鱈(タラ)の種類と特徴

タラの種類

マダラ

マダラ別称・方言
タラ/ヒゲダラ(神奈川県小田原)・イボダラ(富山)・アラ(長崎)

名前の由来
皮が少しまだらであることからという意味や、その他いろいろな説があります。

特徴
マダラは、タラ科の海水魚であり、単にタラと呼んだ場合は、マダラを指すことが多いです。

日本海および北日本太平洋岸・東シナ海北部・黄海・北太平洋に分布しています。
寒流性の底生魚で北国を代表する魚であり、体長約1mに達します。
一般に水深150~300mの深いところに生息し、魚類・甲殻類・頭足類・貝類をはじめさまざまなものを食べています。

マダラは貪欲な魚として知られていて、なんでも手当たり次第に食べるため、カニなどの鋭いとげで胃が傷つき、それが原因で潰瘍を起こすこともあります。

食べ方
タラは、とれたての新鮮なものなら刺身にできますが、タラちりなどの鍋にして食べられることが多いです。
この他、塩焼き・煮つけ・汁物・ホイル焼き・干物・粕漬けなど、さまざまな調理法があります。

昆布と相性がいいので、昆布じめの刺身やタラ昆布汁・松前蒸しなどにするのもいいです。

スケトウダラ

スケトウダラ別称・方言
スケソ・スケソウ・スケトオタラ・メンタイ/ヨイダラ(新潟)・キジダラ・シラミダラ(富山)・スケドオ(島根県今市)

名前の由来
漁に人手を要することから助っ人ダラといわれることや、その他さまざまな説があります。

特徴
スケトウダラは、タラ科の海水魚であり、山口県と千葉県銚子以北・オホーツク海・ベーリング海・太平洋の沿岸の浅場から、水深1000m以上の深海に広く分布しています。

体長は約70cmであり、大きな群れをつくり回遊し、魚類・甲殻類などを食べています。
マダラの近縁種になりますが、体形はマダラに比べて細長いです。
主漁期は12月~4月であり、釧路港は全国一の水揚げ量を誇り、マダラよりスケトウダラのほうが漁獲量が多いです。

食べ方
鮮魚としてはあまりなじみがなく、ちくわやかまぼこ・タラコ・明太子の原料として食べられています。
身は鮮度が落ちやすいので、そのほとんどは塩漬けや干物などに加工されています。

生のタラコは利用範囲が広いので、いろいろな料理に使われています。

コマイ

コマイ別称・方言
カンカイ/オオマイ(北海道厚岸)

名前の由来
コマイは、同類のマダラに対して小形であるため、小魚を意味する東北・北陸地方の方言から名前がついています。

特徴
コマイは、タラ科の海水魚であり、日本海北部・北海道東岸・オホーツク海・北太平洋に分布しています。

水深100m位に生息していて、マダラやスケトウダラに似ていますが小形であり、体長約30~40cm位です。
大きな移動や回遊は行なわず、底生動物を食べています。
成長は早く1年で体長20cmほどになり、生後2~3年で成熟します。

食べ方
脂が多いわりに淡白なので、焼くか煮るかの単純な料理がいいです。
白身のわりに腐敗が早いので、塩干しにした後、おつまみの珍味などに加工されています。

コマイは干物が有名であり、軽くあぶって食べると美味しいです。

 
●関連記事:鱈(タラ)の特徴や栄養・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。