ネギの特徴とは?種類や産地・栄養なども紹介♪

ネギ畑

ネギの特徴

ネギの起源は、トルコを中心としたアジア地域、あるいはインドと考えられています。
中国においては紀元前から栽培されていて、日本には奈良時代に伝わったとされています。
ヨーロッパにはリーキ(西洋ネギ)がありますが、これは東洋のネギとはまた別のものになります。

ネギは、それぞれの気候にあった地方特有の品種に人気があります。
関東では土を盛って日に当てないように育てる根深ネギ(長ネギ)のような、白い部分が多いものが人気であり、関西では日にあてて育て、緑の葉までやわらかい葉ネギ(青ネギ)のようなものが主流になっています。

ネギの種類

根深ネギ
伸びるにつれて土寄せして軟白化したものであり、煮物や揚げ物・鍋物・炒め物など、さまざまな料理に使われています。
一般的には長ネギ・白ネギと呼ばれていて、白い部分が多く関東地方に多いです。
下仁田(しもにた)ネギ
群馬特産のネギで、殿様ネギとも呼ばれています。
枝分かれしない一本ネギであり、加熱すると独特の甘みがでます。
九条ネギ
青ネギの代表であり、京都の九条周辺で栽培されていたのでこの名前がつきました。
近年は京都だけでなく、西日本で広く栽培されています。
あさつき
もともとは山の草地に生えていたネギの近縁種になります。
根深ネギの生育途中の細いものをあさつきと呼ぶ場合も多いです。
おもに薬味として使われていて、殺菌効果があります。
わけぎ
ネギとタマネギの雑種であり、枝分かれして育つことから分け葱(わけぎ)になりました。
青ネギより細くてやわらかく、カリウムやカルシウムが豊富に含まれています。
小ネギ(万能ネギ)
万能ネギはこの品種のことをいい、葉ネギを若採りしたもので暑さに強く、年中栽培されています。
赤ネギ
やわらかく甘みがあるネギになります。
赤紫色はポリフェノールの一種のアントシアニンであり、表皮を数枚むくとだんだん色が薄れ、中心部は白くなっていきます。
芽ネギ
乾燥させてやわらかく育てた芽を、7cmほどのところで若採りしたものです。
寿司のネタになることもあります。
リーキ
地中海沿岸が原産であり、別名を西洋ネギといいます。
白い茎の部分のみ食用としますが、煮るとやわらかくなり、甘みと香りを楽しむことができます。

ネギの旬

旬のカレンダー
ネギの旬
ネギは、冬が旬であり、寒い時期になると甘みが強くなって美味しくなります。

ネギの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

千葉県
全国収穫の14.1%の構成比 68,000t
埼玉県
全国収穫の12.4%の構成比 59,800t
茨城県
全国収穫の9.7%の構成比 46,600t

ネギは、もともとは冬野菜になるのですが、最近では夏の需要も多いので、春ネギ・夏ネギ・秋冬ネギと周年栽培されるようになりました。
九条ネギのような青ネギは、香川や大阪では周年栽培されていますが、近年では中国からの輸入も増えています。

ネギの上手な選び方

  • ピンと張りがあるもの。
  • 鮮やかな白色で、しまっているもの。
  • みずみずしく、ツヤがあるもの。
  • 重みがあり、巻きのしっかりしたもの。
  • 根の部分が固くしまっているもの。

スポンサードリンク

ネギの栄養と効能

ネギの栄養ネギには、根深ネギ・葉ネギ・あさつき・わけぎ・万能ネギなどさまざまな種類がありますが、種類によって栄養価は少し違ってきます。
それぞれの栄養価を比べてみると、ビタミンC・β-カロテン・カルシウムなどが含まれている葉ネギの栄養価がもっとも優れています。

食欲が減退する夏には、ネギ特有のツンとした香りが消化液の分泌を促し、食欲を増進させ、免疫力を高めます。
ざるそばやそうめん・冷奴の薬味によくネギが使われるのは、美味しいだけではなく、夏バテ予防に一役かっているからになります。

また、寒い時期には、ネギを食べることでからだが温まりますし、すぐれた抗菌作用があるため、風邪予防や冷え性の対策につながります。
中医学では、体を温める食材の代表とされ、風邪の初期や冷えからくる症状の改善に利用されています。

ネギに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

アリシン(硫化アリル)

ネギには、アリシン(硫化アリル)が豊富に含まれていて、消化液の分泌を促して食欲を増進させてくれます。
胃腸内のビタミンB1を効率よく吸収し、糖質の分解・吸収を高めてくれるので、エネルギー代謝が活発になります。
エネルギー代謝が活発になるので、胃酸の分泌を促し、疲労回復をはじめ、血行を促進してからだを温めるといった効果が期待できます。

アリシンの特有の強い匂いには、消化促進の働きがあり、温熱作用や消炎作用にも優れているので、民間療法では風邪やしもやけの外用薬として欠かせない野菜とされてきました。

アリシンは熱に弱いので、長く煮込むと効力が激減して甘味の成分に変化しますし、アリシンは水に溶ける性質があるので、活用するなら生食がおススメになります。
また、アリシンには揮発性があり、時間の経過や細かく刻むことでどんどん減っていきますので、栄養と香りを残すためには、できるだけ使う直前に刻むほうがいいです。

ネギオール

ネギの白い部分には、ネギオールという成分が含まれています。
抗菌や解熱・発汗作用があるといわれ、昔から風邪のひき初めにネギを食べる習慣があるのはこのためだといわれています。

