鰹(カツオ)の種類と特徴

カツオの種類

カツオ

かつお 写真別称・方言
ホンガツオ、マガツオ/オオカツ(宮城)・カギカケガツオ(伊豆)・タテマダラ(島根)・オオガツオ(高知)・ガラ(鹿児島)・ヤマトガツオ(沖縄)

名前の由来
カタウオ(堅魚)・・・乾燥すると極めて硬くなるということから由来しています。

特徴
カツオは、サバ科の海水魚で、世界各地の熱帯から温帯海域に広く分布しています。
日本では太平洋岸と九州西岸に多く典型的な回遊魚であり、3~8月頃黒潮に乗って日本海を北上し、夏には北海道の太平洋岸でも見られます。

体長約1mであり、表層を大群で回遊しイワシ類やイカ類などを食べています。
亜熱帯海域では春から初夏にかけて産卵しますが、赤道海域ではほぼ周年に渡って産卵しています。
近年は南方海域にも出漁するため1年を通して市場に出回っているので、旬の味わいも薄れつつあります。

カツオは、古くから日本人とかかわりある魚であり、縄文遺跡にカツオが食用にされた形跡が残っています。
初夏を告げる縁起物として江戸っ子が最も親しんだという初ガツオですが、現在でもその人気は健在です。
脂ののった秋の戻りガツオも濃厚な美味しさがあり、こちらを好む人も多いです。

現在一番食べられているのは本ガツオ(カツオ)です。
カツオは釣りの魚としても人気が高く、一本釣り・フカセ釣り・ルアー・フライ・トローリング等様々な釣り方があります。

ハガツオ

ハガツオ別称・方言
キツネカツオ・キツネガツオ/ボウサン(千葉)・スゲ・トウザン(神奈川)・スシガツヲ(富山)・ヤナギガツオ(大阪府堺)・サバガツオ(長崎)・ハアガツ(沖縄)

名前の由来
ハガツオは、体形がカツオに似ていて、カツオより強く大きい歯があることからです。

特徴
ハガツオは、サバ科の海水魚であり、本州中部以南・インド、西太平洋域に分布しています。
カツオに似た体形で体長約50cm~1mであり、イワシ・サバ・アジ等を捕食しています。
夏季に産卵しますが、その生態はまだ調査が十分に進んでいないです。

食べ方
身はやわらかく、カツオより味は落ちますが、旬の鮮度のいいものは刺身にすると美味しいです。
また、塩焼き・照り焼きなどにしてもいいです。

スマガツオ

スマガツオ別称・方言
タイワンヤイト・ヤイト/ワタナベ(千葉県勝山)・スマガツオ(東京)・ヤワラ(三重)・ヤイトマス(和歌山)・オボソ(愛媛)・オボソガツオ(鹿児島)

名前の由来
縞(シマ)が転じてスマになったことからです。

特徴
スマガツオは、サバ科の海水魚であり、南日本・インド、太平洋域の暖海に分布しています。
体長約50~80cmですが、1mに達するものもあります。

魚類・甲殻類・頭足類などを食べていて、沿岸から沖合にいます。
刺身や焼魚などで食べられていますが、流通量は少ないです。

マルソウダガツオ

マルソウダガツオ別称・方言
マルガツオ(秋田県象潟)・フクライ(宮城)・マンダラ(神奈川)・スンポウ(福岡)・デブガツヲ(富山県生地・新湊・四方)・ミーヂカー(沖縄)・タニガツオ(和歌山県田辺)・マルメジカ(高知)・スポタ(鹿児島)

名前の由来
マル・・・体の断面が丸いこと ソウダガツオ・・・群れを作り波しぶきを立てて小魚を取ることから、騒々しく騒ぐカツオということです。

特徴
マルソウダガツオは、サバ科の海水魚であり、ヒラソウダガツオと合わせてソウダガツオとも呼ばれています。
南日本各地・世界中の温・熱帯海域に分布していて、体長約30~55cmであり、群れをなして表層を泳ぎ内湾などにも入り込み、イワシなどの魚類を食べています。

鮮魚よりも濃厚な麺つゆの原料としての知名度が高いです。

ヒラソウダガツオ

ヒラソウダガツオ別称・方言
ソウダガツオ・フクライ(宮城)・ノドクロ(千葉・神奈川)・シブワ(静岡県内浦)・デブガツオ(富山県生地・新湊・四方)・スマ(和歌山・高知)・ヒラメジカ(高知)・スンポオ(福岡)・ヲボツガツヲ(鹿児島)

名前の由来
体の扁平なソウダガツオということからです。

特徴
ヒラソウダガツオは、サバ科の海水魚であり、南日本各地・世界中の温・熱帯海域に分布していて、全長は約30~40cmになります。
イワシ類などの魚類を捕食していて、おもに沿岸から沖合を大群をなして泳ぎ回っています。

刺身や照り焼きなどにすると美味しいです。

 
●関連記事●
鰹(カツオ)の食べ方や旬・産地・選び方
鰹(カツオ)の栄養や効能・カロリー

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。