アボカドの旬の時期は?特徴や産地・選び方なども紹介♪

アボカドの栄養

アボカドの旬

アボカドは、わずかに国産物が出回っているものの、ほとんどは輸入ものであり、1年中美味しく食べることができます。
よって、アボカドの旬は通年ということになります。

アボカドの特徴

アボカドアボカドは、5000年以上も前から栽培されていて、世界一栄養価が高い果物としてギネスブックに認定されています。
原産地は中央アメリカ(コロンビア・エクアドル)およびメキシコ南部とされています。
その栽培は比較的古く、メキシコでは13~15世紀にアステカ族が行っていて、アメリカ大陸を発見したときには、熱帯アメリカ一帯で盛んに栽培されていました。
1833年にカリフォルニア及びフロリダに導入され、アジアへは19~20世紀、日本へは大正時代に伝わりました。

世界に700以上の品種があり、卵形で果皮が緑色のものが一般的で甘味や酸味はないのですが、森のバターと呼ばれるほど脂肪が多く、コクがありなめらかな食感になります。

アボカドオイルとは!?

アボカドオイルは、アボカドの果肉から摂れるオイルで、化粧水やクリームのかわりとして使われていて、老化防止や疲労回復の効果が期待できるビタミンB群が豊富に含まれています。
アボカドの果実と同様にフルーティーでコクがあり、甘い口当たりで、アボカドの風味をほんのり感じることができます。

皮で角質ケア

アボカドを食べ終えたら、むいた皮は捨てずに角質ケアに利用できます。
果肉のついている側でかたい部分をこすってマッサージすれば、やわらかいスベスベな肌になります。

黒いスジがあると傷んでいる?
アボカドを切ってみると、果肉に無数の黒いスジが入っていることがあります。
これは維管束というタネに養分を送るパイプのようなものであり、追熟がうまくいっていない時に変色する傾向があります。

害はありませんが、変色したものはすじっぽい食感になり舌触りが悪くなります。

アボカドの産地

現在では、メキシコやカリフォルニア・ブラジル及び中南米諸国が主産地となっています。

日本では大正初期より戦後にかけて、鹿児島・愛知・高知・和歌山・静岡の一部の温暖な地域に導入・栽培されていますが、栽培が少なく産地化までには至っていません。
スーパーなどに出回っているものは、ほとんどがメキシコからの輸入品で、「ハス」という品種が中心になっています。

アボカドの上手な選び方

  • 皮にツヤとハリがあるもの。
  • 軽く握った時、弾力があるもの。
  • 購入後すぐに食べる場合は、よく熟した皮の黒いものを選ぶといいです。
  • 色で判断できなければ、手でそっと押し、熟し加減をみるといいです。
  • 皮に黒いシミがあるものは避けたほうが無難です。

スポンサーリンク

アボカドの食べ方

アボカドの食べ方アボカドは、スシ種としてはポピュラーであり、ワサビ醤油をかけて食べるとマグロのトロに似ているので、お寿司のカリフォルニアロールが誕生したといわれています。
全体がチョコレート色になったら食べ頃で、皮が緑色をしているものは購入後3~4日、黒と緑がまばらなものは1~2日後が食べ頃になります。

アボカドは、塩とレモンで食べるのが一般的ですが、生のままサラダやデザート・揚物・スープなどにすると美味しいです。
よく熟れたアボカドを裏ごしし、チキンスープと混ぜ合わせた後、生クリームや白ワイン・レモン汁などで味付けし、冷やしたアボカドスープにしても美味しいです。
少しかたいものは、フリッター(洋風てんぷら)やグラタン・炒めものなどにしてもひと味違った美味しさがあります。

アボカドは、切ったまま時間が経つと酸化して黒く変色してしまいますので、食べる直前に調理するのがポイントになります。
変色を防ぐ方法としては、表面が空気に触れないように密封するか、レモン汁をかけておくのが効果的なやり方になります。

アボカドの切り方

縦に包丁を入れ、種にそって切り目を入れたら両手で実をひねって半分に割る。 

包丁の尻付近で種を刺し、キュッとひねって種を取る。 

細いほうから皮をむきますが、皮を広めに持ってむくとスムーズにむけます。

「アボカドの切り方と保存テク」紹介動画はコチラ
↓ ↓ ↓

アボカドの保存法

未熟なものは熟すまで室温におきますが、冬は温かい場所に置くといいです。
より早く熟成させたいときは、エチレンガスを発生させるリンゴなどといっしょに袋に入れておくといいです。

また、熟したものは冷蔵庫で保存し3~4日で使い切るほうがいいです。
切ったままのアボカドは酸化して色が黒くなるので、レモン汁をかけ、ラップを密着させてから冷蔵庫で保存するといいです。

あなたにおすすめの記事



コメントは受け付けていません。