大根(だいこん)のカロリー一覧と糖質!栄養や効果なども紹介

ダイコン

だいこんのカロリーと糖質

食べ物のカロリー
【カロリー】25kcal・可食部100g当たり

【糖質】2.7g

だいこん(1本)のカロリー

【カロリー】180kcal・1200g

だいこんの葉のカロリーと糖質

【カロリー】18kcal・80g

だいこんの根のカロリーと糖質

【カロリー】19kcal・120g

だいこんのカロリー一覧

名称 内容量 カロリー
切干しだいこん 10g 30kcal
かいわれだいこん 10g 2kcal
大根のぬか漬け 10g 3kcal
大根おろし 20g 4kcal
大根の浅漬け 30g 9kcal
千切りだいこん 50g 9kcal
大根のおでん 1個 13kcal
べったら漬け 1本 114kcal
大根の明太子和え 1人前 78kcal
大根サラダ 1人前 15kcal
切干しだいこんの煮物 1人前 113kcal
大根とイカの煮物 1人前 80kcal
大根の煮物 1人前 75kcal
大根と油揚げの煮物 1人前 133kcal
切干しだいこんサラダ 1人前 77kcal
大根とツナサラダ 1人前 69kcal
大根とねぎの味噌汁 1人前 32kcal
大根と油揚げの味噌汁 1人前 52kcal
大根と豆腐の味噌汁 1人前 83kcal
ぶり大根 1人前 210kcal
豚バラだいこん 1人前 532kcal
ふろふき大根 1人前 64kcal
ゆず大根 1人前 8kcal
大根キムチ 1人前 57kcal
いか大根 1人前 140kcal
紅白(だいこん)なます 1人前 30kcal
だいこんの甘酢漬け 1人前 48kcal
豚バラ肉と大根の煮物 1人前 250kcal
豚大根炒め 1人前 396kcal
豚肉と大根の鍋 1人前 264kcal
大根たっぷりコンソメスープ 1人前 68kcal
大根のそぼろあんかけ 1人前 160kcal

だいこんと他の野菜のカロリー比較(可食部100g当たり)

比較
他の野菜のカロリーは、以下のようになっています。

かぶ

アスパラガス

オクラ

らっきょう

20kcal

22kcal

30kcal

118kcal

かぼちゃ

キャベツ

とうもろこし

生姜

91kcal

23kcal

92kcal

30kcal

玉ねぎ

なす

にんにく

人参

37kcal

22kcal

134kcal

39kcal

ブロッコリー

カリフラワー

レンコン

ごぼう

33kcal

27kcal

66kcal

65kcal

たけのこ

ゴーヤ

ズッキーニ

とうがん

30kcal

17kcal

14kcal

16kcal

だいこんは25kcalなので、比較すると、カロリーは平均よりも低くなっています。

だいこんの栄養と効果

ダイコンの栄養
だいこんに含まれている栄養素には、主に以下のようなものがあります。

消化酵素

だいこんは、別名自然の消火剤といわれるほど、消化作用に優れている野菜。

 
根の部分には、ビタミンCや、消化酵素のジアスターゼ・プロテアーゼ・リパーゼ・オキシダーゼ・アミラーゼなどが含まれています。

ジアスターゼやアミラーゼは熱に弱いので、大根おろしやサラダなど、生で食べたほうが効果的。

ジアスターゼには、焦げに含まれている、発がん作用のあるフリーラジカルを解毒する効果があることから、焼き魚との相性は抜群です。

アミラーゼは、消化を促し、胸やけや胃もたれを防ぐ働きがあるので、市販の胃腸薬に使われています。

ビタミンC

ビタミンCには、免疫力をアップする作用や美肌効果があるとされています。

ビタミンCは皮の近くに集中しているので、大根おろしにする時は、皮つきのほうがいいでしょう。

ただし、時間とともにビタミンCは減ってしまうので(30分の放置で20%損失し、ジアスターゼも消えてしまいます)、おろすのは食べる直前のほうがいいです。

イソチオシアネート

だいこんの辛味は、イソチオシアネートという成分。

根の部分に多く、葉に近い部分の約10倍も含まれています。

がん予防の効果があるとされています。

その他

だいこんの葉には、β-カロテンやカリウム・カルシウム・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンK・葉酸・鉄など、たくさんの栄養素が含まれています。

葉は捨てる人も多いと思いますが、できれば食べたほうがいいでしょう。

だいこんの皮には、毛細血管を強くするビタミンPが含まれていて、脳卒中の予防に対しての効果が期待できます。

 
この他、だいこんの葉を干した入浴剤が冷え性に有効。

ハチミツ漬けのだいこんは、せき止めに効くという民間療法があります。

切り干し大根は、生のだいこんよりビタミンB1やビタミンD・カルシウム・鉄・食物繊維などが豊富で、栄養価がかなり高くなっています。

だいこんの主な効果

消化促進・二日酔い防止・がん予防・胃潰瘍予防・胸やけ予防・冷え性改善・便秘予防・糖尿病の改善・食欲増進・疲労回復

だいこんの主な栄養成分

イソチオシアネート・β-カロテン・カリウム・カルシウム・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンK・ビタミンP・葉酸・鉄・ジアスターゼ・プロテアーゼ・リパーゼ・オキシダーゼ・アミラーゼ

 
【だいこんの特徴などはコチラ】
▶▶▶大根(だいこん)の特徴とは?種類や旬・産地なども紹介

スポンサードリンク




コメントは受け付けていません。