β-カロテン

β-カロテンが含まれていますが、β-カロテンは体内でビタミンAに変わり、強力な抗酸化作用により皮膚や粘膜を丈夫にし、免疫力をアップするので、風邪の予防に効果があるとされています。

β-カロテンは脂溶性であり、油を取り入れると吸収率を高めることができますので、料理の仕上げにオリーブオイルをかけると効果的です。

ビタミンC

ビタミンCが含まれていて、シミやソバカスの予防やコラーゲンの生成など、美肌に対する効果が期待できます。
抗酸化力が高く、ストレスや老化予防に対しても有効とされています。

ビタミンCは熱に弱いので、加熱する場合はサッと炒める程度にしておいたほうがいいです。

セレン

セレンには抗酸化作用があり、ビタミンEと助け合い、がんを予防する効果があるとされています。

その他

ネギの白い部分には、アリシン・ビタミンCが多く含まれていて、緑の部分には、β-カロテン・カルシウム・ビタミンK・カリウムなどが豊富に含まれています。
万能ねぎやあさつきに多く含まれているカリウムは、塩分を排出し、高血圧を予防する効果が期待できます。

ネギの主な効能

風邪予防・のどの痛みの緩和・血栓予防・心筋梗塞予防・がん予防・スタミナ強化・血行促進・高血圧の予防、改善・便秘の予防、改善

ネギの主な栄養成分

アリシン・ビタミンC・β-カロテン・カルシウム・ビタミンK・カリウム・ネギオール・葉酸

ネギの栄養を強化する食べ合わせ

ネギ+豚肉

ネギにはビタミンB1の働きを高めてくれる硫化アリルが含まれていて、ビタミンB1が豊富に含まれている豚肉といっしょに摂取すると、疲労回復効果がアップします。
豚肉もネギも薄切りにして、火が早く通るように調理すると、加熱による硫化アリルの損失を抑えることができます。

ネギ+唐辛子

ネギに含まれているアリシンと、唐辛子に含まれているカプサイシンには共に健胃・食欲増進効果があるので、いっしょに摂取するとその効果がアップします。

ネギ+ショウガ

ネギと同様、強い殺菌効果を持つショウガといっしょに食べることで、殺菌効果が倍増します。
ショウガには、ジンゲロールなどの栄養素も豊富なので、ネギとの相乗効果で免疫力はますますアップします。

ネギ+カツオ

ネギに含まれているビタミンCと、カツオのたんぱく質が合わさることで、免疫力のアップが期待できます。
また、ビタミンCはカツオの鉄の吸収率を高める働きもあります。

ネギのカロリー(kcal)と糖質

ネギのカロリーは34kcal・糖質は5.8gです。(※ 根深ネギ1本・可食部100gあたり)
小ネギ1本(5g)のカロリーは1kcal、葉ネギ1本(25g)のカロリーは8kcalになります。
カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材といえます。

他の野菜類のカロリーや糖質は以下のようになっていますが、他の野菜類と比べるとカロリーは同じくらいで、糖質はかなり高くなっています。

  • カブ・・・20kcal・1.0g
  • シュンギク・・・22kcal・0.7g
  • ミツバ・・・13kcal・0.6g
  • ニラ・・・21kcal・1.3g
  • シソ・・・37kcal・0.2g

     

ネギの食べ方

ネギの調理法ネギは、よく洗い根を落としてから調理しますが、薬味に使う場合はきざんでから水につけると辛味が適度になり、食欲増進にもなります。
ネギ特有の香りが苦手な人は、鍋物の具にしたり、焼きネギなどにすると匂いが抑えられ、食べやすくなります。

長ネギの白く太い部分は、高温で短時間加熱すると甘みがひきたつので、揚げ物や加熱調理に向いています。
すき焼きなどの肉料理や魚料理に入れると、肉や魚のくさみを消す効果があります。
長ネギをみじん切りにするときは、根元のほうから切り込みを何本か入れ、端から切ると上手にできます。

辛味の調節

ネギの辛みは、ネギ自体が辛いのではなく、実は細かく切ることによって組織から酵素が出てアミノ酸を辛味に変えているため、辛味が苦手な人は、丸のまま焼くと辛味に変える酵素が働かないので、甘みを味わうことができます。

ネギの薬効効果

ネギには解毒作用があるとされていて、風邪のひき始めに効果的であり、古くから薬用野菜として利用されてきました。
また、刻んだ長ネギをキッチンペーパーに包み、枕元に置くとリラックス効果があります。

ネギの保存法

ネギの保存法ネギを冷蔵保存する場合は、洗ってから、養分が失われないよう根を切り落とし、ポリ袋に入れ冷蔵庫で保存するといいです。

青ネギを冷凍保存する場合は、生のまま小口切りやみじん切りにした後、保存袋に入れ、しっかり空気を抜いてから冷凍するといいです。
みそ汁に入れたり、冷ややっこにのせたりなど、凍ったまま使えるので便利です。

長ネギを冷凍保存する場合は、ななめに1cmほどの厚切りにした後、保存袋に入れ、しっかり空気を抜いてから冷凍するといいです。
解凍してもあまり水分は出ませんし、冷凍効果でしんなりした食感になり美味しいです。
青ネギと同様、凍ったまま使うことができ、炒めものやスープなどに入れるといいです。

 

スポンサードリンク

あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。