アンコウ(肝・鍋)のカロリーと糖質・栄養

アンコウの姿

アンコウのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】
200キロカロリー(kcal・※可食部100gあたり)

【糖質】
0.1g

カロリーは低いので、ダイエットに向いている食材といえます。

アンコウの肝のカロリーと糖質

【カロリー】
450キロカロリー(kcal・100g)

【糖質】
2.0g

アンコウ鍋のカロリー

【カロリー】
121キロカロリー(kcal・あんこう80g)

関連記事

アンコウの特徴などはコチラ。

他の魚介類のカロリー

アマダイ

サケ

ブリ

マグロ

113キロカロリー(kcal)

133キロカロリー(kcal)

257キロカロリー(kcal)

108キロカロリー(kcal)

タイ

サバ

タラ

カワハギ

142キロカロリー(kcal)

202キロカロリー(kcal)

77キロカロリー(kcal)

83キロカロリー(kcal)

アユ

キス

カンパチ

イサキ

100キロカロリー(kcal)

85キロカロリー(kcal)

129キロカロリー(kcal)

127キロカロリー(kcal)

タチウオ

カマス

ハモ

カジキ

266キロカロリー(kcal)

148キロカロリー(kcal)

144キロカロリー(kcal)

99キロカロリー(kcal)

にしん

カレイ

ヒラメ

ししゃも

216キロカロリー(kcal)

95キロカロリー(kcal)

103キロカロリー(kcal)

177キロカロリー(kcal)

ふぐ

穴子

うなぎ

コチ

84キロカロリー(kcal)

161キロカロリー(kcal)

255キロカロリー(kcal)

127キロカロリー(kcal)

アジ

いわし

カツオ

さんま

126キロカロリー(kcal)

217キロカロリー(kcal)

114キロカロリー(kcal)

297キロカロリー(kcal)

タコ

イカ

エビ

トビウオ

76キロカロリー(kcal)

83キロカロリー(kcal)

82キロカロリー(kcal)

79キロカロリー(kcal)

うに

サザエ

あさり

毛ガニ

120キロカロリー(kcal)

89キロカロリー(kcal)

30キロカロリー(kcal)

72キロカロリー(kcal)

牡蠣

しじみ

ホタテ

はまぐり

60キロカロリー(kcal)

64キロカロリー(kcal)

88キロカロリー(kcal)

36キロカロリー(kcal)

比較すると、カロリーはかなり高くなっています。

アンコウの栄養と効果

キアンコウ
アンコウは、脂肪が少なく低カロリー。

ビタミンAやビタミンB1・ビタミンB2・ナトリウム・鉄・リン・カルシウムなどが豊富に含まれている魚になります。

 
ビタミンAの成分であるレチノールが含まれていて、皮膚や粘膜を守り、ウイルスに対する抵抗力を高める効果が期待できます。

カルシウムの吸収・沈着をたすけ、骨を丈夫にするビタミンDが含まれています。

 
皮にはコラーゲンが含まれていて、美肌効果が期待できるので、女性にはおすすめの食材になります。

コラーゲンは、ビタミンB12といっしょに摂取することで吸収率が高まります。

 
海のフォアグラといわれる肝臓は、脂肪の酸化を防ぐビタミンEが含まれています。

また、不飽和脂肪酸のDHAを含んでいて、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれるので、生活習慣病の予防に対して有効とされています。

アンコウの主な栄養成分

ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンD・ビタミンE・ナトリウム・鉄・リン・カルシウム・コラーゲン・DHA

スポンサードリンク







あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。