鰈(カレイ)の種類と特徴

カレイの種類

カレイは、家庭でよく食べられている魚のひとつであり、煮魚や唐揚げなどによく使われています。
低カロリーなのに栄養分が豊富で、消化が良い魚になります。

一般的に知られているカレイの種類には以下のようなものがあります。

マコガレイ

マコガレイ別称・方言
クロガシラ(北海道)・カシラクロ(青森)・モク(新潟)・アカガレイ(富山)・セグロ(福井)・マガレイ(大阪・山口)・ヤマブシカレイ(鳥取)・ホソクチガレイ(岡山)・アマコガレイ(香川)

特徴
マコガレイは、カレイ科の海水魚であり、北海道南部から大分県付近までの沿岸および朝鮮半島南部・東シナ海に分布しています。

体長約30~40cmであり、水深120mまでの砂泥底に生息しています。
体形は、マガレイに似て楕円形で、口は小さくなっています。
夜行性で、おもにゴカイ類や二枚貝・甲殻類などの小形底生物を食べています。

マコガレイは、身にしっかりとしたうま味があり、刺身に向いていて、産卵期は冬になります。
マコガレイは、ほかのカレイ類と同様に、外敵から身を守るために体色を環境に似せるという習性を持ちます。

食べ方
身は淡白であり、甘みを活かすなら刺身や寿司だねがよく、煮つけや焼き物・揚げものなどにすると美味しいです。

マガレイ

マガレイ別称・方言
マコガレイ(北海道)・オタルマガレイ(北海道函館)・アカガシラ(青森)・クチボソ(秋田県男鹿・象潟・新潟)・アカクチカレイ(福井)

名前の由来
カレイ類の代表ということからです。

特徴
マガレイは、カレイ科の海水魚であり、本州中部以北や樺太・千島列島・東シナ海中部・黄海・渤海・朝鮮半島東岸に分布しています。

体長約40cmで、水深100mまでの砂泥底に生息しています。
産卵は3~7月であり、北の地方ほど遅く沿岸の浅場で行なわれています。
ゴカイ類や甲殻類・二枚貝などの小形底生物を食べています。

マガレイの旬は冬であり、市場に多く流通していて、さまざまな料理に使われています。

食べ方
新鮮なものは刺身にするとよく、塩焼きや照り焼き・煮つけなどにすると美味しいです。
一夜干しにしてもよく、子持ちカレイは特に好まれています。

メイタガレイ

メイタガレイ別称・方言
ヒッキガレイ(青森)・キンチロ(福島)・タバコアサバ(新潟)・ネジカ(山口)・タバコガレイ(富山)・メムキガレイ(福井)・コウソガレ(愛知県三谷・熱田)・マツガレ(京都府舞鶴)・メンドガレ(愛媛県三津・松山)・メンタガレイ(熊本)・アマテビラメ(鹿児島)

名前の由来
両眼の間が厚い板状に隆起していることからです。

特徴
メイタガレイは、カレイ科の海水魚であり、北海道南部以南や黄海・東シナ海北部に分布しています。
体長約20~30cmであり、沿岸の浅場から水深100mほどの海域の砂泥底に生息し、ゴカイ類や甲殻類を食べています。

瀬戸内海で多く穫れますが、非常に高価であり、旬は春から初夏になります。

食べ方
小型だが身が厚いので、煮つけやお造り・唐揚げなどにすると美味しいです。
皮に松葉のような臭気があるので、これを嫌うなら皮をはいで調理するほうがいいです。

ババガレイ

ババガレイ別称・方言
アブクガレイ・ナメタガレイ/ブタガレイ(北海道)・オバガレイ(青森)・メッタ(青森・岩手・宮城)・ダラリ(茨城・千葉)・クロガレイ(東京)・イノリ・ヤマブシ(新潟)・ボサツ(新潟県出雲崎)・テンカンカレイ(富山)・ヤマブシカレイ(石川県能登)

名前の由来
身が厚く、さえない褐色の見た目が、太った老婆を連想させることからです。

特徴
ババガレイは、カレイ科の海水魚であり、駿河湾以北や日本海各地・サハリン・千島列島南部・渤海・東シナ海などの水深50~400mの冷水域に生息しています。
体長30~45cmほどであり、大きいものは60cm余りになります。

北海道太平洋岸の群れは、3~4月に三陸沖に南下して産卵することが知られています。
砂泥底に生息し、ゴカイ類・ヨコエビ類・クモヒトデ類などの底生小動物を食べています。
ババガレイの旬は、秋から翌春にかけてとされていて、東京では高級魚として有名であり、煮付けにして食べると美味しいです。

イシガレイ

イシガレイ別称・方言
イシモチガレ(北海道)・セエタ(青森県八戸)・イシダガレイ(福島県小名浜)・エシガレイ(富山県滑川)・カツタイビラ(茨城)

名前の由来
眼に石状の突起があることからです。

特徴
イシガレイは、カレイ科の海水魚であり、千島列島やサハリン以南の日本各地・朝鮮半島・台湾の沿岸に分布しています。
体長約50cmであり、水深30~120mの砂泥底に生息していますが、内湾や河口域にも見られます。

底生のゴカイ類・二枚貝類・甲殻類などを食べていて、12~2月にかけて水深30m位に接岸して産卵します。
大型魚は刺身が美味しく、小型魚は焼き物や煮つけに向いています。

カラスガレイ

カラスガレイ別称・方言
エゾカラスガレイ・フユガレイ

名前の由来
体色がカラスのように黒灰色または黒褐色を帯びていることからです。

特徴
カラスガレイは、カラス科の海水魚であり、相模湾以北や日本海・オホーツク海・北太平洋から北極海を経て、北部太平洋まで広く分布しています。
体長約1m・体重は45kgに達する、大形のカレイの1種です。

水深50~200mの海底に生息し、スケトウダラやイカ類・甲殻類を捕食しています。
日本近海での漁獲量が少ないので、北洋の産地から輸入されていて、切り身などで店頭に並んでいます。

食べ方
新鮮なものは、刺身や寿司だねにするとよく、煮つけやフライ・燻製などにしても美味しいです。

アブラガレイ

アブラガレイ別称・方言
フユガレイ/ブダガレイ(秋田県男鹿)・エンキリ(茨城)

名前の由来
身が油っぽいことからです。

特徴
アブラガレイは、カレイ科の海水魚であり、銚子以北や日本海北部・オホーツク海・ベーリング海西部に分布しています。

産卵期は12~2月であり、体長約90cmで、水深60~900mの砂泥底に生息しています。
カレイ類の中では代表的な魚食性であり、タコ・ホッケ・ニシンなどを捕食しています。

練り製品の材料などの加工品にされていて、小売りされていることは少ないです。
近年、フライ用に冷凍した切り身がアメリカなどに輸出されています。

 

関連記事

コメントは受け付けていません。