みょうがの栄養や効能・カロリー

みょうがの栄養と効能

ミョウガの栄養みょうがは、夏バテの解消にピッタリの栄養が含まれている香味野菜になります。

しょうがの仲間であることから、しょうがと同様に体を温める作用があり、血行や発汗を促したり、反対に体温を調整して発熱を抑える効果もあります。
血行をよくし体を温める作用があるので、入浴剤として使うことができたり、肩こりの解消にもなるとされています。

みょうがに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

アルファピネン

香り成分はアルファピネンといい、熱を冷ます作用や胃の消化を助ける働きがあり、消化・血行促進、発汗作用といった効果が期待できます。
また、さわやかな香りがあるので、夏の暑さで低下しがちな食欲を増進させたり、大脳皮質を刺激して眠気を覚ましたりする効果もあります。

アルファピネンは揮発性なので、生で切ったり刻んだりする食べ方がおススメになります。

アントシアニン

赤紫色をしている表面は、アントシアニンによるものであり、活性酸素の働きを抑えて、目の健康を守る・肝機能を高める・高血圧を予防、改善するなどの効果が期待できます。
みょうがはアクを抜くため、切ってから水にさらして使うことがありますが、アントシアニンは水溶性なので、水にさらして使う時間は少なくしたほうがいいです。

その他

辛味のもとは、ミョウガジアールという成分で、抗菌作用や解毒作用が期待できるほか、血栓予防に役立つ可能性があるともされています。
カリウムが豊富に含まれていて、むくみの解消や高血圧予防の効果が期待できます。
その他、葉酸やマグネシウムなどのミネラルが含まれています。

漢方では、消炎や解毒の作用がある生薬として、主に煎じ薬や外用薬に用いられてきました。
民間療法において、みょうがの生は、リウマチの治療や消化促進に効果があるとされています。

みょうがの主な効能

食欲増進・消化促進・眠気予防・熱冷まし・血行促進・発汗作用・高血圧の予防、改善

みょうがの主な栄養成分

アルファピネン・アントシアニン・ミョウガジアール・カリウム・葉酸・マグネシウム

みょうがの栄養を強化する食べ合わせ

みょうが+きゅうり

みょうがときゅうりをいっしょに摂ると、消炎や解毒に対する効果が高まりますので、口内炎に対しての予防効果が期待できます。

みょうが+豚肉

みょうがのアルファピネンと、豚肉のビタミンB1はともに疲労回復効果があるので、いっしょに摂取すると効果がアップします。

みょうがのカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

12kcal

3%

95.6g

1mg

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

210mg

25mg

30mg

12mg

亜鉛

マンガン

0.5mg

0.4mg

0.05mg

1.17mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

1μg

1μg

8μg

0.1mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.05mg

0.05mg

0.4mg

0.07mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

25μg

0.20mg

1.1μg

2mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値

 
●関連記事●
みょうがの特徴や旬・産地・食べ方

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。