春菊(シュンギク)のカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

シュンギクの栄養
冬の代表的な緑黄色野菜である春菊。

独特の香りがあり、アクが少なく下ゆでが不要なので、調理の手間が省けます。

鍋物によく使われていますが、加熱に弱いビタミンB2やビタミンCなどの栄養素が含まれているので、強火でサッと仕上げるようにしたほうがいいでしょう。

鍋に入れる時は茎を先に入れ、茎がやわらかくなったところで葉を入れれば、火の通り具合が均一になります。

 
今回は、そんな春菊のカロリー一覧と糖質について紹介したいと思います。

春菊のカロリーと糖質・栄養成分

食べ物のカロリー
【カロリー】22kcal・可食部100g当たり

【糖質】0.7g

【栄養成分表示】
たんぱく質:2.3g 脂質:0.3g 炭水化物:3.9g 食物繊維:3.2g

春菊(1束)のカロリー

【カロリー】41kcal・200g

春菊(1茎)のカロリー

【カロリー】3kcal・15g

春菊(ゆで)のカロリー

【カロリー】25kcal・100g当たり

春菊とベーコンのサラダのカロリーと糖質

【カロリー】91kcal・60g

【糖質】1.0g

春菊のごま和えのカロリーと糖質

【カロリー】48kcal・60g

【糖質】2.5g

春菊の白和えのカロリーと糖質

【カロリー】122kcal・145g

【糖質】7.1g

春菊の天ぷらのカロリー

【カロリー】118kcal・1人前

春菊の天そばのカロリー

【カロリー】290kcal・1人前

春菊のおひたしのカロリー

【カロリー】17kcal・1人前

春菊のツナ和えのカロリー

【カロリー】50kcal・1人前

豚肉と春菊のオイスター炒めのカロリー

【カロリー】245kcal・1人前

春菊のかき揚げ(てんや)のカロリー

【カロリー】263kcal・1食

春菊のみそ汁のカロリー

【カロリー】67kcal・1杯

春菊のチヂミのカロリー

【カロリー】290kcal・1人前

牛肉と春菊のコチュジャン炒めのカロリー

【カロリー】253kcal・1人前

春菊のナムルのカロリー

【カロリー】119kcal・1人前

春菊と他の野菜のカロリー比較

比較
他の野菜のカロリーは、以下のようになっています。

小松菜

白菜

水菜

三つ葉

14kcal

14kcal

23kcal

76kcal

ピーマン

レタス

パプリカ

セロリ

22kcal

12kcal

30kcal

15kcal

ネギ

クレソン

空芯菜

モロヘイヤ

34kcal

10kcal

17kcal

38kcal

もやし

ししとう

トマト

ニラ

14kcal

27kcal

19kcal

21kcal

春菊は22kcalなので、比較すると、カロリーは平均くらいになっています。

春菊の栄養と効果

シュンギク
春菊は、β-カロテンやビタミン類・カリウム・食物繊維などが含まれている栄養豊富な野菜。

これらの栄養素によって、さまざまな健康効果を得ることができます。

春菊に含まれている栄養素の種類と効果は以下のようになります。

β-カロテン

春菊は、食べる風邪薬と呼ばれているほど、β-カロテンが豊富。

皮膚や粘膜を保護して免疫力を高め、抵抗力をつけて風邪などの感染症を予防するとされています。

春菊が美味しい冬場に鍋物でたっぷり食べるのは、風邪やインフルエンザの予防に大変効果的だといえます。

 
また、β-カロテンは、油に溶けると吸収率がアップ。

ごま和えやピーナッツ和えにしたり、ごま油でナムル風にするのがおすすめです。

ビタミンB1・ビタミンC・ビタミンE

ビタミンB1には、糖質からエネルギーを作り出す働きがあります。

神経を正常を保つ作用や疲労回復に対しての効果が期待できます。

 
ビタミンCは、活性酸素を除去してメラニン色素を減らす美肌効果のほか、ストレスに対するホルモンの合成・がん予防などに効果があるとされています。

ビタミンEは、動脈硬化やがんの予防効果が期待できます。

カリウム・食物繊維

カリウムが豊富に含まれていて、血圧をコントロールする作用があります。

体内の余分なナトリウムを排出するので、高血圧の予防に対して有効とされています。

 
食物繊維が豊富に含まれていて、便通を整え、吹き出物や肌荒れを防ぐ効果が期待できます。

クロロフィル色素・ベンズアルデヒド・アルファピネン

濃い緑色の色素に含まれるクロロフィル色素は、有害物質を排出し、血中コレステロールを下げる・貧血の予防、改善・炎症をしずめるといった働きがあるとされています。

独特の香りは、ベンズアルデヒドやアルファピネンによるものであり、食欲増進や胃もたれの解消・消化促進などの効果が期待できます。

その他

豊富に含まれているは、貧血を予防・改善する効果が期待できます。

カルシウムやビタミンKは、骨の健康維持に役立ちます。

免疫細胞が抗体を作る時に欠かせない葉酸が含まれています。

春菊の主な効果

血行促進・骨粗しょう症予防・肌荒れ防止・神経失調予防・がん予防・老化抑制・貧血の予防、改善

春菊の主な栄養成分

β-カロテン・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンE・カリウム・カルシウム・鉄・食物繊維・葉酸・クロロフィル色素・ベンズアルデヒド・アルファピネン

 
【春菊の特徴などはコチラ】
▶▶▶春菊(シュンギク)の特徴とは?旬や産地なども紹介

スポンサードリンク




あなたにおすすめの記事

コメントは受け付けていません。