茄子(ナス)の栄養や効能・カロリー

ナスの栄養と効能

ナスの栄養ナスは、キュウリと同じく水分が90%以上で、ビタミンやミネラルはあまり含まれていませんが、野菜の中では低カロリーであり、ダイエットに向いています。
大腸にはたらきやすく体にこもった熱やむくみを取りますが、体を冷やす効果が高いので、子供や高齢者は食べ過ぎに注意が必要になります。

※ ナスは、皮に多くの栄養素が含まれているので、栄養素をしっかり吸収したいのであれば、皮はむかずに調理したほうがいいです。

ナスに含まれている栄養素には以下のようなものがあります。

ナスニン

皮の紫色は、ナスニンと呼ばれるアントシアニンの一種で、抗酸化作用があり、活性酸素を抑えコレステロールの酸化を防ぐ作用があります。
細胞の老化やがんを抑える作用があり、生活習慣病を予防する効果が期待できます。

また、眼精疲労をやわらげ視力の回復を助ける効果や、血管をきれいにするので、動脈硬化の予防に対しての効果もあるとされています。
ナスニンは、皮の部分に含まれているので、できるだけ皮ごと食べたほうがいいです。

クロロゲン酸

ナスのアクは、ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸であり、活性酸素による過酸化脂質の生成を抑え、老化やがんを防ぐとともに、コレステロール値を下げて動脈硬化を防ぐ働きが期待できます。

変色を防ぐため水にさらす場合、ナスニンやクロロゲン酸が溶け出すのを抑えるため、短時間でサッと済ませたほうがいいです。
また、油を使う料理で表面をコーティングすると、これらの損失を抑えることができます。

カリウム・プロテアーゼインヒビター

カリウムが豊富に含まれていて、高血圧の予防、改善や利尿作用によるむくみ解消が期待できます。
ナスに含まれているプロテアーゼインヒビターという物質には、炎症をしずめる作用があり、口内炎や胃炎・肝炎・関節炎などの痛みを抑え、症状を改善するとされています。

コリン

コリンという無色の強アルカリ性物質が含まれています。
血圧やコレステロール値を下げ、胃液の分泌を促す作用があり、肝臓の機能も強化しますので、高血圧や食欲不振に効果的とされています。

β-カロテン

β-カロテンが含まれていて、抗酸化作用があり、皮膚や目の機能の維持に働きます。
β-カロテンは、油といっしょに調理することで吸収率がアップします。

その他

ナスは、薄く切って天日干しした後、乾燥させると、うま味が増し、栄養分が凝縮し、日持ちするのでおススメです。
加熱すると、うま味成分であるグアニル酸が増えますが、丸ごと加熱したほうがグアニル酸の量はアップします。

ナスの主な効能

がん予防・高血圧予防・動脈硬化予防・口内炎予防・眼精疲労回復・コレステロールの上昇抑制

ナスの主な栄養成分

ナスニン・グアニル酸・クロロゲン酸・カリウム・プロテアーゼインヒビター・コリン・β-カロテン

ナスの栄養を強化する食べ合わせ

ナスとぬか漬け

ナスの栄養価を高めるには、ぬか漬けがおすすめです。
ぬか床には、ビタミンB群やカルシウム・β-カロテンが含まれていますが、ぬかに漬けることで栄養価がナスに吸収され、ビタミンB1は約2倍になります。

ナス+牛肉

ナスに含まれているコリンと、牛肉に豊富に含まれている鉄には共に疲労回復効果があるので、いっしょに摂取すると効果がアップします。

ナス+豚肉

ナスに含まれるカリウムが血圧を下げ、豚肉に含まれるたんぱく質が丈夫な血管をつくるため、いっしょに摂取すると、高血圧の予防に対しての効果が期待できます。

ナス+カボチャ

ナスに含まれているβ-カロテンと、カボチャのビタミンC・ビタミンEの相乗効果で、抗酸化作用がより高まります。
そのことにより、免疫力の強化やシミ予防などの効果が期待できます。

ナスのカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

22kcal

10%

93.2g

微量

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

220mg

18mg

17mg

30mg

亜鉛

マンガン

0.3mg

0.2mg

0.06mg

0.16mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

0

0

10μg

0.3mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.05mg

0.05mg

0.5mg

0.05mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

32μg

0.33mg

2.3μg

4mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値

 
●関連記事●
茄子(ナス)の特徴や種類・旬・産地・選び方・食べ方

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。