カリフラワーの特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

カリフラワー

カリフラワーの特徴

カリフラワーは、地中海東部沿岸原産でキャベツの仲間であり、ブロッコリーが変化してできたものだといわれています。

古代ギリシャ・ローマ時代にはすでに栽培されていて、シーマと呼ばれていました

明治時代に日本に伝わりましたが、市場に出回るようになったのは戦後になってからになります。

 
カリフラワーは、花のように見える花蕾(からい)という部分を食べていて、風味にクセが少なく、ほのかな甘みが特徴。

近年は、ブロッコリーの人気におされて生産が減る傾向であり、市場においても縮小して販売されるようになってきました。

カリフラワーの種類

バイオレットクイーン
ヨーロッパではよく見られる紫色の花蕾(からい)をした品種で、ゆでても紫色が残ります。

紫色は、ポリフェノールの一種であるアントシアニンによるものであり、ゆでてサラダなどによく使われています。

ロマネスコ
イタリアのローマ地方生まれであり、見た目がよく風味や食感もとてもいいです。
オレンジブーケ
花蕾(からい)がオレンジ色の品種であり、ゆでても色は抜けずより鮮やかになります。
β-カロテンが多く含まれています。

関連記事

カリフラワーのカロリーに関する記事です。

カリフラワーの旬

旬のカレンダー
カリフラワーの旬
カリフラワーが最も美味しいのは冬であり、11月~2月ごろが旬になっています。

カリフラワーの産地

都道府県別収穫量(農林水産省 平成24年統計 参照)

徳島県
全国収穫の11.7%の構成比 2,560t
茨城県
全国収穫の11.2%の構成比 2,440t
愛知県
全国収穫の9.8%の構成比 2,140t

出荷のピークは12月~3月であり、温暖な徳島や茨城・愛知での生産が多いです。

6月~10月に出まわるものはほとんどが長野産のものになります。

カリフラワーの上手な選び方

  • まわりの葉がみずみずしいもの。
  • 持った時にずっしりと重たいもの。
  • 色が白く、黄ばみや黒いはんてんのないもの。
  • つぼみが変色していないもの。
  • つぼみが開いていなくぎっしりとつまっているもの。

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。