カニの種類と特徴!旬や産地・栄養なども紹介♪

カニ


カニの種類と特徴

ズワイガニの特徴

ズワイガニ別称・方言
セイコガニ(メス)、コウバガニ(メス)、マツバガニ(鳥取)・エチゼンガニ(福井・石川)・ヨシガニ、タラバガニ(山形)

名前の由来
ズワイという名前は、細くまっすぐな小枝を意味する「すわえ」に意味するとされています。

特徴
ズワイガニは、クモガニ科の甲殻類であり、北太平洋・オホーツク海・ベーリング海・日本海では北海道東岸まで・太平洋側は銚子沖までの寒海に分布しています。

通常は200m前後の深層に生息し、冬季に浅場へ移動します。
オスは脱皮を繰り返し甲幅約15cmほどになりますが、メスは約8cmほどで成熟します。

ズワイガニは、冬の味覚の王様といわれていて、日本海では冬の風物詩となっています。
味がよく脚にも肉量が豊富なことから、市場では最高値で取引されています。
漁獲される地域によって、北陸地方では越前ガニ・山陰地方では松葉ガニと呼ばれています。

食べ方
市場では、大形のオスのみをズワイガニと呼び、メスガニや幼ガニはセイコガニ・セコガニと呼ばれていて、主に鍋物のだしなどに使われています。
新鮮なものは刺身でも食べられていますが、カニすき・塩ゆで・蒸すなど、さまざまな食べ方が楽しめるのが特徴になります。
カニの殻にはうま味成分であるグルタミン酸が豊富に含まれているので、鍋の中に殻ごといれてだしを取ると、塩やしょうゆなどの調味料を減らすことができます。

カニ味噌は、濃厚なうま味があり、とても美味しいです。
味噌とつくので脳みそと思われがちですが、実は肝臓やすい臓部分になります。

ズワイガニの旬

旬のカレンダー
ズワイガニの旬
資源保護のために漁期が決められれていて、美味しいオスは11月~3月下旬までになります。

ズワイガニの産地

農林水産省(平成24年漁業・養殖業生産統計)参照

兵庫県
全国漁獲の31.8%の構成比 1,400t
鳥取県
全国漁獲の25.0%の構成比 1,100t
福井県
全国漁獲の11.4%の構成比 500t

ズワイガニは、国産物よりも輸入物のほうが圧倒的に多く、最近は低価格な輸入物がスーパーなどで販売されていることもあります。
オスは海外から大量に輸入されますが、メスは国産ものになります。

国産物では数が足りないので、現在では、ロシア・アラスカなどからの輸入物が国産物の10倍ほども輸入されています。

ズワイガニの上手な選び方

  • 手で持った時に重いもの。
  • 甲羅に黒い粒があるのは身が詰まっています。
  • 甲羅などが黒ずんでいるものは古いので避けたほうがいいです。

ズワイガニの栄養と効能・カロリー

ズワイガニの栄養ズワイガニは、高たんぱく・低脂肪・低カロリーであり、ビタミンB1やビタミンB2・ビタミンE・カルシウム・カリウムなど、他のカニよりもさまざまな栄養素が含まれています。

ビタミンB12が豊富に含まれていて、赤血球の生成を助ける働きがあるので、貧血予防に有効とされています。
ナイアシンが豊富に含まれていて、アルコールの代謝を促し、二日酔いを予防する効果が期待できます。

悪玉コレステロールや中性脂肪を減らし、肝機能を高める作用があるタウリンが含まれています。
味噌の部分には、肝臓の機能を活発にし、疲労を回復させるグリコーゲンが豊富に含まれていています。
新しい細胞を作る原材料となる核酸が豊富に含まれていて、新陳代謝を活発にし、老化防止に対する効果が期待できます。

主な効能
疲労回復・貧血の予防、改善・二日酔いの予防・コレステロールの上昇抑制

主な栄養成分
ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB12・ビタミンE・カルシウム・カリウム・ナイアシン・タウリン・グリコーゲン・核酸

カロリー(kcal)と糖質
ズワイガニのカロリーですが、生の場合は63kcal・ゆでた場合は69kcalであり、糖質は0.0gです。(※ 可食部100gあたり)
カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材になります。

スポンサードリンク

タラバガニの特徴

タラバガニ名前の由来
タラバガニという名前は、タラの漁をしている時によく獲れたことが由来とされています。

特徴
タラバガニは、タラバガニ科の甲殻類であり、キングクラブとも呼ばれるものの、ヤドカリ類の仲間になります。
日本海から北海道沿岸・オホーツク海・ベーリング海・アラスカ沿岸の寒海に分布しています。
甲幅は約25cmで、脚を広げると1mを超していて、水深約30~360mに生息しています。

食べ方
ミソが少ないため、他のカニとは料理法が少し異なりますが、身がぎっしり詰まっていて、濃厚なうま味と甘みがあり美味しいです。
贅沢に味わいたいなら焼きガニがいいですが、しゃぶしゃぶにしても良く、熱を通すと甘みとうま味が増します。

また、新鮮なものは刺身にすると美味しく、豊かな甘みが口に広がります。
その際、脚の身を氷水で締めると花が咲いたように開き、美味しさを引き立てます。

タラバガニの旬

旬のカレンダー
タラバガニの旬
11月~2月にかけてが旬であり、身が詰まっていて美味しい時期になります。

タラバガニの産地

北海道が主力の産地になっていますが、資源確保のため漁獲は11~3月に制限されています。
タラバガニは、ちらし寿司やパスタ・ピザ等に使われている缶詰や冷凍食品などに加工されていますが、缶詰は最高級品として各国へ輸出されています。

