椎茸(しいたけ)の旬の時期は?特徴や産地・選び方なども紹介♪

シイタケの栄養

しいたけの旬

旬のカレンダー
シイタケの旬
しいたけの旬は収穫された地域にもよりますが、基本的には春と秋の2回あります。

しいたけの特徴

シイタケしいたけは、日本と中国が原産のキノコで、主にシイの木に生えることからこの名前がついています。

日本において、本格的に食べられるようになったのは室町時代からになります。
広葉樹の枯れ木などに生えていたものを食べていましたが、 当時は栽培が不可能であり、自然のものを採集するしか方法がありませんでした。
江戸時代から人工栽培の方法を開発するようになりましたが、20世紀になってようやく人工栽培の方法が確立されました。

しいたけは、成長程度の度合いなどからいろいろな呼び名がありますが、いずれも中国語の発音を取り入れています。

●冬菇(どんこ)・・・肉厚でかさが開ききっていないです。
●香信(こうしん)・・・薄手でかさが開いています。
●香菇(こうこ)・・・冬菇と香信の中間的存在です。
●花冬菇(はなどんこ)・・かさの表面に亀裂のような模様が広がっています。

しいたけの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

徳島県
全国収穫の11.6%の構成比 8,159t
北海道
全国収穫の11.4%の構成比 7,979t
岩手県
全国収穫の7.4%の構成比 5,194t

しいたけは、日本各地で栽培されていて、特別にたくさん作っているという県はなく、比較的平均した生産量になっています。
日本産の干し椎茸は台湾・香港等で人気があるので輸出もされており、日本以外では、中国や韓国などで主に食用として栽培されています。

しいたけの上手な選び方

  • 軸は太く短いもの(うま味のある軸は1~1.5cmぐらいであり、半透明や黒ずんだものは避けるといいです)
  • 全体的によく乾いているもの
  • かさがあまり開きすぎていないもの
  • 裏のヒダがきれいで白く、変色や傷のないもの(鮮度が落ちると赤みがかります)

スポンサーリンク

しいたけの食べ方

シイタケの調理法しいたけは、和・洋・中華と調理法を選ばない食材になります。
90%ほどが水分であり、丸ごと焼くとうまみを含んだ汁が出て、味わいを存分に味わうことができます。
生の良質なものは、クセのない控えな香りとボリュームを感じさせる歯ごたえがあり、風味や歯ざわりを生かして、焼いたり、汁物や揚げ物・炒めものなどにすると美味しいです。
乾燥したものは、濃厚な香りやうまみを生かすため、ご飯ものや煮物・スープなどに入れるといいです。

生しいたけを焼くときは、まず、かさの内側を下にして火を通すとよく、こうするとうま味を逃さずに焼くことができますが、しいたけの石づき(根っこの部分)はかたいので取り除いたほうがよく、水で洗うと風味が落ちるので、汚れは払い落とすかキッチンペーパーでふくといいです。
干ししいたけは、ぬるま湯に砂糖をひとつまみ入れるともどしやすいです。
また、干ししいたけをもどした際のつけ汁には、たくさんのうまみ成分が溶け出しているので、そのまま捨てずにだし汁として有効に活用するといいです。

しいたけに含まれている栄養分(ビタミンB1・ビタミンB2・エリタデニン)は、水に溶けやすいという性質を持っているため、水洗いはなるべくしないで、汚れを軽くふき取る程度にしていたほうがいいです。
ゆでた場合などはゆで汁に栄養素が溶け出してしてしまうので、煮汁ごと食べることができる料理にしたほうが、栄養をより多く摂取することができます。
電子レンジでサッと加熱すると、栄養分の損失は少なくなりますのでおススメになります。

注意が必要
生しいたけを食べた時に、しいたけ皮膚炎と呼ばれる炎症が発生することがあるので、アレルギー体質の児童には注意が必要になります。
また、よく似た条件で発生し、やや姿が似ている毒キノコにツキヨタケというのがありますが、間違えて食べられることが時々起こっています。

しいたけの保存法

しいたけは、軸を上にして新聞紙で包み、冷蔵庫で保存するといいです。
かさの上にある胞子が落ちてしまうと鮮度が落ちやすくなるので、かさのひだを上にして保存するほうがいいです。

また、凍らせると酵素の働きにより細胞膜が壊され、うまみ成分が出やすくなるので、美味しさがアップします。

しいたけのおススメ料理

しいたけの肉詰め煮

しいたけの肉詰め煮しいたけは、調理法を選ばない食材であり、さまざまな食材と合わせることでその美味しさが引き立ちます。

しいたけの肉詰め煮は、しいたけに肉を詰めた料理ですが、とてもボリュームがあります。

カロリーは351kcalあり、調理時間も20分と少し多めなので、夕食のおかずなどに向いている料理になります。

出典:レタスクラブニュース(しいたけの肉詰め煮)

フライパン焼きしいたけ

フライパン焼きしいたけしいたけは、焼くと香ばしくなり、独特の食感も合わせてとても美味しくなります。

この料理は、しいたけをフライパンで焼いて後、わさびとしょう油で食べるだけなのでとても簡単にできます。

カロリーは19kcalであり、ダイエットに向いていますし、手軽にできますのでおススメです。
 
出典:レタスクラブニュース(フライパン焼きしいたけ)

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。