もやしの栄養や効能・カロリー

もやしの栄養と効能

もやしの栄養もやしは、低カロリーであり、料理のカサ増しをするのに役立つので、ダイエットに向いている食材です。
約94%が水分なのですが、ビタミンB1・ビタミンB2・カリウム・カルシウム・鉄・葉酸・食物繊維など、さまざまな栄養を含んだ野菜になります。

もやしそのものには栄養はそれほど多く含まれていませんが、豆の部位にはビタミンやミネラルなど有用な成分が豊富に含まれていますので、同じもやしを使うなら豆もやしを使うほうがいいです。
また、大豆と同じくイソフラボンも含まれていますので、骨の健康維持にも期待ができます。

ビタミンCやカリウムは熱に弱く、短時間の加熱ならシャキッとした食感も失われませんので、炒める場合は、サッと炒める程度にしていたほうがいいです。
ゆでるより蒸すほうがよく、さらに油で炒めたほうが栄養分の損失は少なくてすみます。

もやしに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

ビタミンC

もやしは発芽すると、栄養価がアップし、豆のときには少量しか含まれていなかったビタミンCを多く生成します。
ビタミンCの抗酸化作用で体内のサビを防ぐので、アンチエイジングが増える効果や、コラーゲンの生成を促し、美肌作りの手助けをする効果などが期待できます。

もやしは、加熱することで量を多く摂りやすいため、日常の食卓において手軽なビタミンCの補給減になります。
みそ汁やスープの中に入れると、味が良くなり、ビタミンCも逃がさず摂取することができます。
レバニラ炒めは、ニラに含まれているβ-カロテンの成分がプラスされ、ビタミンCの抗酸化力を強めることができるので、おススメの食べ方になります。

ビタミンB1・ビタミンB2

ビタミンB1・ビタミンB2は、エネルギー代謝を高める作用があるため、疲労を取り除いてくれます。
また、脳や神経の働きを活発にしてくれたり、肝機能を正常化させるのに役立ちます。
ビタミンB2は、脂質の代謝を促進するので、ダイエットに効果的です。

アミラーゼ

消化酵素であるアミラーゼが含まれていて、消化を助け胃腸の調子を整える働きがあり、食欲不振を改善する効果が期待できます。
また、疲労回復や体力増強などにも有効とされています。

その他

ポリフェノールが豊富に含まれていて、コレステロールの酸化を防ぎ、動脈硬化や心筋梗塞の予防に対しての効果が期待できます。
腸内の老廃物を除去してくれる食物繊維が豊富に含まれていて、便秘の予防・改善に対する効果が期待できます。
アスパラギン酸が含まれていて、代謝を高め、疲労を回復する効果が期待できます。

この他、高血圧やむくみ対策に役立つカリウムや、造血効果がある葉酸・貧血予防に欠かせないなどのミネラルも含まれています。

もやしの主な効能

動脈硬化予防・美肌作り・整腸作用・疲労回復・生活習慣病予防・風邪や感染症の予防

もやしの主な栄養成分

ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・カリウム・カルシウム・鉄・葉酸・食物繊維・ポリフェノール

もやしの栄養を強化する食べ合わせ

もやし+豆腐

もやしに含まれているカリウムが余分な塩分を体外へ追い出し、豆腐のたんぱく質がやわらかい血管をつくるのに役立ちますので、高血圧の予防、改善に対する効果が期待できます。

もやし+しめじ

もやしとしめじに含まれているカリウムや食物繊維が合わさることで、むくみの予防や解消に役立ちます。
また、脂肪の吸収を抑える働きもあるので、ダイエット効果も期待できます。

もやし+アーモンド

アーモンドに含まれている脂質で腸のすべりが良くなり、もやしに含まれている食物繊維が腸を刺激するので、便秘の予防や改善に対する効果が期待できます。

もやし(ブラックマッペ)のカロリー(kcal)と食品成分

エネルギー(カロリー)

廃棄率

水分

ナトリウム

15kcal

1%

95.0g

6mg

カリウム

カルシウム

マグネシウム

リン

71mg

15mg

11mg

28mg

亜鉛

マンガン

0.4mg

0.4mg

0.07mg

0.08mg

ヨウ素

セレン

モリブデン

ビタミンE

0.1mg

ビタミンB1

ビタミンB2

ナイアシン

ビタミンB6

0.04mg

0.06mg

0.4mg

0.06mg

葉酸

パントテン酸

ビオチン

ビタミンC

42μg

0.34mg

11mg

※ 可食部(食べられる部分)100gあたりの数値

 
●関連記事●
もやしの特徴や旬・栄養・食べ方 

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。