タラバガニの上手な選び方

  • 手で持った時に重いもの。
  • 殻を押してみてやわらかいものは、水っぽく身が詰まっていないので避けたほうがいいです。
  • カニは生きているものやゆでて冷凍したものなどいろいろありますが、品質は意外に冷凍の脚だけのものが安定しています。

タラバガニの栄養と効能・カロリー

タラバガニの特徴タラバガニは、高たんぱく・低脂肪であり、ビタミンやミネラルがバランスくよく含まれています。
うま味成分のグルタミン酸やグルシンが多く含まれているわりにコレステロールが少ないので、肥満や生活習慣病が気になる人にはおススメの食材になります。

造血作用があるビタミンB12やタウリンが含まれていて、貧血予防に有効とされています。
タウリンは、悪玉コレステロールを減らし、肝機能を強化する効果も期待できます。

甲羅の赤い成分であるアスタキサンチンが含まれていて、強い抗酸化作用があり、細胞の老化や生活習慣病を予防する効果に期待ができます。
鍋にする場合は、鍋に甲羅も入れればだしも取れる上、甲羅に含まれるカルシウムやアスタキサンチンなどの栄養素もいっしょに摂ることができます。

この他、循環器系の健康に役立つマグネシウムや味覚や嗅覚を正常に保つとされている亜鉛・免疫力の向上に役立つリンなどが豊富に含まれています。

主な効能
貧血の予防、改善・老化抑制・免疫力の増強・肝機能の強化

主な栄養成分
ビタミンB12・タウリン・アスタキサンチン・カルシウム・マグネシウム・亜鉛・リン

カロリー(kcal)と糖質
タラバガニのカロリーは75kcal・糖質は0.2gです。(※ 可食部100gあたり)

スポンサードリンク

毛ガニの特徴

ケガニ名前の由来
毛ガニという名前は、甲や脚に毛が密集していることから由来しています。

特徴
毛ガニは、クリガニ科の甲殻類であり、福井県以北および朝鮮半島東岸以北の日本海・宮城県以北の太平洋岸・ベーリング海を経てアラスカまで分布しています。

水深15~300mまでの砂泥底に生息していて、一般に雄のほうが大形であり、最大甲長13cmになります。
産卵は4~5月頃と10~12月頃なのですが、春型がほとんどになります。
北海道でしか食べられなかったものが、日本全国で楽しめるようになったのは1960年代半ばのことです。
毛ガニの味噌は、もっとも美味しいとされていて、カニの中では最高値で取引されています。

毛ガニは、タラバガニやズワイガニに比べると小ぶりですが、濃厚なうま味を持つかに味噌と、繊細で上品な甘みを持つ足の毛が特徴なカニです。
北海道の海の幸の代表格として有名で、身をほぐす作業など調理にひと手間必要ですが、多くの人に人気があり、身は甘みもあって非常に美味しいです。
通常はゆでたものが流通していて、身の量が少なく物足りないですが、そのかわりに味噌がとても美味しいです。

食べ方
毛ガニは、ゆでて食べるのが一般的であり、生きているカニの場合は脚にヒモをかけ、たっぷりの水に少量の塩を入れたなべに落としブタをして、強火で15~20分(大きいものは30分)ゆでるといいです。 
この時、しょう油を少しいれても美味しいです。

脚の身は、そのまま食べるのはもちろん、鍋やかに玉・チャーハンなどにしても美味しく食べることができます。

毛ガニの旬

旬のカレンダー
毛ガニの旬
北海道では資源保護のため、春はオホーツク・夏は内浦湾・冬は日高太平洋と漁場が変化します。

毛ガニの産地

北海道が主力の産地になっています。
漁獲量が少なく高級食材となっていますが、アラスカ産などの味がいい輸入物も出回っています。

毛ガニを使ったカニ缶は、かつて全缶詰の1%を占めていましたが、近年は缶詰よりも生鮮品または冷凍品として市場に出回ることのほうが多くなっています。

毛ガニの上手な選び方

  • 大きくて殻の色が濃いもの。
  • 持った時に重く、脚を軽く押すとスカスカでないもの。
  • 甲羅が黒変しているものは、甲羅の中で味噌が飛び散っているので美味しくないです。

毛ガニの栄養と効能・カロリー

ケガニの栄養毛ガニは、高たんぱく・低カロリーであり、ダイエットには適した食材になります。
糖質の代謝に不可欠なビタミンB1と、脂質の代謝を助けるビタミンB2を豊富に含むため、美容・美肌効果にも優れています。

赤い色素成分であるアスタキサンチンには、非常に強い抗酸化作用があるため、細胞の老化やがん細胞の増殖を防ぐ効果が期待できます。
味噌には、疲労を回復させるエネルギー源として体内に蓄えられるグリコーゲンが豊富に含まれています。

血中コレステロールを下げるタウリンが豊富に含まれていて、生活習慣病を予防する効果が期待できます。
血液を生成する働きがあるとされているが豊富に含まれています。

この他、細胞の合成にかかわり発育不全を防ぐ亜鉛や、赤血球の生成に関わり、貧血を予防するなどのミネラルも多く含まれています。

主な効能
美肌効果・がん予防・疲労回復・貧血の予防、改善

主な栄養成分
ビタミンB1・ビタミンB2・・アスタキサンチン・グリコーゲン・タウリン・銅・亜鉛・鉄

カロリー(kcal)と糖質
毛ガニのカロリーは72kcal・糖質は0.2gです。(※ 可食部100gあたり)

合わせてどうぞ

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。