ネギの特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

ネギ畑

ネギの特徴

ネギの起源は、トルコを中心としたアジア地域、あるいはインドと考えられています。

中国においては紀元前から栽培されていて、日本には奈良時代に伝わったとされています。

ヨーロッパにはリーキ(西洋ネギ)がありますが、これは東洋のネギとはまた別のものになります。

 
ネギは、それぞれの気候にあった地方特有の品種に人気があります。

関東では土を盛って日に当てないように育てる根深ネギ(長ネギ)のような、白い部分が多いものが人気です。

関西では日にあてて育て、緑の葉までやわらかい葉ネギ(青ネギ)のようなものが主流になっています。

ネギの種類

根深ネギ
伸びるにつれて土寄せして軟白化したものであり、煮物や揚げ物・鍋物・炒め物など、さまざまな料理に使われています。

一般的には長ネギ・白ネギと呼ばれていて、白い部分が多く関東地方に多いです。

下仁田(しもにた)ネギ
群馬特産のネギで、殿様ネギとも呼ばれています。

枝分かれしない一本ネギであり、加熱すると独特の甘みがでます。

九条ネギ
青ネギの代表であり、京都の九条周辺で栽培されていたのでこの名前がつきました。

近年は京都だけでなく、西日本で広く栽培されています。

あさつき
もともとは山の草地に生えていたネギの近縁種になります。

根深ネギの生育途中の細いものをあさつきと呼ぶ場合も多い。

おもに薬味として使われていて、殺菌効果があります。

わけぎ
ネギとタマネギの雑種であり、枝分かれして育つことから分け葱(わけぎ)になりました。

青ネギより細くてやわらかく、カリウムやカルシウムが豊富に含まれています。

小ネギ(万能ネギ)
万能ネギはこの品種のことをいい、葉ネギを若採りしたもので暑さに強く、年中栽培されています。
赤ネギ
やわらかく甘みがあるネギになります。
赤紫色はポリフェノールの一種のアントシアニンであり、表皮を数枚むくとだんだん色が薄れ、中心部は白くなっていきます。
芽ネギ
乾燥させてやわらかく育てた芽を、7cmほどのところで若採りしたもの。

寿司のネタになることもあります。

リーキ
地中海沿岸が原産であり、別名を西洋ネギといいます。

白い茎の部分のみ食用としますが、煮るとやわらかくなり、甘みと香りを楽しむことができます。

関連記事

ネギのカロリーに関する記事です。

ネギの旬

旬のカレンダー
ネギの旬
ネギは、冬が旬であり、寒い時期になると甘みが強くなって美味しくなります。

ネギの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

千葉県
全国収穫の14.1%の構成比 68,000t
埼玉県
全国収穫の12.4%の構成比 59,800t
茨城県
全国収穫の9.7%の構成比 46,600t

ネギは、もともとは冬野菜になるのですが、最近では夏の需要も多いので、春ネギ・夏ネギ・秋冬ネギと周年栽培されるようになりました。

九条ネギのような青ネギは、香川や大阪では周年栽培されていますが、近年では中国からの輸入も増えています。

ネギの上手な選び方

  • ピンと張りがあるもの。
  • 鮮やかな白色で、しまっているもの。
  • みずみずしく、ツヤがあるもの。
  • 重みがあり、巻きのしっかりしたもの。
  • 根の部分が固くしまっているもの。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。