卵し、雌がこれを保護します。
栄養分はマダコとほぼ同じで、鉄や亜鉛が多めになります。

調理法
塩でもみ洗いをしてぬめりを取った後、ゆでて刺身や酢の物にすると美味しいです。
また、酢みそをかけ、軽くゆでたネギと和えても美味しいです。
大きいものは大味であり、腐るのが早いので注意する必要があります。

テナガダコ

テナガダコ名前の由来
長い腕をもつことからです。

特徴
テナガダコは、マダコ科の頭足類であり、北海道から九州の日本周辺海域および朝鮮半島西岸に分布しています。
浅海の泥底に穴を掘って住み、泥の表面に腕の先端を出してエサの小動物を捕食しています。
全長約70cmであり、産卵期は5~6月になります。

市場での評価は低く安価なものでしたが、最近は生食に人気が出てきたので値段が上がってきました。
マダコほど味はよくないですが、黒袋ごと煮ると風味があり美味しいです。

 
●関連記事●
タコの特徴や旬・産地・食べ方 
タコの栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。